ホーム>ブログ>ブログ

ブログ

初音鮨本店 創業140周年祝賀会

平成24年9月15日帝国ホテル光の間において、『初音鮨本店 創業140周年祝賀会』が行われました。五代目森茂雄氏のあいさつに始まり、各界の祝辞をいただき、和太鼓とクラシックの競演を目と耳で愉しみながら、フルコースのフランス料理を全身で味わい、社長水谷和則氏のあいさつで終了しました。ちなみに、シャンパンで始まり白ワイン、赤ワインと進んだ今回のセレクトは我らが石原商会の社長・石原氏です^^


hatsune01.jpghatsune02.jpghatsune03.jpghatsune04.jpg

フルコースメニュー

menu02.jpg
オマール海老と季節の貝類の祝い飾り
シェリー風味のヴィネグレットソース

menu03.jpg
コンソメスープ はなびら茸と紅白ロワイヤル入り

menu04.jpg
栗の実で包んだ真鯛のオーブン焼き
シャンパーニュ風味ソース

menu05.jpg
シャンパンシャーベット

menu06.jpg
国産牛フィレ肉のグリエ シャトーブリアンソース
季節の茸と温野菜を添えて

menu07.jpg
ヴァニラ香るブランマンジェ 赤い果実のジュレに
苺のシャーベットとフルーツを添えて

menu08.jpg
コーヒーと小菓子

秋の味覚は・・・?

9月に入り、昼の暑さに、恨めしく、空をあをぐと・・・元気な、夏雲=積乱雲のお出ましだ〜東に、南に…モクモクと〜夕方には、雷さんを連れて、一雨連れてくるなんぞは、本当に、憎らしい〜
15夜はいつ・・・中秋の月は?13夜は・・・?暦の上では、既に、秋・・・夜中に、空を見上げれば、丑三つ時・・・寝苦しさのあまりに、冷や水を飲み、ついでに、網戸を開いて、空見れば・・・既に、三つ星の、オリオン座のおでましですよ・・・
季節は、巡り、初秋の空・・・15夜はいつ、13夜はいつ・・・9日が重陽の菊の日、日本酒に、菊の花浮かべて、飲むんですよ〜・・・季節をめでて、酒を飲む・・・ハイボール荷は、レモンだよ〜!ワインには?赤、白、ロゼと有るからナ〜ビールには、生姜の摩り下ろしかな?

秋の、彼岸の入りは19日、22日が、彼岸の中日、秋分の日・・・15夜は、30日、13夜は・・・10月、27日・・・・この間が、なんともいえない、夜の散歩は・・・隅田川、荒川、江戸川・・・堤防決壊で、東京中が、水浸しだしそうですが、そうならないように、すぐに護岸工事に予算つけてください・・・地下鉄の線路に洪水の、水を引き込んだら、年の交通網は、全滅か〜?

暑さ寒さも、彼岸まで・・・15夜お月さん見れば、夕闇=節電で・・川風、夜風に、涼んで、お月見すれば、月見草〜セイタカアワダチソウ=外来の下品な草・・・夏休みに河原で見たのは、月見草・・・トネの川風、袂に揺れる〜・・・?最近は、半そでの、Tシャツだよ〜・・・風情ないな〜・・・。
支離滅裂な、オヤジの戯言ですが、それにしても、サトイモと、イカの煮つけを肴に、生酒1本に、焼酎のお湯割には、飛び魚の干物・・栃尾の油揚げ・・・いささか、酔いましたか〜・・・行きつけの、交差点の、店で信号待ち・・・・加茂茄子の煮浸しを頂いて、鰹だしは、ヤハリ、血合いのない鰹ぶしに限りますね〜京都の、ダシは、ココが、憎いんだな〜・・・血合いの有り無しの差が・・・白味噌と、酒、みりんを効かせて、卵黄を加えるという、この憎いほどに、手間のきかせた、たれの、具合・・・酒飲みには、こたえられない・・・味の妙味。
大振りな栗を、茹でただけなのに、2,3と皿に差し出されて、『秋ですね〜・・・』なんて言われて、顔みれば、明眸皓歯の、若女将・・・声も涼しげに、鈴虫の如く・・・これ、軽井沢の冥加です・・・姉が送って来ました・・・軽井沢の響きがいいな〜・・・冥加なんぞは、どでもいいのだ〜!
軽井沢の姉だよ〜・・・そうだ、、確か、いたんだ・・姉妹だったんだよ、ココの、若女将は〜!?ススキの、高原・・・山間からの、月は・・・いいな〜心が、静まるな〜

満員電車の、酒臭い空間・・・これで、はや、40年?いやはや、かれこれ、50年だよ〜・・・・!!
これでは、人間、失格か〜裁判官も、警察官も、スカートの中を覗く時代だ・・・誰が捕まえる・・・女子中学生だそうだから、変な、時代だな〜
誰が、裁く?素人が、裁く・・・

そういえば、大阪の、弁護士さんが、国政参加だそうですが、党主になりまして・・・?
「男のけじめ」ちゃんとつけてからにして欲しいですね・・・そういう事は・・・だから、慎太郎さん、純一郎さんが、迷惑してる?
お若いの〜、男のけじめつけてからにしなさいよ・・・誰も、言わないのかね〜?

小沢一郎さんは、ちゃんと、けじめつけたよ〜!!
15夜の、次ぎには、13夜。栗やら、お豆をお供えして、収穫をお祝いいたしまして月眺め〜

今まで、『通信販売免許』でしたが、免許条件が、緩和されまして、『普通免許』を頂きました。・・・自動車の免許ではなくて、「お酒の販売の免許」です。そうなんですよ、お酒の販売には、免許が必要なんですよ〜!!皆さんは、ご存知でしたか〜?未成年に販売できません!!
お酒は、飲みますと、虎になったり、千鳥になりましたり、猛獣になりますのでね・・・ジョウジョウ蠅の研究ってご存知ですか?未成年に飲ませると、逮捕されるんですよ・・・飲ませた人が、販売した人が、罪になりますので。

神田税務署の署長さんに、足でカセイで下さい・・・?
腰痛いのに、頭の痛い事、言われました・・・、「足で稼いでくださいな〜」・・・ホームページだけでなく、これからは、健康の為にも足で稼がないと〜面白い事を言いますよね、署長さん〜これでは、西周斎 東辺僕も、お座部一枚取られましたね〜・・・ガンバロウ〜健康の為にも、営業は、足で稼ぎませんと〜!!
野獣は、野に放たれた〜心意気だけは、有るのです・・・無いものねだりしても、仕方ない・・・心の錦〜!!
飲んだ後に、栗の飯蒸しは如何でしょうかネ・・・富士山の、忍野の郷の水 @¥120x1.05
6本入り 1ケース 送料=300円・・・@¥88円の水も出回ってますが、味の良さには、負けませんよ・・・何せ、蓬莱山の水ですから・・・産地は、何処と聞かれても、答えられますので〜
冷やして良し、お茶にして良し、富士山の水・・・発売中ですよ!!

シャンソンと詩人

シャンソンの歌詞に関心を持つようになって気付いたのだが、フランスの歌には詩人が多く登場することだ。

シャルル・トレネは「優しきフランス」や「ラ・メール」で有名。彼が作詞、作曲した「詩人の魂」はトレネのほかにグレコら多くの歌手が歌っている。この「詩人の魂」は詩人が死んだ後でも歌は街に流れている、というものだ。

「Quand il est mort le poéte」はジルベ-ル・ベコーがジャン・コクトーの死を悼んで歌ったといわれ、「詩人が死んだ時(Quand il est mort le poéte)、友達みんなが泣いた」で始まる。

ジャン・フェラの歌は特に詩的だ。例えば「C’est beau la vie」。出だしから「金色の髪に風、地平線に太陽、歌の文句、人生って何て素晴らしいんだ」といった言葉が並ぶ。また行の終わりは「ブロン」「ロリゾン」「シャンソン」「la vie」といった具合に、節ごとにそれぞれが韻を踏んでいる。タイトルに尊敬する詩人の名が登場する「アラゴンを歌う」は、アラゴンの詩に曲を付けたものである。

「プレヴェールに捧ぐ」はセルジュ・ゲンズブールの作詞、作曲。プレヴェールは「Les feuilles mortes(枯葉)」の詩人で、歌は彼へのオマージュだ。

ゲンズブールの「Je suis venu te dire que je m’en vais(手切れ)」。元妻のジェーン・バーキンも歌っているが、ベルレーヌの詩「Chanson d’automne」を使用。日本では上田敏の名訳として知られる、あの「秋の日のヴィオロンのためいきの…」という詩をベースにしている。ほかにゲンズブールには「ボードレール」という題の歌もある。

誰にも馴染みの、いわゆる歌謡曲であるシャンソンに、どうしてこんなに詩や詩人が登場するのか。詩の好きな歌手が多いからというなら、ほかの国の歌にももっと出てきていい。フランスには、聞く側も含め、みんなに詩や詩人を愛し、尊敬し、大事にする伝統があるからなのだろう。

Belo taxi

有楽町の駅前で見つけた『ベロタク』暑い中、ありがとうございました。

belo_taxi.jpg

訂正です

また、間違えました〜訂正してください。
http://www.hokkaido-kome.gr.jp でした・・・最近のことですが、65歳も過ぎますと、目が、小さい文字が、k とh が、間違えました・・・老眼鏡をかければよいのにね〜!!

いつまで続くこの暑さ・・・ベトナムの暑さか?

処暑と言うのに、この暑さ・・・行く夏を、惜しむように、泣き騒ぐ、蝉の声。雲も、積乱雲が、湧き上がる・・まるで、インドネシアのバリ島のように・・・サンンセットのように〜!??気温は、ベトナム・・・ 日本の、気候は、農作物には、どんな影響?苦瓜の生育に良いようでして、きょうも野菜の炒め物は、付け合せに・・・ピーマンと、ニガ瓜の炒め物だよ〜白桃もついてね・・・幸水は、習志野の大地の、梨だけど、の時期に、白桃とは、ありがたい〜!!満足、満足・・・何処の、白桃?「北海道の寒さがなかったら、このおいしさは、生まれなかったかもしれない。」そうですが、北海道米についてさらに詳しく・・・・http://www.hokkaido-home.gr.jp 『北海道米』検索してくださいというので、手元にあります、小冊子を見ております。

お取引先の、お鮨屋さんから、頂きました・・・5月頃にいただいたのですが、紹介いたしますね〜!

テレビの宣伝番組で、デザイナーが、「ゆめぴりか」・・・宣伝製作現場の番組を見ておりましたので、おいしさと、安定供給で、日本の食卓を支える北海道米です・・・と書いてあります。JAの、宣伝ですが、お鮨屋さんの常連さんなんでしょう・・・『これ、出来たから、読んでみて〜』口数少なく、若女将に手渡したんでしょうね〜・・・作付け面積、収穫量もこの12年間連続上位です。

新潟、秋田、福島が、米どころですが,平成18年から、北海道、伸ばしてきたおります〜!!

お米の消費量が、減少してるそうですが、この小冊子は、興味あります・・・気温1度とかの、上昇変更が、こうも食糧事情に影響有るとは〜開拓時代の、ご苦労が、今、報われてるのでしょうか!?

馬鈴薯=ジャガイモのイメージの北海道の大地が、冷涼な気候を見方にして、人と土に優しい『安心』と言う品質・・・辛抱強く大地の開墾をしてきた北海道の人々の成果でしょうか・・・ゆめピリか、ななつぼし・・・聞いたことありません?お米の『特A』を獲得したそうですよコシヒカリは、知ってますよね〜!!柳腰、弱腰、へピリ腰・・・コシヒカリ!!

日本酒では、旭川の、『男山』という、お酒が、あります!もともとは、兵庫ですが、ご維新の時に、殖産振興で、新天地、北海道に、移り、日本酒を作る・・・男山。
剣菱は、討ち入り前に、蕎麦屋の2階で飲んだ酒・・・討ち入り後に、居酒屋の店先で、出された酒が、男山・・・・あまり、皆さんには、記憶に無いようですが、酒飲みのが、知ってて良いお話しですよ〜!!

西洋のワインよりも、お話多い、日本酒の世界・・・古事記1300年だそうですが、日本昔話にもなりますね〜昔、昔の事、酒造りの新天地を求めて、裸一貫で、北海道に向いまいた・・・そんな語りで始まるよ〜!!八岐大蛇は?どんな酒を飲んだのでしょうかネ〜肴は?卑弥呼は〜?藻塩?

雄大な北海道の事、肴は魚介類、広い牧場で、育つ、羊や、牛・・・蝦夷鹿も取れすぎるほどいるそうですので〜でっかいな〜北海道・・・・S社のビールもサッポロで飲むと、味が一段と美味い〜何故でしょうね〜ジンギスカン牧場で、飲むと、これが、また一段、二段と・・三段くらいかな〜ホッツプ、ステップ、ジャンプ・・・ホッツプが大事!!都心のデパートで物産市なんかの催事では、烏賊メシ、うに丼、いくら丼・・・・売り上げ最高だそうですが!降雪時期には、2階から出入りするそうですよ〜!?

中国人の知り合いの話では、日本のお米が美味しいとか〜南の方では、2毛作だそうですが、美味しくない・・・日本のお米は、美味しいとの事・・・安心、安全、美味しいとなれば、13億の中国市場・・・もっといるかもね〜?20億人位いは、いるのでは?

TPP恐れず、JA頑張れ!日本にいる中国人が、言うのだから,自信持って!!

誇りだけは高い中国人だから,胃袋で,競争したら如何?水利やら、田植え方法やら、細かいことは無理なんだから、製品で、勝負!

清の時代ではなく、その昔、秦の時代から、天高く馬肥える時期になると、所かまわず、侵略してくる北の、騎馬民族・・・万里の長城は、どうして造られた?まずは、その辺からの、理解をいたしませんと・・・・古文書だけでは、無理が有る・・・指南車は孫氏の兵法にも出てくるが、東西南北の地理感覚は、星座を読む、時を計る、その知識では、中国には、かなわない〜北斗七星。

中国の歴代皇帝は、内部から、崩壊してるのだから、戦略的には、内部の崩壊かな?
毛沢東の『実戦論、矛盾論』〜アマゾンには、有るかな〜?酒楽亭、2階の書庫には見つからないし〜赤い表紙の毛沢東語録・・香港のデモの映像・・・右手には、携帯・・・you tube で検索。時を忘れて、動画観賞・・・・

その昔、40年前は、赤い表紙の語録だったが、またまた、ぶり返す紅衛兵か?親子、2代3代いや、5代、6代まで遡って!?アヘン戦争の香港条約まで・・・5・4運動からすれば、日本商品のボイコット・・・それで日本車のパトカーを壊してるのか?遠交近攻と言うのだから、日本の外務省も、心して、構えませんとね〜!ボロ船で、20も、30も50隻も凝られたんでは、対処の仕様が無いでしょう・・・・元寇のように、押し寄せてくるとしたら、季節はずれの、台風に頼るしかないか〜いたち鮫に頼る〜チョイと、不謹慎発言かな〜?不穏当な動きの、異常事態かな?

すっかり、この暑さで、頭の中が沸騰してしまいまして、オリンピッツクの感動、親子鷹物語に始まり、原発問題、シリア問題やら、WBC,高校野球・・・銀座パレード、50万人・・・首相官邸で、『話せば分かる〜』分かったことは、「こりゃ,無理だ〜・・・」討論型世論調査をして、結果でても、それを参考に、取り入れないのだから・・・文明開化の頭を叩いてみても、西瓜頭に変わりは無い〜!!ピ-マン頭には、変わりは無い〜!

火星の水・・・誰が、最初に、飲みますか〜?天体ショー・・・この年になりまして、恐竜よりも興奮いたします火星の水・・・富士山の水 2L=@¥126円(税込み)、霧島の水 2L=@¥200円(税込み)、ハワイの水 2L=@¥840円(税込み)、キリンの水2L=@¥88円(税込み)

色々調べましたが、美味しい、富士山の水・・・採用いたしましたので、宜しく!!

火星の水は、暫らく、お待ちください〜・・・北極、南極の水・・・希少価値になりましたが・・・
海洋深層水もいいみたいですね・・・富山沖の深層水は?高知沖の深層水は?伊豆沖の赤沢の深層水は?・・・ビール会社が、買い占めたか?そうだ、イオンさん、自社で、ビール造れば?

イオンビール・・・値段は、自社で、決められる〜製造、流通、販売・・・自社でやれるんだから!飲むか、売れるかは?安心、安全、美味しければ・・・・安くて美味しいイオンビールは、イオンだけで販売・・・それならいいのでは?

でも、それは、20年も前に、ダイエイーさんがやりましたがネ、失敗してますが〜諸行無常・・・非理法権天・・・こんな、言葉を知ってますか?

あまり、反省が見られないので、いろいろと非難が、あがり始めてますが、小売りの酒屋さんを、いじめない事。イジメは、良くないでしょう〜!!小規模事業者にも、5分の魂がありまうすのでネ

商人が、商道に外れるようなこといたしますとネ〜効率とか、そんなことに気を使うより、何のために、商売をしてるのかでは?イオンの従業員さん達は、公取委の指導をどう感じてるんでしょうかね
〜内部から、崩壊することが、怖いですね〜株主さんにはネ〜株主さんの中にもいるのでは?好ましいことではないと考えている方達は〜

安売り競争が、一時的な利益を生むと考えていたら、三井、三菱の、安売り競争もありましたがネ〜K社の水のように、2L=@¥88円もいいでしょうが、何処の水だか明記して無いとは、産地表記のない水ですが、飲んで、美味しいのでしょうか?安心、安全の他に、美味しい評価がなければ、幾ら安くてもネ〜どうも、イオンの態度は、挑戦的?

話しても、分からないのは、どうしたものでしょうか〜値引き競争の、行き着くところは、価格破壊であり、価格に、信頼がなくなれば、商人の『目』は、クルクルまわる、猫の目!!
人の懐を観て、値段を決める・・・消費税、5%⇒10%⇒20%⇒と上限なくて、恐ろしい世の中になりはしませんか?

イオンがやれば、よそもやる・・・みんなやる・・・みんなやれば、どうなるの?巨龍絶滅態・・・外圧もくるよ^円高差益還元・・・€、弗、元・・・韓国の車が、日本車と競争・・・値段で・・・市場の食い合い・・・まるで、大競争の時代?効率よい競争が何故悪い?

伊勢丹の会社には、共存共栄と言う言葉が有るそうですが、シャープの株の動き、どうなるの・・・なんでかな〜原因は、何?

駅の傍でも、歩いて5分・・・小売店が、その5分の道すがらに、競争できる余地が有る・・・最近は、駅中現象・・・駅中商店街、3000万円を保証金に出すのが良いか、出さずに、駅ハズレで、人の来ない路地裏で、商売するのが良いか・・・腕に、覚えアリで、商魂で、商売するか?

3000とは言わずに、2000でも、1000でもあればね〜宝くじ当たればね〜!!

Sは付くの、付かないの

英語全盛時代ではあるけれど、英語の約半分はフランス語に由来するといわれる。だから、フランス語の意味は文字面からある程度想像つくものの、発音、綴りはややこしい。

外国の医学書を扱っている出版社の友人から「あの人、フランス語を専攻したはずなのに、病院のこと、hôspitalって書くんですよ。どう思います」と言われたことがある。友人はこう説明した。

「フランス語で、病院はhospitalじゃなくhôpitalでしょ。頭の hとか、oの上のやつのことじゃなく、病院にsは付かないじゃないですか」
なるほど、フランス語の病院にsは付いてない。病院関連の仕事をしてるなら、知ってて当然かもしれないと思い、つい「そうだね」と答えてしまった。

が、後で考えたら、hospitalの語源とされるラテン語hospesにも、現代の病院のもとになったとみられる「hospice(施療院)」や「hospitalité(もてなし)」、さらに入院の「hospitalisation」にも「s」が付いている。むしろ、病院のhôpitalのほうこそ異例で、sがいつの間にか落ちてしまった、とみるほうがいいようだ。

フランス語より先に英語を勉強した者にとって、フランス語の発音、綴りは難しい。例えば青の意味のブルー、英語では「blue」だが、フランス語で男性形は「bleu」、女性形は「bleue」になる。フランス語の綴りは発音に忠実なのだ。「blue」なら「ブリュ」と読まなければいけないし、「ブルー」なら「bleu」と綴るしかない。

厄介と言えば、ダイヤモンドは英語で「diamond」。最後に付くのは「d」だが、フランス語は「diamont」と「t」で終わる。読みも英語は「ダイアモンド」とそのままだが、フランス語は「ディアモン」。平仮名や片仮名で書かれたらすぐには何のことか分からない。それに対し、劇場「Theatre」の場合、綴りは英、仏同じだが、フランス語だと言われればすぐに「テアトル」と読める。やっぱり、馴染んでいるかどうかの問題なのだろうか。

は・や・と夏ライブに誘われて・・・

久しぶりに、ライブに誘われたんですが、残念・・・体調不調につき、行けませんでした〜急でシタンで、予定立てられず・・・そんなに忙しいの?そうでなくて、先日、あまりの腰の痛さに、耐え切れず、リハビリで、人気の有る、近くの医院に行きましたところ・・・親切に、色々リハビリしてくれまして。それが、次の日から、とんでもなく、痛くなり、歩けないのです・・・足が、ボーとして、痺れたといいますか〜?起き上がれないのですよ〜!!は・や・と夏ライブ・・・8月4日5日・・・
今話題の、和太鼓兄弟・・・1時間も、イスに座ってると横になりたくなります・・・どうも、腰の辺りが、痛くなりますので〜辛いです。痛み止めの薬も貰いましたが、あまり効き目無いようですし、困っておりますので〜町屋までですから、そう遠くないのですが、階段の上り下りが、きつい〜!夏の、太鼓の音は、いいものでしょうが・・きついので、お断りいたしました・・・・また次ぎに、お誘いください〜・・・残念ですが、本当に、残念ですが・・・この、腰の痛さは、辛いです。箸の重さを、感じますが、寝ても、覚めても、痛いのですから、本当に、イヤになります。風呂で温めると、調子良いのですが・・・毎日サンデーなんだから、何処か、温泉湯治にでも、行きたいです!心当り有るんですが・・・・10日ほど、出かけてみますか〜長く、休みますと、ボケてしまいそうですのでネ。デブだからと、言われますが、このデブは、30年ほど前から徐々に・・・は・や・と君みたいな時もあったんですよ・・・この、東辺僕だって〜。太鼓は叩くは、笛吹くは〜今じゃ、こんなに、なっちゃってますがね〜http://ha-ya-to.com/ をご覧下さい・・・・

東北まぐ 8・11を見てください〜検索してね!

毎月の事ですが、『東北まぐ』と言います、ニュースが送られてきます・・・復興現場からの、ニュースです・・・横浜と、京都の若い人達が、製作してるようですね〜・・・見てて、この、東辺僕も勇気が出てきます〜!!
大きい声ではないですが、静かに、心を動かす記事が送られてきています。是非、皆さんのホームページにも、お気に入りで、登録ください・・・・毎月、11日が、発効日だそうでして、交信してみてくださいナ!

地味だけれど、現地の様子が、良くわかりますよ・・・オススメです。『東北まぐ』を、皆さんに、見ていただければ、幸いです。

立秋も過ぎまして、これからは、秋の気配ですね〜・・・下弦の月に誘われて、一人、店から出て、誘われるままに、入ってみたい『店』・・・黒豚で売り出してる店ですので、どんな具合かと・・・そうですね、お店は、モウ古いんですが、一度も入ったことの無い・・・今夜は、他人の店で、一杯飲んでみたい心境・・・チョイトだけのつもりで、軽く暖簾をくぐりました。

勧められるままに、鮎の塩焼きと、枝豆・・・珍しい事に、『都美人』・・・日本酒も、頼みまして・・・今流行のダッサイ・・・も有るヨ・・・あちらのほうに行けば、鶏の刺身と、なかなか手に入らない、焼酎・・・名前も、忘れてしまいましたが、鹿児島に、電話してもダメ・・・本郷の、酒屋さんで、並んで、一人1本しか購入できない焼酎を飲ましてくれる店も有るいのですが、反対の方向に月に誘われて・・・縄のれんをくぐったお店です・・・・若女将?娘さんが出てきて、冷酒。オンザロックで、焼酎・・・もうひとつオマケに、鰻の短冊・・・大女将も出てきた〜『お客さん、どちらから〜?』

「いやネ、月に誘われて、来ただけでしてね・・・少し、美味しいお酒を飲みたくて〜」とか言いまして、厳しい、追求を何とか逃れようといたした次第・・・たまには、自分を隠して、飲むのも仕事です・・・・何しろ、この暑さですから、外にランチ食べに行くのも、命がけ〜夜の月明かりに誘われて、出歩くのもいいのでは〜、ダッサイ・・・酒楽亭にも有るけれど、1杯1500円くらいなら、1升15000円・・・良心的だよね〜!!冷やし方が、いいですね〜新宿あたりでは、コッツプ酒ですが、注文すると、ヤハリ、女将が、飛んでくる・・・この酒は、流行るわけだ〜!!

近くにも、ヒロキを飲ませてくれる店も有るようですが、つぎの、満月は、8月31日・・・そこに、行きますか〜月よりの使者として・・・顔覚えてくれるまで、若女将のほうに行きますか?〜・・・・同じもの頼めば、安心だし・・・今度は、オススメの、天麩羅盛り合わせでも、頂きましょうか〜!

たまには、他人のお店にも、味見しに行きませんとね・・・市場調査です・・・研究熱心な首楽亭の亭主 東辺僕です!平和通りのほうは、色々、新しい店、開店してるようですが・・・閉めた店も有るけれど・・・競争、激しいな〜この世界・・・ナ〜に、イオン効果?イオン、そのうちに、公取委から、指導されるのでは?黄色カードですね〜スーパーマーケットの上には、ハイパーが有るんだよ〜小売りの酒屋を泣かすと、そのうち、化けて出るぞ〜この恨み果たさずに死ねようか〜・・・小売りいじめは、大手のやる事ではないし、小売りが、地域的に、結束したら、大きな力になるからね!素直に、公取委の指導を受けないと、大手横暴・・・商売は、暖簾大切・・・卸への、指導になりそうだよ〜!!強気をくじき、弱きを、助けよ、公取委!真髄を、発揮して欲しいですね〜!!

安く売るのは、誰にもできる競争ですが、ご法度ですよ〜商売人精神・・・あればね!
大手スーパーの例は、昔あったな〜大手から、コンビニになった経過・・・何処か、おかしくないかな〜新聞広告・・・・もう一度、読み直してるところですが、イオン、やる気か!小売り店潰し!

水分補給は大丈夫ですか?

朝に、1本、昼に、1本・・・飲んでますよ・・・水分補給に、オレンジ水とレモン水。
オレンジは、フランス物、レモンはイギリス?炭酸割りでして、飲むと、気分いいです〜・・・
勿論、安い、S社の炭酸水も頂いております。デモ、少し高いけれど、ORANGINA Sparklingと Schweppes British Lemon Tonic をいただいておりますんですよ、東辺僕は。
水だけではいけないとかで、塩分補給が必要とか・・・梅干か、塩でも舐めればよいのですが、スポーツドリンク・・・水に、凝っておりますと、ダンダンと深みに吸い込まれます・・・水、たかが水ですが・・・2Lで、100円との、K社の水・・・売り切れました・・・店頭から、なくなりましたが、これは、チョイと怪しい〜?あまりに、簡単な水?K社の水・・・大手なのに生産地がかいてなく、不思議な水・・・もしかして、とんでもない事を考えました・・・水道水をペットボトルに入れただけで、販売か?皆さん、富士山お水とか、霧島の水とかかいてありますのですがね〜、このK社は、何も書いてないのです・・・不思議でしょう?不思議ですよ!

500mlで1本80円とか、90円とか言いますのに、水は、値段が分かりませんネ〜2Lで@¥100円・・・これじゃ、水道水の水では?もしも、そうでしたら、とんでもない事ですね〜!!
追求するだけ、馬鹿馬鹿しいので、様子を見てますが、その後この、K社の水は店頭に出てきません。幻の、K社の水ですか〜!
深層海洋水・・・ブームでしたが、何処に消えましたか〜?ミネラルヲウターもありましたね・・・最近見ないですね!?何処に消えたのかな〜!?蒸発しましたか、水だけに、この暑さで〜!
 
ビール業界も、大手スーパーに特別配慮だそうでして、小売店よりも安く、仕入れ条件を提示・・・これでは、小売り商店は、立つ瀬がありません・・・仕入れの仕組み・・・大量生産、大量販売、大量消費。

そのうち、大量健康破壊のアルコール業界・・・いまや、そんな時代では?健康破壊の状態だから、酒のうえでの、事件も多い・・・歯止めが利かない・・・どうしたらよいのか!?健康と飲酒について、良く考えませんと・・・命、締めますヨ!脳幹出血だそうですが、大変危険な状態だそうです・・・夜中に、酒を飲み、お好み焼きを食べる生活とか?夜は、寝るのでして、そんな遅くまで酒飲んで、食べたりしては、体に悪い事請け合いでしょう!デモ、夜の生活が、当たり前の、音楽家=ミュージシャンは、命がけなのですね〜!!桑野正博さん・・・みんな、心配してますよ!
酒を飲んで、死に急ぐ事なけれ・・・本当に、この世界の人は、酒で、命ちじめるんですね〜!?
東辺僕は、気をつけて、飲んでますよ・・・大量に飲まないように・・・美味しく飲むようにネ
タバコと同じで、酒=アルコールは、常習性・・・の見始めると、留まるところをを知らずですかネ

最近は、手を出せば、いつでも、何処でも、手に入りますので〜有る、大手の、社長さん「毎日飲んでるから、試作品の味が分からないのでは?」と言われたそうですが、30年も前に、読んだ本にかかれてましたが、毎日飲んでると、味がわからなくなる・・・美味しく飲むには、2,3日飲まない日を設けて、それから、味見するのが良いとか〜・・・ビール会社の人達は、毎晩訪問営業で、ビールを飲むから〜朝が、遅いし、アルコールが残ってる・・・会議が、集中しないとか?会議の前は、飲まないように〜・・とも書いてありましたが、酒の会社は、酒がつき物ですから・・・厳しいところありますよね〜労災で、あんこの会社が、虫歯予防に力入れた・・労災認定に・・・だとすると、印刷会社の胆管癌、東電の下請け会社も、放射能汚染には、気をつけていることだし・・・そうか・・・K社の康さんも、言われてたな〜健康に良いビールを造るように医者の友達から言われてるんですよ〜ビール会社では、製造部門で、多い病気が有るそうでして〜ビールは、アルコール度数も低くて、健康飲料にも思えるのですが、悩み、有るんですよ〜!製造、開発、販売に携わる人達の、問題は、消して販売第一でなく、健康第一のようです・・・ノンアルコールビールが、好調だそうですが、20年も、30年も前からのテーマだったようです。成長胃腸薬も、ビール絞りカスから造られてるのですから・・・そう考えると、武道のカスは、どうなるのでしょうか〜?最近、日本酒の粕は、話題で、手に入らないほどですが、昔は、その粕を焼いて食べたとか・・・糟湯酒?どんな酒だったんでしょうか?へべれけになりまして、落語の御代になります事も多かったようでして・・・酒にまつわる、面白い話。どこかで、出されて無いでしょうか?江戸小話に、出てくるようですね〜!!酒のうえでの、事故やら、事件の多いこの頃です〜!!??

まずは、東辺僕より・・・お酒=アルコールを飲みますと、脱水症状が起きますので、水は蕎麦においておき、いつでも飲めるようにしておきましょう・・・寝覚めの水は、美味しいですよね〜?ビールを、水代わりに飲む人もいるようですが、水でなくてはいけませんヨ〜!!

ページ上部へ