ホーム>ブログ>2013年9月

2013年9月

暑さ、寒さも彼岸までですね〜

9月も、暑く、老体の身は、日々、冷水を飲み、アイスをかじり、耐えてましたが、それにしても、夜は、水枕で、体をしやし・・・何とか、過ごしましたが、彼岸を過ぎましたら、興梠は鳴く、月は出る・・・酒は、冷やより人肌がいい(?)頃となりました・・・肴は味噌でいいのでして、伸びた鼻髭を手入れして、腰の痛さに腰体操(?)・・・

風たちぬ…コスモスの花、赤とんぼ・・・朝、6時に、自転車で、近くの中川まで、ブラブラ・・・半そで、短パンでは、少し肌寒い・・・30分も走れば、昨夜の、残り湯に浸かり、秋の気配に、感謝。髭は毎日、あたりませんとね〜少し、ひげ伸ばそうかと思いましたが、ごま塩髭。

黄門様ほどになるまでには、まだ、時間かかりそうなので・・・常連さんに、立派な黄門髭のお方がおりまして、真似してみたのですが・・・人まねは、だめですね・・髭はやすにも、哲学がいるか〜?
中途半端じゃダメですね。

「東北マグ 9・11」が送られてきましたが、皆さん、どうぞ、お気に入りに、登録ください・・・
現地の、若者たちの活躍の様子が、聞こえてきますよ・・・お友達にも、ご紹介ください〜!!

イモ焼酎の、お好きな、皆さんには・・・桜島の噴煙の写真を見てもらいたいです・・・噴煙が、4500とか、5000メーターとか言いますので、本当、鹿児島は、大騒ぎですよ・・・自然の力、脅威といいますか、火山の爆発・・・芋畑は、大丈夫でしょうか?イモ焼酎のお好きな方には、ご心配では?カラオケの先生、マキコ先生は、鹿児島の方でして・・・「じぇじぇじぇ・・・史上始まって以来の、大爆発です〜」とか・・・お母さんが、80歳・・・二人の娘はそれ相応の年齢ですが、篤姫のドラマから、八重の桜・・・鹿児島弁の放送で、鹿児島弁飛び交います・・・有史以来の爆発といいますので、経験したことのない爆発ですのでネ・・・九州の、火山に、影響なければ良いのですが・・・心配です。じぇ、じぇ、じぇ、は鹿児島でなくて、岩手か〜?!じぇ、じぇ、じぇ・・・。「桜島の噴火映像」検索でみますと、どえらい噴火ですダ〜!何せ、富士山、爆発でしたら、それどころではないので・・・

真夏の夜の読書

何気なく、手にした本が、「古代山国の交通と社会」山岳地域を生きた古代人の、交流を探る・・八木書店2013-6-30刊 編者鈴木靖民(國學院大學、名誉教授:横浜市歴史博物館館長)@¥8000円

何気なくだが、北陸新幹線が工事中とか・・・「親知らず」の、難所に、新幹線・・・能登に行くには、冬には、行けず・・・高速道路の方が、開通は早かったが、これからは、便利になるだろう!
鰤塩街道も、訪れる人もなくなり、寂しくなるところも、でてくるか∻日本酒の、美味しい能登の事だから、来年あたりは、「能登ブーム」かな?

飛行場の方が先に、開通したのだが、工事は、アスファルトの道路工事が、砂地の地盤に、杭を打ち込む・・・大変な工事だったようです?能登半島は、どうしてできたか・・・?

何故・・甥子が、そんな工事現場にいて、「男の現場」、酒ばかり飲んでたとか・・・酒はうまいし、肴もうまい・・・女の子も、いい子(?)がいたらしくて、いい思いをしていたが、「体壊すといけない」からといいまして、今では、研究室に、立てこもり・・・長生きしたいそうですが、今時の、男は〜?道路の管轄は、何省?道路公団とか?男ばかりの、仕事場だから、酒と、女の子がいればいい・・・か!

そういえば、この、暑さでも、道路のアスファルト、中国の高速道路ほどには、クネクネしませんが・・・昔は、アスファルトよく溶けだしたようですがネ〜?新潟には、燃える泥と、水があったとか?今も?

新アジア街道の開発で、ベトナム⇒カンボジア⇒タイ⇒ビルマ(ミヤンマー)この辺で、道路造りしてる日本人技師がいるとか・・・大変ですね!がんばってください・・気には、してます・・・・お手伝いできませんけれどね!

この間、洪水で、ワニが、逃げ出したとかで大変でしたが、日本でも、最近は、洪水やら、つむじ風、雷雨やらで、大騒ぎしてますが、戦後の物資の無い時に、造りました、堤防も、ソロソロ耐久年数を迎えましたので、最構築いたしませんとね・・・近くの、柴又に、モデル事業で、堤防が、再構築されましたが、これで安心?でも、万葉集に、うたわれてますよ・・・白波のたつとね・・・この辺からは、寅さんに似た、帽子をかぶった埴輪が、でてきましたが・・昔のことを調べる訳でもなく、それという、目的無くても、読みますと、昔の人は、今から、2000年前の事をですがネ・・・埴輪を土に埋めて残してくれた・・・歌も歌い残してくれてるんですからね〜!!

富士山も、爆発近いとか・・・景観の世界遺産になりましたが、「本当に爆発やら、噴火がありましたの〜?とか、話題なんですが・・・酒飲みながら、不謹慎でしょうか?ついこの間、読んでました本に、書いてありましたので、壁に書き出しました・・・たまには、本も読みませんと・・・脳みそ、溶けてなくなりますのでね〜!味噌も、肴のうち・・・

テレビ某局では、やたらと、熱中症には、水分の補給と、塩なめろとか言いますが、65歳以上は、本気にしてはいけませんよ!!何せテレビは、総ハクチ現象化の源!
「用事のない人は、日中には、外を出歩かないようにしてください!」これは正しいが、「塩をなめろ}これは、いけません・・味噌とかを、胡瓜に付けて食べるようにとか、梅干と朝茶とかは進めてもいいですが、塩をなめろ・・・馬じゃないんだから、牛じゃ、無いんだから、鶏じゃないんだから・・・65歳以上に、塩舐めさせたら、血圧上昇だよ・・・高血圧には、塩分控えめにだよ!

富士山は、8世紀∻11世紀末頃の間に、9回も爆発、噴火を繰り返したそうですから、40〜50年に、一度は活発な、火山活動」をしてるんですよ・・・万葉集、317 山部赤人 
『天地の別れし時ゆ神さびて高く貴き、駿河なる富士の高嶺を』
まずは、何事も、万葉集からですかね〜 高橋虫痲呂さんも歌います=(手塚治虫?)

さらには、年代別に、
719年(養老3年)富士山の燃ゆる火が読まれてる・・・  
728年(神亀5)万葉集319、2695、2697 

781年(天応元年)富士山噴火し盃を降らし木を枯らす〈続日本紀)
800年〈延歴19年)富士山噴火す。砂礫、灰が降る(紀略)
802年〈同 21年)山の下に、新山できる(富士山記)
803年(同 22年)箱根路を廃し、足柄の旧路を復旧する(紀略)

・・・826年、834年〜848年、864年865年、877年937年、999年、1029年、
1032年、1083年・・・と、こんな具合ですかネ。竹取物語の、翁は…いつごろに、富士山に、登りましたか?

詳しく知りたいお方は、酒楽亭の2階の本棚に置いときますので、暇に任せて、本をお読みください・・
貸し出しも致しますが、@¥8000円ですので、八木書店刊 2013年6-30 古代山国の交通と社会 鈴木靖民編集 (國學院大學名誉教授、横浜市歴史博物館館長、古代交通研究会会長)

酒ばかり飲まないで、たまには、本も読んで、眠りにお着きなさい!
この本、面白いですよ・・・?ヤマトタケルノミコトの東征に出てくる、「酒折」・・・坂折だそうです・・・坂を折る=重ねる・・・酒ではないのだ〜!!
このことは、また、「山梨の、博物館長さん」にも、お聞きしませんとね・・・酒飲みには、酒を折る?
意味は?従来から、酒を折るとは?どんな酒?疑問でしたが・・・「坂」であれば、地形からして、良くわかる・・謎が、解けた!甲府の次の駅が、酒折・・・駅舎の歴史も、甲州のことも、書いてある・・・!

昔から、地震、雷、火事オヤジ・・・最近、親父の権威なく、酒飲んで帰りましたら、女房に、酒飲んじゃいけないといわれてるのに、なんで、酒飲んできたのよ!!私の嫌いな女と遊んできて!年甲斐もなくヤキモチ焼かれて、マグカッㇷ゚で、殴られて・・・横浜国立大学、工学部の、名誉教授、71歳の先生、撲殺された〜摩訶不思議な事件・・・酒飲んだくらいで、殺さなくていのでは?、もうそろそろ死んでしまうのにね〜61歳から、殺人犯になりまして刑期終えて出てくるころは、80?85?自分も、死んじゃう年ころだよ・・・もう少し、頭使い、いい方法を考えたらいのにね?

良い方法?年金生活でも、最高の、年金もらえたのに・・・高級な自宅に住んで、BMW乗ってたんだから、何不自由ないのにね?・・・分からないね?いいじゃないの、不倫?浮気?酒飲んで、猿になる男なんだか
ら、普通だよ・・・男はね〜!

「私の、嫌いな女と浮気して、どうしても許せない!!」
カッとなり、気が付いたら、殺していた・・・」公認の女ならいいのか?
亭主を、殺す前に、もう少し、考えたら・・・61にもなって今更人生かえせかな〜

子供もいるだろうし、その子らの行く末は?裁判、弁護士費用・・・離婚していれば、よかったのでは?
でもね、男が、酒飲みで、浮気したからでは、殺人してはいけないよ・・賭博に走るとか?宗教に、政治にとか?

少し、考えて、塩おにぎり食わすとか、脂肪の多い食事にするとかで、成人病にする・・・

そうか、医者に、酒は止めろと言われてるんだから、10年ほど前に、もう十分成人病だよ・・・なにも、殺すことはないのでは・・・病める時も助け合う・・・その口だよ・・・分別のない、夫婦の、事件ですね・・・東スポが、書かないのに、スポ報知が書いてるが、来週からは、週刊誌かな?
新潮、文春・・・・大衆、芸能かな?警鐘乱打の世界だな〜!?

気を付けようじゃありませんか?お互い、70になりましたら、世辞の句でも読んでおいた方がいいですね〜!句会でも、開きますか? 5,7,5.字あまり・・・


昭和2年、1927年に、こんなことを書いてる男がいた・・・yahooだそうだが・・・

他人を弁護するよりも、自己を弁護するのは困難である、疑う者は、弁護士を見よ。

健全なる理性は、命令している。「爾、女人を近つくることなかれ。」しかし、健全なる本能は、全然反対に命令している。「爾、女人を避くる勿れ」

女人は我ら男子には、まさに、人生そのものである。すなわち、諸悪の根源である。

「永遠に、女性なるもの」を、崇拝したゲエテは、確かに幸せ者の一人だった。が、yahooの雌を軽蔑したスウイフトは、狂死せずにはいなかったのである。これは、女性の、呪いであろうか?あるいは、また、理性の、呪いであろうか?

2進法で、生活してると、どうも、指、5本で、数えることを忘れてしまうのか・・・1,2,3、4.5。とね・・・浮気の代償に、愛用のマグカップが凶器になり、殺されてしまった、

光ファイバー電子工学の、権威の先生の死に、献杯・・・藤圭子の歌とともに・・・あの頃の横浜は、未だ、夜霧が出たよ・・・裕次郎、圭一郎の世界だよな〜高速道路も、終点は、アメリカ軍の、基地の中・・・ベトナム行だよ〜!ハマちゃんも、迷い込んだな・・?!

二人の仲は、40年で、殺し合いとは、情けないね・・・一時の気の迷いが、悲惨な事件を起こしたが、酒の飲みすぎと、浮いた心には気を付けないといけませんよネ。おいしい酒を売り込んでる、酒屋には、悲しい出来事です・・・。

ページ上部へ