ホーム>ブログ>亭主のひとりごち>東北からの便り
亭主のひとりごち

東北からの便り

毎月、11になりなりますと、東北からの便りが参ります・・・「東北まぐ」といいますが、皆さん、ぜひ、お気に入りにご登録ください〜!!

未だ、2600人もの人が、行方不明だそうです・・・気仙沼では・・・先日、テレビでも、「記録」放映してましたが、震災の傷未だ癒えてません。防波堤を造りましても、災害には、勝つことは、できないのですね・・・

地震ダ!津波が来るぞ!!高台に逃げろ!!・・・訓練していても、逃げ遅れ、大きな被害が起きたことは、決して忘れないようにしませんといけません・・・防災の心がけは・・・1年、2年と過ぎて、波除け地蔵尊がありましても、だれも見向きしなくなりましては、何の意味がありましょう・・・

千葉県の、九十九里海岸の脇に、小さな地蔵尊がありましたが・・・記憶は忘却して、記憶から、薄れ・・・記載され古文書は、焼却され、破棄され、朽ちゆきます・・・石碑までも、破壊され・・・忘却は、忘れ去られた過去として、誰にも顧みられない・・・それでは、いけませんでしょう・・・
取引先の、ペンションのオーナーが、「波除け地蔵尊」を教えてくれたんですが・・・

どうぞ、毎月、11日になると、発信されてくる『東北まぐ』を、検索して「お気にいり」として、ご登録しておいてください・・・酒楽亭には、いきさつは不明なんですが、誰からでしょうか、・・・NO.1から、送られてきてます・・・横浜、京都の若い人たちが、やむに止まれず、自発的に、発信しているような、組織があり組織のないような・・・「組織?}・・・???人件費なんかは?誰が責任者?何処に、住所・・連絡先は?そんなことは、お構いなく〜まずは、情報の発信ということでしょうか・・・

見ていて、まじめですしね、共感持てるし…是非、皆さん、お願いです、継続して、見守り下さい・・・この、東辺僕、何かお役に立てればと考えております・・・物品の紹介とか、斡旋とか・・・すぐ、商売の事しか考え付かないのですが・・・「カキ小屋」なんか、いいんでは・・・体調、回復したら尋ねてゆきたいと・・・「海女ちゃんに?」・・・そうではなく、スタッフの皆さんに!

ページ上部へ