ホーム>ブログ>2011年12月

2011年12月

お葬式に、行く、行かない・・・

厳寒のこの冬・・・外気温度は?寒いですよね・・・外套を着て、その襟首には、マフラー巻いても、ズボンの下には、どんな下着を着るのだろう・・・200万人を、広場に集めて、何時間待機させるのか?
映像は、人の大群を見せてくれるが、踏みしめられた雪・・・靴の底には、防寒対策は?寒くて寒くて、ホッカイロ?なんかは、隠し持ってるのだろうか?手袋は、してないようだし〜本当、寒いでしょうに〜子供の姿がない・・・・何せ、世界中が、見てるのだから、演出もあるので、泣く女・・・泣き方が、わざとらしいとか、ヘタだとか言われて・・・見ているほうも、その演出がわざとらしくて、見苦しい・・・テレビでは、日本の評論家、専門家の多い事・・・解説はおおかた皆さん同じでして、極端な人のいないことがなぜか、わざとらしい。

お爺さん、お父さんが偉大すぎると、男三兄弟も、長男、次男、三男といても、何故か三男だけが、権力を相続する?カンリュウブームで、チャングム以来、高句麗の物語など、色々とテレビで見させてもらってるが、歴史物語の中でも、父が死んで、権力の交代時期・・・渦巻く、権力抗争・・・そんな繰り返しの物語を見てるから、現代の権力交代は?長男は?次男は?これからどうなるのか・・・?興味津々デスヨ〜。

ところで、彼の北の国の、人口構成は・・・?総人口は?=公表統計の概要・・・統計調査が、疎かにされてるからか、正確には、把握されてない・・・人口だけではなく、統計数字が、発表されてない・・・公表されていても、読んで、それを役立たせないのでは〜?
1993年基準の、人口ピラミッドが、作成されているのですが・・・見慣れた表であるが、研究者達が、作成したもの・・・極端な、数字でこのピラミッドは構成されてる、当然、1950〜53の数字が、出生数の低下を示している。この、男女の人口の5万とも、10万とも、20万ともの数字の落ち込みは、戦争の影響であると、言い切れるのでは?
この影響は、20年後に、その影響が出てきている・・・慢性的な、人口統計の、凹みが、波を打って現われる。産業別構成、工業、農業、建設、教育と、セン軍国家を目指すという若き指導者は軍人を優遇して、一国2000万人の人口の17歳から54歳の980万人(男420万人、女550万人)中央統計局Eberstadt & Banister 1992による。

同じ、民族同志で、いがみ合い、敵対して、実に、60年・・・まだ続けようとしてるのだから、隣にいるものとしては、その動向に、関心を持たざるを得ない・・・興味本位で、葬式のテレビ中継を見てる訳ではないのだから・・・拉致被害者家族の声を聴くにつけ、一刻も早く、拉致された、人達を返すことが、問題の解決なのに・・・問題を、6者会談などと、ロシア、中国、韓国、アメリカ・・・核問題と抱き合わせるやり方には、ほとほと、うんざり・・・解決しないではないか〜挙句の果ては、歴史問題だ・・・植民地にしたのがけしからん・・・拉致は、日本が咲に、したではないか!とか、・・・問題を日本海の底に沈めるようなやり方?・・・この時期に、問題を解決しようとしなければ、拉致問題は、解決しないのでは?
お爺さんの、お父さんの、遺言を守るのが大切・・・厳寒の広場での、葬式参加者が、200万人とも、300万人とも・・・泣きじゃくる人もいれば、冷静に、見てる人もいる中で、『隔世遺伝子』・・・おじいさんに、似てるよ〜体型だけでなく、考え方、身のそぶり・・・ならば、読める・・・次の一手・・・打たれた・・・ロケットの、燃焼実験で、2発発射?韓国側の、『葬儀に、訪問せず・・』は、敵対行為と言う始末。黙して語らずか?。日本にも、大阪に、東京と、サンフランシスコにも、N・Yにも、いるから、同胞?が・・・世界中に?

でも、村八分・・・?国連総会でも黙祷はせず、葬式に行く国は、少ないのでは?それが、現実だから、イライラしてるのかな〜そういえば、暫らく、焼肉を食べてないな〜・・・マッコリは、度数が低いので、飲み易い、女性に、人気あるとかで、キリンも、札幌も開発して1本@¥400円くらいで、売り出してる・・・・日本酒の源かな〜ヤマタノオロチ伝説。律令1100年と言うと、百済は1200年と言うので、古さでは、フルイのだが、高句麗分析をしないと、東北アジアの歴史は始まらないそうです。
中国、朝鮮、日本・・・2000年の歴史認識・・・石碑を読み、古文書を読み、伝承を聞き取り、塚を開いても、古過ぎる・・・青銅器の、銅の金属分析で、三角縁の鏡の分析やら、日本国内の古墳の再調査、発掘調査・・・でも、専門家が、少なくて、養成しても、時間がかかる・・・予算がない・・・本当に、難問になってしまいました、東北アジア問題は〜。
研究者が、少ないから?金達寿と言う人もいましたが、80歳を過ぎると、みんな、いなくなってしまうし、忘れられてしまう・・記憶あるうちに、書き留めておきませんと、それでなくとも、『間島パルチザン』など、日本軍で、従軍した人も、いなくなってしまいましたし〜警察官もいなくなってしまいましたし、知るよしもなし〜一方的な、記述だけでは〜?
当時の、日本の内務省の記録など、焼却されてしまいましたか〜?日本人は、焼却処分してしまいますからネ〜その昔、常陸風土記だけが、残ったそうですが、風土記の記述も、その昔、焼却=焼失してしまった・・・残っておればですね〜古事記、日本書記のように、日本の古代事情を、最もよくあらわしてる、記録ですのにネ〜。徐福さんのお話・・・楊貴妃、日本渡来伝承・・・謎は、謎を呼び、高麗人の来日は、「高麗神社・・・彼岸花」。元寇の船が、見つかった〜とか!!
動かぬ証拠は、金印の発見・・・卑弥呼は、どこに?
DNAでは、日本人の渡来地は、バイカル湖畔とか?日本の柴犬の血液検査をすれば・・・白い犬、いつの間にやら、宇宙にいるよ!
芋焼酎飲んで、鶏の燻製を食べてたらしい・・・泡盛は、コメの麹?日本人の、アルコールに弱い体質は、どうも、中国大陸=ユーラシアの中間地点から、移動してきたようですがね・・・
また、また、眠れなくなりましたが、後幾つ寝ると、お正月・・・松飾もしたことだし、一年の垢を落とし、身を洗い、静かに、お正月、新年を、待ちましょうか〜年賀状を、書かないと・・・
色々と、アアでもない、コウでもないと、一筋の道、迷路脱線の、オヤジの世界にお付き合いいただいて、有り難うございました。
お疲れの事でしょうが、ソロソロ、新しい年、迎える準備をいたしませんと!?

人口の事は、明石書店刊:文 浩一著2011・9・25初版第一刷り -ー人口学から読み解く朝鮮社会主義ーー朝鮮民主主義人民共和国の人口変動::::(先日、小此木先生の、新聞記事を読みましたが慶応大学に戻られたようで、今の、難解な朝鮮問題には、小此木先生の、ご活躍、待望しております。
酒の世界では、出雲のヤマタノオオチが飲んだのは、どんな酒=マッコリでは?出雲伝説、出雲崎は、新潟にもある。草薙の剣は、「剣」と言う、日本酒もあるぞ?白山に?このの、地質は、おもしろい〜朝鮮半島と、地続き?アマテラスに、追い出された、男神・・・朝鮮に渡り、日本に戻ってきた・・・?兎に教え・・・大黒様はサンタクロースみたいだな〜大きな袋から、薬やら、色んなものを出し与えたとあるよ〜マッツコリ、10本@¥400円です・・・1ケース、15本入り6000円x1.05 消費税、ついに、10%・・・景気が、良くなることはないし、€100円を切りそうだ・・・本当に、xxブラザー、悪ですね〜彼らは、罪にならないの?
日本の、オリンパスでは、FBIが動いたとか?
でも、それは、内政干渉では?
自国の警察やらが、動くのは、当然でしょうが〜!?変な人が、イギリスから、社長にこられて、これでは、日本の会社、全滅ですよ!?まずは、どの会社から〜?おすすめします⇒会社ありますよ〜!!マスコミ関係〜ここやらなきゃ、日本のウミは出ませんね〜 
『敬天愛人』とは言えども、どこ吹く風か〜?

・・・ばあちゃんの、ひざの上で、聞いた、歌・・・大黒様の歌・・・その頃から、カラオケ好きなんだから〜この年の瀬に来て、難解な本を、もう1冊読んでます・・中国、40周年だそうですのでネ〜「植民地台湾の経済と社会」:日本経済評論社:老川慶喜,須永徳武、谷ヶ城秀吉 編 立教大学経済学部2011・9・15 第一刷  @¥5600円 

琉球処分の事を、知ってる人は、少ないのでは?那覇の、お土産矢の、片隅に、陽に焼けた資料が、飾ってありましたネ〜誰も、目を留めません・・・トイレのそばだから?郷土館とは、ないのでしょうか?少数意見で、真正面から、琉球処分について、主張する人はおりますのか?新聞、銀行に、沖縄と、琉球と二つの名前があるくらい?放送局も?沖縄の名前は、よしてしまえば良いのよ・・うどん県とか、じゃん県とか言うほどのひどい時代だから、沖縄ヤメテ、みんな、琉球にしたら、どうですか?

日本と、清国の戦争の発端は、当時、琉球の漁船が、台湾に、難破したところ、争いとなり、琉球は、薩摩の支配から、日本になってた為に、清国と、交渉・・・東辺僕のナナメ読みの本の中には、ロシア船を、樺太の、牢獄からぶんどって、香港に向かい、逃げてきた、ポーランドの、00大佐が、北海道で、水を補給、茨城沖で、食糧を補給・・・台湾で、食糧を、武器=鉄砲と交換したと、記録あり・・・香港では、その脱出時の航海日誌を、立寄ってた、フランスの軍艦に、売りつけて、その金で、なんと、アフリカ経由にて、ポーランドに帰国したと言う、その大佐の名は、日本にも記録がある・・・土佐藩、山之内の殿様と、面会している・・・この事が、「ロシアの南下政策」として、記録されて、徳川の、開国政策にも、影響したとか。まだ、誰も、公にしてないことでしょうが、ポーランドとの、そんな関係も、あるんですよ〜「隊長、ブーリバ」映画にありましたよネ〜東南アジアでは、この頃、フランス、イギリス、アメリカ、ロシア、ドイツ、皆さん、野心家ばかりが、おいでになりましたんで、小笠原に、アメリカ人一人置いて、島守にしたんですかね〜日本の国なのに〜そうそう、フランスの船は、買い取りました、航海日誌で、樺太の、間宮海峡に行きまして、間宮海峡のあることを知ったそうでして・・・探検時代でもあったのですね〜。

琉球処分、そんな時代の中での、日本国への、帰属問題では?賛成、反対・・・歌に・・『もとの19に戻してよ〜』とありますが、難題ですね〜ジュゴンに、聞いてみたら?
アメリカさんの、裁判判断と、日本の裁判所では、どの辺が違うのか〜?
みやらび哀れ・・・とは、民芸運動の柳宗理さんのお父さん?でしたか〜・・・それにしても、沖縄は、遠くなりましたネ〜心がつなげないのが・・・どうしたら良いのでしょうか〜泡盛飲んでも、心が結べない・・・。
ロシアでは、気に入らないのは、遠島してしまう。ナロードニキの時代、民主化要求の、若者は、貴族・・・中央アジアに、島流し、シベリヤへ、流されたのは、凶悪犯=ロシア、帝政時代の話ですが〜なぜ、そんなことを、プーチンでもないのに知ってるか?
東辺僕が…姓は西周斎、名は東辺僕・・小説、アンナ、カレニーナ・・・映画もありましたよ!とにかく、ワインの世界では有名な話・・・当時、シャンパンは、ロシアでも、大変人気のあった飲み物でして〜サーベルで、あの、栓を切り開けるのですが・・・それが、かっこういいんですよ〜ホテルの、ソムリエさんには、サーベルで、開栓できる人がいるそうですが、小生も、修行時代、やりましたが・・・なかなか、そうた易く、できるもんじゃないですね〜・・・小道具に、シャンパンサーベルと言うのがありましてね・・・「坂の上の雲」には、乃木さんと、ステッテル会談では、シャンパンを飲んだとあるのですが〜ネ。本題は、ロシアの、モスクワでの宮廷内の話でして、ご存知の方いますか〜ソムリエの方、本を読んでれば良いのですが、どんなものでしょうか?
なぜ、シャンパンの瓶で、底が平らの瓶になってるか?ロシア皇帝の、ご用達シャンパン!ロシアで、シャンパンを飲めるのは、貴族・・・そう、あの、ナポレオンが、ロシアに、侵攻した時に、彼ら貴族は、シャンパンを、やけくそになり、飲んだんですよ・・・サーベルで開栓しましてね・・・そんな場面も、映画に・・・映画ですからね〜・・「戦争と平和」でしたっけね〜?!!ナポレオン、必ずしも、英雄でなく、ただの、戦争愛好家?あの、作曲家、ベートーベン、『英雄』の楽譜を、破り捨てたとか・・・それほど、ナポレオンの名声は、地に落ちた・・・
当時の戦争ですが、雪を見方にして、ロシア軍は、ナポレオンに勝った〜ドイツ=当時は、プロシャ?ロシアに、追われる、ナポレオンは、プロイセン軍に、追われる羽目になった・・・今度は、負け戦だから、逃げるのに、必死・・・ところが、プロシセン軍の、追撃の足が止まるんですよ・・・ナポレオン軍は、助かった!!では、どうして?
KURUGを、お調べくださいな〜誰だって、戦争よりは、平和な生活を望むものですよ〜!!

ロシアは、その後、フランスの、シャンパンを、輸入するようになりましたが、その条件として、底が平らな瓶を・・・どうしてかと?
クリスマスの時に、シャンパンを開けた方、多いのでは?
空いた瓶、まだ残ってますか?チョイと、底を見てください・・・凹んでますか?平らですか?
凹んでるのが、正解です・・・ナロードニキとは、過酷な帝政ロシアの政策に反対する、無政府主義的な、勢力の動きでしたから、爆弾テロを企てておりました・・・身内に、貴族に、しかも、知識人におりましたんですから、体制は、皇帝の何かあっては大変と・・・ですから、底に凹みのあるシャンパンの瓶に、輸送中に、隠してある、手投げ爆弾が、テロリストの手に入ったら大変と・・・でも、注文したのが、皇帝で、皇帝のお好きな、シャンパン・・・万一の事があっては大変と・・・ならば輸入時に、調べないと・・・瓶に、凹がなければ、手投げ爆弾は、隠せない・・・と言うことでして、万一の事を予測して・・・瓶の底の、凹=もともと、ワインの、澱り止めの為に工夫されたのですが、そんな話が、あるのです・・・ヨ・・・その、、シャンパンの、名前は?

ドンペリ、ブーブーくり子 だけが、シャンパンではなくて、おもしろい話、幾らでもあるんですが、如何も、最近の、シャンパンブームには、教養のヒトカケラモなく、ただただ喉の渇きを満足させるだけの飲み物か!?

乃木大将と、ステッテルさんが、飲み交わしたシャンパンは、グラスの形は?当時は、シャンパングラス・・・平たい、あの形のグラスですが、では、日露戦争当時なのに、どこから運んだ?203高地が、落ちなければ、日本の負け戦だった・・・日本は、勝つと計算していたんですよ・・・クルップ砲をドイツから、借入してまでも、どのくらいの金額でしたでしょうか・・あの、大砲は?借りた金は、100年かかりましたか〜返済するのに〜!戦争荷は、金がかかる〜アメリカも、00兆弗と言うほどのお金をかけて、戦争して、しまいました・・・!

襲名披露の宴は、いつやるんでしょうか・・・犬を貰いましたんですから、奇術師の、テンコウさん、恐れず、行きましたら〜?大丈夫ですよ、拉致されませんよ!イルージョン見せて、細い紐のような、情報を、繋いできてください・・・日本の、外交官は、交渉ゴトが下手糞だそうでして・・・かわりに、お行きください・・・若旦那さん、若いから、いいのでは〜?!!

ネーミングの勝利

 日テレドラマ「家政婦のミタ」の最終回が40%という高視聴率を記録した。後になって言うのも何だが、これは放送開始前、新橋駅に通じる地下道で初めてポスターを見た時から予測できた。そう思った人はほかにも多いと思う。ネーミングの勝利と言っていい。

 「家政婦のミタ」のタイトルはテレ朝ドラマ「家政婦は見た」が土台にある。後者は、のぞき趣味の家政婦の目を通し上流家庭の隠された真実を暴きだす人気シリーズで、家政婦は市原悦子が演じた。「家政婦のミタ」は音としては、「は」を「の」に変えただけ。でも、意味は全く違ってくる。連想は一挙に進み、膨らんでいくことに。

 名前の付け方一つで将来は決まる。思い出すのは宮崎の麦焼酎「百年の孤独」の例。人は酒を飲むと思索にふけるものだが、この焼酎はガルシア・マルケスの大河小説の題名を商品名にしてしまった。アルコール度40%で、通常の焼酎よりずっと強く、舌触りはウィスキーに近い。命名のユニークさから新聞などで話題になる。が、蔵元の黒木本店は大きな会社でないので、つくれる本数には限度があり、絶えず品不足状態が生まれる。それが、かえって需要をかき立て、人気はますます上がる…。

 「家政婦のミタ」は、非常識な依頼も「承知しました」の一言で遂行する家政婦の物語だ。三田は松島菜々子が演じた。彼女はNHKの「ひまわり」や「利家とまつ」でも証明済みだが、見る者を物語に引き込むのが得意な女優。ドラマの進行につれ、三田の無表情も評判になり、彼女が笑うのを期待して最終回を見た人は多いはず。

 読売新聞で、メディア論の碓井広義・上智大教授は高視聴率の背景について「ドラマを見ないと言われる若い人が、話題のイベントに参加するような気持ちで視聴したのではないか」とコメントしていた。

 それにしても今時、40%とはすごいもんだ。テレビ所有の5世帯のうち2世帯が同じドラマを見ていたことになるのだから。

訂正です・・http://www.tenju.co.jp です。

夜の遅いので、またまた間違えてしまいました・・・!天眼鏡出、観てるのですが〜!!
正確なのは、こちらです〜!!http://www.tenju.co.jp ですので・・・以後、老眼鏡を使わないと・・・目が、見えない〜!!空の星は、見えるのに〜細かい字が、見えない・・・読めない?
『秋田 蔵元 日本酒 天寿』さんですけれど、こちらでも、検索してくださいね〜

間違えました・・・変更してください!

http://www.tenjyu.co.jp/でした・・・tennjyu ⇒ tenjyu
でした。間違えましたので、訂正のほど宜しくお願いいたします。失礼いたしました!
天寿さんのホームページは http://www.tenjyu.co.jp/ ですので、こちらを、開いてください。

お正月のお酒は?

楽しい、クリスマスも終わりましたが、もうすぐ、お正月ですよ!!
御酒の、準備は如何ですか!
雪も降りしきり、お山では、スキー場が、大忙しのようですネ〜・・・お取引の皆さんは、お正月の準備は、如何でしょうか!?配送時間も必要ですので、お早目の準備をお願いいたします・・・!!

http://www.tennju.co.jp/さんより、最新情報を頂きました・・・蔵元さん、直送体制で、頑張られておりますので、美味しい、お酒、飲みたい方、ご連絡ください・・・

イヴェント情報が、まいりましたので、チョイとご紹介いたしましょう・・・・『神楽坂 ザ・グリー』を検索してみてください。
酒楽亭の動きですが、さて、どんな新しい絆が生まれますか〜!!
先日、神楽坂で、立川流の落語を聞きましたり、大手町で、金賞受賞酒の宴に出かけたりしまして、金賞酒を、飲んでまいりましたが、おなかいっぱい、金賞酒を飲んでまいりましたが、どう、これから販売を手がけられるのかと、思案しておりますれば、まずは、自分で、飲むこと・・・でも数量に限りある、金賞酒ですので・・・まずは、ご紹介することから、始めますので、宜しく、ご覧ください!!  『金賞受賞酒の2011・12.25の宴 大手町KKRホテル フルネット』を検索してください!!蔵元さんとの交流・・・楽しい、会に参加しまして、これからも、日本酒、ドンドン、紹介しませんとと・・・心新たにいたしました。

公開?オヤジの部屋?

とんだ、写真をお見せしてしまいました〜!!12月になりまして、生活の乱れ激しく、マッサージ器の下にしまいこんでました、本やら、ワインの空き瓶やら、写されてしまいました!!

酒楽亭2階は、プライベートの空間でして〜独り楽しんでる時間・・・ワインやら焼酎やら、ちびり、ちびりとやりながら、本を井ナナメ読みしてる時間、この時間は、オヤジにとりましては、大変貴重でして・・・店では、週刊誌と、スポーツ新聞の真正面よみです!?
百済ない、無意味な時間を過すには、人畜有害な記事を読んで、テレビの下世話なお話し合いに付き合うのが、日々の日課です・・・・せめて、独りの時間、30分?60分くらいは・・・・為になる本を読み、人の飲んだことのないワインをちびり、ちびりとやるのが、至極の愉しみ!!本は、ナナメ読みですので、ヒョッコリ瓢箪島のような、小生の脳味噌島では、何の役にも立たないのですが、井戸の真水でして、アルコールに浸しきった脳味噌には、これがまた、ほど良い刺激でして〜我に帰えるのですよ〜ハンガリーのワインの本を読むときには、ハンガリーのトカイワイン!一口味見で飲み始めると、本を読むより、ワインのほうが、しびれてくる〜!!
空き瓶のワインは、クロアチアのワインでして、アドリア海の向こうにある、森と、湖の国・・・歌にあったよ〜?グループサウンズ、華やかかりし時代に、『森と、泉に囲まれて・・・』とかの歌?45年も前か〜?箱入りは、トカイのワイン。おすすめしてくれたのは、本の著者の澤辺さんです。

クロアチアのワイン・・・物の本によるとですね〜・・・唐人お吉さんが、ハリス爺さんからもらって飲んでたと言う・・・?・・・そんな、事が書かれてる本があるんですよ・・・ハリスさんが、日本に来るとき・・・準備周到でしたから、樽のワインやら、瓶に入った高級ワインを持参してました・・・荷は、ボストン港から積みましたが、当時のボストン港は?詳しく書かれてます。

(日本で、初めてワインを飲んだのは誰?ザビエルが、持ち込んでいたであろうワイン?当時の、航海技術では、どんな航路?腐らない方法は?味は?キリスト教の布教にもワインは、使われた?南蛮渡来の赤い酒?キリシタン、嫌いは、秀吉・・・では、ヤハリ、信長さんか・・・まさか、まさか、信玄さんではないのよネ~信玄餅!)

下田港では、飲まれた・・・高級ワイン・・・当時は、瓶入りのワインは高級ワイン・・・ボストンで、買い付けたワインは、クロアチア?実際に、その記事が残ってるとは〜日本の夜明けに、松陰先生は・・・?捕縛されたから、飲んでるところではない!!その後は、皆さん、ご存知。

下田に行けば、わかりますよ・・・お福さんは、通事のヒュースケン・・・お吉さんは、当時の下田奉行から、お給金を頂きまして、ワインもハリスさんと飲んでおりましたが、爺さんのハリスは、牛の乳=ミルクを飲んだとか・・・その牛が繋がれた大きな木が、お寺に残ってるし、安政の大地震・・・津波で座礁したロシア軍艦の下級船員、7名とか、8名のお墓も残ってる・・・その船は、下田の船大工が修理して、ロシア=樺太まで帰還しているが、イギリス軍艦に追われて逃げるのですが、そんな記録も、残ってるんですよ!(ヒュースケン殺害は、攘夷派の仕業。殺されたときの、た、着衣は、江戸博物館で、展示されてましたが、お福さん達は、下田から、同行してましたので、落胆の程は・・・悲劇ですね〜。高輪あたりでは、宿舎が、焼き討ちに会うとかでしたから、無礼うちなどもまかり通るご時勢、唐人お吉物語。・・・下田では、毎年、ハリス祭りが、5月に開かれます・・・・観光協会の目玉ですか?!

ここで、オヤジが何を言いたいの?、
西洋式軍艦を、修理したのが、下田の船大工・・・お吉さんの恋人も腕の良い船大工・・・下田は、昔から、大型船を作る技術が・・奈良時代からなんですよね〜歴史の、物語になりますが、港町としては、古いのです。「風待ち港」としても、有名だし・・・温泉だけではないんですよ!・・・当時、下田の港には、開国を迫って・・・沢山の黒船が来てたようですよ〜ハリスの要求に困り果てた下田奉行が、お吉他10人くらいの技芸に優れた女子を犠牲にした〜でも、彼女達には、十分のお手当てをしたというのが、お役人様の言い分でしょうがネ・・・『唐人お吉』物語の始まり、始まり〜・・・足軽の身分ながら、絵の心得のありました、下級武士・・・ハリスのお供をして、江戸まで・・・浦賀の港で、通事をしたのが、写真家で有名な蓮杖さんですよ。かれは、船上にて、絵を描くことを許されて、その上、当時の写真技術を教えてもらい、江戸市中で、写真館を始めた・・・面白い人ですが、下田では、チョイと知れた人でして、寝姿山のロープウエーで、山頂に行きますと、「写真記念館」がありましてね・・・温泉ばかりが、下田ではないということが、良くわかりますが・・・
はたして、そんなことに気をつける人が、どの位おりますやら・・・熱海新聞、11月、23日号によりますと、伊豆での、「入湯税、対前年比40%」だそうでして、観光客の少ない事、大変な状況だそうですね・・・海外旅行のほうが、人気がある時代・・・ソロソロ、年末の旅行シーズンですが、ハワイですか?それとも、ヨーロッパですか?オヤジ的には、台湾とか、ベトナム・・・南がいいですね・・・温泉あれば、なお、結構。

カンボジア、インドネシアでペンションしませんか、日本人向けにとかと言う話、どこかに消滅してしまいましたね〜・・・!?今から、20年程前のことでしたか〜?

東辺僕のおすすめは、箱根、熱海、下田・・・近場で良いではありませんか・・・屈指の温泉地。

箱根で、サンテグジュペリの館を訪ね、こちら、サンチャゴ・・・彼が、アンデス越えをした時代に戻れる。夜間飛行の危険な仕事に、何を運んだ?ワイン畑の、売買契約書やら、葡萄の、苗木・・・今でこそ、チリワイン!星の王子様は、自由フランス軍の偵察飛行中に、撃墜された・・・戦争が、終われば、彼は、もしかして、フランス大統領にもなれたのでは?北アフリカ戦線にいた、サンテグジュペリ。チリワインを、安ワインにしたのは、誰?TTP?詩人アラゴンは、フランスの起床ラッパを書いてた頃の時代。今頃は、遠い星で、何を考えてるのでしょうか?
箱根に、行けば、会えるかも〜サンテグジュペリにネ〜

熱海・・・潮の満ち引きが、海岸線で良くわかりますが、海中には、お墓の跡があるとか?きっと、津波で海岸線にありましたのが、海底にまで・・・郷土史家が、調べてるようですが、ここの港町にも・・・物語がある。海岸を歩いてると、海浜公園に、モニュメントがありますよ〜?金色夜叉の、お宮の松のそばに・・・読売新聞社を、有名にしたのが、読みきり物語・・・金色夜叉ですが・・・

郷土の歴史は、秘められた物語ありますね〜・・・初島にもお立ち寄りください・・・30分の、船の旅。『断酒』ご希望の方、是非に、お尋ねくださいませ。お酒を飲みすぎて、家督断絶の物語・・・飲酒運転、あとをたたずですが、お酒を飲んだら、運転はいけません!沖縄、高知が、離婚率多いとか・・・酒飲みが、大いと言うことでしょうか!
お酒は、ほど程に・・・小原庄助さん?ご存知ですか?

下田・・・御用邸もあるくらいですが、つめ木崎からの眺めは、素晴らしいですよ・・・お寺も、沢山ありますが、2,3のお寺には、歴史が刻まれてます。お吉さんの記念館もありまして、ワインを飲んだであろう、愛用の、コップや、デキャンター。小冊子を1冊買い入れますれば、詳しく書かれてますよ〜当時の事が・・・。150年前に、戻れます・・・ワインのことが、書かれてるんですよ!
気分を変えて、違うお寺に行きますと、資料も、沢山・・・そのうちの、お墓やら、牛がつながれてた大きな切り株まで・・・これが、ハリスさんが、飲んだ、牛の乳絞りの跡・・・住職さんは、詳しくお話ししてくださいますよ。今では、牛の肉、焼肉で、食べたりしますし、牛乳も飲みますが・・・当時は、とんでもない事!

150年、戻ります!お墓は、プチャーチン(今をときめく、プーチンではないのでネかれは、KGBだから、自国民に嫌われる。当時、東ドイツに駐留していたが、KGBではは、エリートコース。)の部下が、安政の津波で、死亡し、埋葬したお墓です。当時の、ロシアも、日本に、開国を迫り、・・・埒が明かないので、長崎から、下田、江戸と・・・ハリスに、出し抜かれた!
そんな時代・・・津波で、船は破損・・・その修理に当たったおかげで、造船技術が、石川播磨に伝えられたとかのお話がありますが・・・ワインのむ会の幹事さんに、そのご子息がおりまして・・・飲むほどに、お吉さんの事をを訪ねるのですが、飲んでるので、ムヤ、ムヤ、ムヤ・・・・!?

寝姿山に、蓮杖さんの足跡をお尋ねください〜!歴史の再発見!!歴史の舞台には、多くの、人の跡があります。一晩泊まれば、一晩分の物語に、出あえます・・・飲んで、食うだけでは、もったいないことですので、ワイン、飲みながら、・・・・空き瓶から、煙が出てきた〜〜〜!!

クロアチアのワイン・・・さすが、歴史ある・・ローマの伝統を受け伝えるだけあって、20€もしたワイン。東辺僕だけでなく、女子会の、皆さんが、美味しいです・・・香り、色合い、一口含んだときの感じが、なんともいえない、上品な味わいかな〜これは、美味しい・・・もっと飲みたいで〜す・・・いつもは、控えめな、女子会の皆さん、このワインを『あら!美味しい!』との歓喜に満ちたお褒めのお言葉!を頂きました。
東辺僕、オヤジの一言追加もありましたが、ハニーワインは、大うけです。『どうしたら、仕入れられるんですか?』これは、売れるぞとは、胸算用のオヤジ。
まさか、船1杯で仕入れることも、ままならず・・・!どうやって運んでくる?この、1本は、航空便で、持参で、運んできた・・・手荷物で〜!!新婚旅行の、お土産です!。

常連さんの「お土産、何がいいですか?」お言葉に甘えて、「それじゃ、ワインを宜しく!」軽い気持ちで言いましたが、クロアチアといえば、美味しいワインのある所!!婚活中の、女子軍・・・このワイン飲んだら、頑張ってくださいナ!!一口で、皆さん、両頬が、赤らんできました!!白ワイン飲んで、赤くなった!?一言、語たれる、クロアチアのワイン・・・遭遇することのできた、喜びのワイン・・・唐人お吉さん達は、こんな美味しいワインを、飲んでたのか・・・下田の、記念館に、紹介してあげないと・・。館長さんやら、住職さんに、観光協会の皆さんにも飲んでもらわないと・・・小伝馬町の、牢獄跡にも?ハリスさん、ゆかりの地で、ご紹介かな〜浦賀では、小栗さんの、足跡をたどらないといけないかな・・・今、話題の、群馬の、中之条町にも、なんかありそう?

(何かって?桜田門の変に使用された、ピストルは、水戸藩浪士に、誰が渡した・・・歴史、謎解きかな〜ワインが、とりもつ縁?・・・誰も、解き明かしてない謎!・・・飲みすぎたかな?)

純米酒大賞2011受賞酒を楽しむ宴

 2011年12月25日(日)皇居を臨む絶好の眺望に恵まれた大手町KKRホテルで「純米酒大賞2011受賞酒を楽しむ宴」が開催されました。2009年に始まって第3回目の開催となる今回、全国73蔵から出品された純米酒129点を製造種類別4部門に分けて審査を行い、各部門で「最高金賞」「金賞」「銀賞」「優秀賞」として33点が選出されました。「純米酒大賞2011」には純米大吟醸酒部門から出品された山口県の「獺祭」磨き二割三分が選ばれました。
 受賞した蔵元関係者の方々への表彰式とともに、受賞酒の数々を楽しませていただきました。「きき酒コンテスト」や「日本酒銘柄クイズ」など趣向をこらした催しに一同大満足。最後に行われたくじ引きで我らが石原商会、大当たりで「純米酒大賞2011」の「獺祭」磨き二割三分の一升瓶を獲得しました!来年はよい年になりそうです^^

2011122501.jpg2011122502.jpg2011122503.jpg2011122504.jpg
2011122505.jpg2011122506.jpg2011122507.jpg2011122508.jpg
2011122509.jpg2011122510.jpg2011122511.jpg2011122512.jpg

お正月に、何を飲まれますか?

ワインの、最新情報です・・・問屋さんから、特別価格を頂きました。

€・・・同じ年の、友人が、オーストリア、スペインに演奏旅行に行くとかでして・・・元気ですね~同年齢の方々と、50人くらいで、オカリナの演奏旅行だそうです。今、チャンスですよね〜€の関係では!!お土産に、ワイン買うより、東京で、変えますから、どうぞ、楽しんできてください!!

問屋さんからの情報は、『クリスマス大特価セール』だそうでして、1本@¥600円
・・・随分と、思い切ったモンですね~この値段は!?1万円が、@¥3500円というワインもありますよ!3000円のワインが、600円とは・・・これは良いことですね〜!!美味しいと言うことは分かってても、手が出なかったワイン・・・ああだ、コウだということには、長けてても、ヤハリ、美味しいのを飲まなければ、本当のことは、分からない!1本、1/2・・・375mlで、2万円の、シャンパン・・・グラスだと、5000円?1500円のワインが、高いの安いのと、評論してるのが、馬鹿馬鹿しくなるくらいのワインの世界だとすると、コンナ条件出してくれる、問屋さんは、偉い!の一言です!!感謝せずには、いられません〜!!

まだ間に合いますので、情報だけでも、見てみたい方、おりましたら、どうぞ、酒楽亭 迄電話か
FAX ・・・03-3655-4373にお知らせください!!速達にて、書面をお送りいたしますので、ご興味いただけるのではないかと・・・22日より、速達便にて、ご案内いたしますので、宜しくご覧ください・・・問屋さんの、都合もあるようでして、公開=全面解除とはならないようです。
亭主のこの、東辺僕でさえ、ビッツクリしてます、値段ですので、これは bigなニュースです。

お問い合わせは、24時間体制・・・クリスマス、大晦日、お正月・・・間に合いますように・・・雪が降り始めてますので、お問い合わせだけでも、お早く、お願いいたします。交信は、FAXが良いでしょう、値段も、はっきりしてますので、数量=在庫のこともありますので、お早くどうぞ!!
03-3655-4373   e-mail :ishihara-syoukai@hotmail.co.jp
このブログ欄をご覧になりましたら、まずは、ご連絡ください〜〜〜!!

奄美の結

20111216_amami.jpg

高倉

20111216_takakura.jpg

ページ上部へ