ホーム>ブログ>2013年2月

2013年2月

春のときめき・・・節分のお豆67粒、食べた!

久しぶりです・・・この年末から、新年にかけて、アカウントを他人に使われてるようでして・・・大変、困っております・・・11月の末頃からでしょうか〜?
何時までも、我慢できませんので、ブログの書き込みを試し始めてみております・・・。

E-mailが出来ませんので、通信が交信できません・・・皆さんに、ご迷惑お掛けしておりますが、アナログですが、お手紙、FAX,電話にて宜しくお願いいたします。色々と手を尽くしております。

まだ、暫らくは、ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

酒楽亭の表子は、管理人さんが、写真を紹介してくれました・・・神田明神、昌平坂の写真です〜御茶ノ水駅から歩いて、2,3分で、こんな風情の有る所がありますが?ご存知でしたか〜?

異業交流会?の新年会も銀座の2丁目で開催、@¥5000円会費で、参加いたしましたが、長寿鍋の会で、久々の顔を見て、65歳過ぎて、マダマダ頑張ろうと誓い合いましたところです〜ですから、節分のお豆は、65粒+2=68粒ほどいただきましたところです!!数えるのも大変でしたが、ポリポリと食べるのも大変でした〜・・・まだ、入れ歯でないので、30回ほど噛み噛みいたしましたが、顎が疲れました〜・・・人生を噛み締めたんですね・・・?元気でなくてはね〜!

昨年は、腰が痛くて、難儀いたしましたが、整形外科の先生の御紹介で、近日中に、静岡県の温かい地方の温泉病院に、湯治といいますか、腰を癒しに、リハビリ入院を予定しております・・・

腰が痛いのと、何でしょうか、2年前の脳出血の禍の影響でしょうか、頭の動きが思わしくないのでして・・・頭の方は、昔から・・・15にして志多きに,学に志さず、資本金もなく45にして立つを志、50にして立ち、逆風に60にして向いたち上がり、年金支給を当てにして、至誠の趣くままに、熟年、65にして天の趣くままに風を読み、南風の夜に、オリオンを見定めて、順風漫歩?
20の時の古傷が疼きはじめ、足,腰がママならず・・・いまだ、70ならず、老境に陥る事もなく、ただただ、体調の不調にて、肉体労働が、ますます苦手・・・オテントウ様に顔向けできず、まともに汗せずだから、夜は眠れず、その分、昼寝して・・・めでたいお正月には、餅を食いすぎて、太るは腰周り、節分にも、まめに働くようにと、67粒も・・実は、2粒多く69粒食べてしまいました。

自分は、A新聞の天声人語氏のようには、新年から、酒瓶をゴロゴロ、手枕、膝枕にするほどの勇気なく、酒を売るのが楽しみで、趣味に生きる事を、志しましたので、サンテグジュペリさんをアルジェリアリアの事件で引き合いには出しませんが、北アフリカの春の嵐は、無責任な作為を感じております〜アランドロンさんは、まだ、健在でしょうか?
外人部隊、傭兵の世界ですから、日本人が、文化の違いを超えて付き合いできるのでしょうか?
竹馬の友で、電気工事のプラントで、イランだとかイラクに海外援助隊のようなお仕事で、左片手を機戒で取られてしまった帰国した友がおりましたがS君は、それが影響してか、酒に溺れて離婚、家族(娘二人いましたが、奥さんが引き取り、再婚)離散、その後は、どうなりましたか〜・・・音信はありません。企業戦士などといわれてもね〜・・・プラントを進めていた、あのM銀行もその後思わしくなく、最近では、名前もなくなってしまいました。日本橋本町には、「金融経済研究所」がありましたが・・その名も聞かないですね〜

昌平坂は、御茶ノ水駅、聖橋口を降りまして、そぞろ歩いて、2,3分の所・・・この辺に、確か大きな石の像があります。お地蔵様のおじいさんみたいなのが・・・孔子さんですよ!日本にいる、中国の留学生の皆さん、秋葉原駅からも近いですから、どうぞ参観されますように・・・。日本を、追い越せ、追い越せもよいのですが、追い越しながらも、チラリとご覧下さい・・・!

市川団十郎さんの白血病と闘病9年・・・こんな、ニュースが66歳だそうで・・・そうか、白血病って、大変な病気なんだ〜同じ病院で、同じ病気で・・・なんと、ブログを書いてくれてた、常連さんAさん、痛かったんだろうな〜2年になるな〜S君、A君の分までも、この、東辺僕おやじ、頑張ってゆこう・・・腰の痛み、笑い飛ばして、温泉病院で、骨休みしてこよう・・・骨太に生きなくちゃ〜!!

China Salon主催 肉まんパーティ

1月19日(土)チャイナサロン2013新年会は
おなじみの五反田・四川料理『龍門』で開催されました。
cs20130119_01.jpgcs20130119_02.jpgcs20130119_03.jpg
cs20130119_04.jpgcs20130119_05.jpgcs20130119_06.jpg

ページ上部へ