ホーム>ブログ>2010年6月

2010年6月

本物から、写真をお借りいたしました

先日、熊沢先生のワイン会で、本物から、写真をお借りする事ができました。この機会ですので、皆さんも、ぜひ、ご鑑賞されたらよいのではないでしょうか・・・?今までに、いろいろと、写真を見せていただいてきましたし、作品をいただいたりしました・・・高野明先生、有り難うございました。酒楽亭の2階の本棚に写真、かざらしていただきました・・・有り難うございます。2階、利用する人にとっては、素晴らしい写真に、感動してくれる人がいっつぱいおりますことを願っております!!写真の素晴らしさを、心に留めていただければ、幸いです。酒楽亭の2階が、いつの間にか、芸術ハウスになったみたいです・・・酔ってばかりでなく、精神の発露たる、精神の開発たる酒楽亭とならん事を、亭主さんともどもと期待しながら、写真をはりながら高野明個展展示場を開催いたしました・・・無料はきついので、経費分お一人100円をいただくことといたしました・・・ニコニコ商店街の皆さんにもおいでいただければ・・・居酒屋の2階ギャラリーでの開催です・・・トルコトかギリシャとか・・・今話題の地・・・野菜や、果物はうちの商店街と同じような売り方・・・人、ナンデこんなに明るいの?気候のせいかな?とにもかくにも、新しい試みでして、居酒屋の2階広場が、芸術の広場になるんだから、コレはすごい試みなんですよ!!酒ばかり、くらわんかなかなの世界が、世界に解放されるんですから・・・一人の孤高なるphotographerの作品で、じぶんは、ナニヲしているのか?かけがえのない自分とは、生きている自分は、今、何処で、ナニヲしているのか・・・これでいいのか、満足か、TAJ MAHAL
を写したときの、精神の発露は、瞬間に、写真として現れる・・・

Creatine Studio arthouse photographer 高野 明  より

プレゼント締切り、当選者に配送完了です

今回、配送問題で、ミスいたしましてごめんなさい。25日の予定がずれ込んでしまいましたが、無事、本日、配送完了いたしました。ご当選者の皆さんには、無事に、おてもとに届く事でしょう・・・暫らくのお楽しみですよ!今回は、女性の応募者が多かったです・・・黒糖焼酎の人気は女性に多いんですね・・・白百合だからかな?

管理人さんに、えこひいきなしで、厳正な抽選をお願いいたしましたので、常連さんだけでない、新しい方にも、チャンスがありましたようです・・・いつも、頭の痛いことなんですけど、応募者、皆さんに当たればよいのですが、数=予算限定されてしまいますので、ごめんなさい・・・当選した方は、その福を周りの方にお分けくださいましね・・・「酒楽亭の抽選に当たって白百合、飲める・・・幸運だ!ネ」と・・・。是非、「酒楽亭」をご紹介ください・・・よろしくお願いいたします・・・

惜しくも、今回、当選しなかっつた皆さん、滅入ることなく、次回のプレゼントに挑戦してくださいね・・・酒楽亭は、挑戦者の会ですからネ・・・何事にも、あきらめず、機会あれば、挑戦してみようではありませんか?プレゼント、当たるか、外れるかは、応募してみなくては分りませんネ!? 応募に、挑戦してみないと・・・ワイン、日本酒、焼酎・・・たまにに、リキュール・・・考えるほうも、いろいろ気を使うのですから、応募者も、相手の事を愛しんで、「今度は何かな?」期待してみてくださいね!?

東辺僕のオヤジさん、今週、酒飲み過ぎて、体調不調だったんですよ・・・そろそろかな〜いい年して、ご隠居さんと、飲み明かしたで、ご隠居さん、ダウン!?可愛そうに!?小雪さんとの間、裂いてどうするのよ・・・小雪さん、可愛そう・・・悪戯すぎますよね

・・・男の嫉妬は怖いです。真間の浦に身を投げたと伝えられる悲劇のヒロインにならないでね・・・1300年も前の事なんだから・・・万葉の古歌に・・「葛飾の真間の浦ねを漕ぐ舟の舟人騒ぐなみたつらしも」とうたわれた真間は今も、千葉県市川市の町の名としての残っている。奥東京湾の水域は、1300年前もの間、縄文の記憶は、静かに残っている・・・「我が庵は松原越しに海近く 富士の高嶺を軒端にぞみる」とは、追この間、道灌さんが酒楽亭近くに、庵をおつくりになられて、「実の一つだになきぞ悲しき・・・」とは、実に、東辺僕の心境なり。

松原越に見える藤の高嶺は、その絵は、笠間稲荷に収められてるようであるが、笠間の美術館で聞くと、個人所有の某故人の所有とか・・・その絵を見ながら、磯自慢などと言う日本酒を飲んでみたいもの・・・贅沢の極みかな? つまみは、笠間の納豆でよし、豆腐でもよし、この梅雨の季節、笠間稲荷に来て、油揚げをつまみながら、当たり味噌なめながら、手に入らない、磯自慢という日本酒を頂きながら、道灌庵にて・・・二泊、三泊するうちに早船で、近江から『道灌』と言う酒を届けさせ、蓮の葉の葉の上で、冷で5杯、燗で5杯いただきながら、蓮の花に囲まれて寝込んでしまい、蓮の花の咲く音を聴きながら、夢心地の世界・・・ここは何処? 蓬莱山の山奥だと諭されて、亭にかえれず、庵に長居の居候、酒飲んで、小雪さんを悲しませたと訴えがあり、巷では、今も重要参考人とお手配とか・・・

この庵にいる限りは、お咎めなしとは、ありがたい・・・静かに、ほとぼりの冷めるまで、お世話になりますからには、・・・何もしなくてもよろしいとは、一日が、100年のように、過ぎてゆくようで、記憶の回路が、消えないうちに http://www.kinzangura.com/ から、地底深く迷い込んでしまい http://www.hamadasyuzou.co.jp に坑道を繋ぐのが正解? 薩摩の奥の金山蔵から串木野市に続く坑道伝いに歩き、鉱山を抜け出して、川を下り、町に出れば、よいのだから・・・暫らく、迷っているが、煙も見えるので、人後も近い・・・上手い焼酎を手に入れるために、こんな苦労がいるなぞとは、本当に、肉体的な苦労だ・・・遭難しそうですよ!

http://www.hamadasyuzou.co.jp を、さがしてください。

梅雨の晴れ間

20100628tori.jpg

藤の花と、新タワー

20100621fujinohana.jpg

つい、5月の事でした、藤の花が咲いてるというので、散歩に出かけたのですが、2階の裳の干し場から見える、新タワーと藤の花に囲まれてみるタワーでは、一つ味わいが違いますね・・・団子と、お茶が欲しいですね? 膝枕などあれば最高なんですけど、そんな、風流したら、毛腐れの処刑が20日ばかり・・・ご時勢ならば、黄色、赤表紙の本ばかり読むというか、見てばかりでは、慎太郎爺さんに、捕縛されてしまうところですが、恐ろしや、恐ろしや・・・下品な絵物語を書く戯作者の、なんと多い事・・・イヤサカ、真面目に、ご禁制のことなど書けば、すぐに、小伝馬町送りとなる方、おとがめなく 帰れる方少なく、みな、遠島とか聞けば、恐ろしくて、恐ろしくて、これを、平成の疑獄と世に人の言うのは、後の事。御近所の皆さんと、お茶と沢庵持参にて、新タワー見物と洒落ております・・・酒楽亭ご一行様でございます。(人、三名で徒党をなすとす)親子連れ、夫婦連れはお見逃し。落語の長屋の花見は、町役、紋付はかまにて同行の事・・・とアル。水が酒、たくあんが、卵焼きだから・・・おつまみは、それなりに、酒も、それなりに・・・それでも、花見は、花見。牡丹、梅、桜、とはじまれば・・・何処に、咲い藤の花、何時咲いた菖蒲、銭湯に浮かぶアヤメとカキツバタ、なめくじ長屋の紫陽花、蝸牛出てきたが最後の炭火焼、観蓮は、観即聴・聴即観・・・辛子レンコンは肥前の名物なれど、レンコンの酢和えはこの時期、乙なもの・・。早起きして、花の咲く音を聴くのも、風流ですがね〜夏至となりました。4時25分日の出です・・・日の入りは、19時丁度ですよ!

お茶でなく、日本酒とか、ワインとかがよいのですが、日差しが強く、喉の渇きが激しければ、飲みすぎになったれば、またまたそこで、町役にみつかってしまい、黄色カードなどに書き込まれてしまいますし、赤カード等出されてしまいますと、後ほどのお咎めもありますゆえ、派手に、歌舞、音曲は慎みまして、そろり、そろりと、藤の花をめでております・・・新タワーの大きくなりますのを、愛でております・・・

まずは、今の高さの2倍だそうで、天乃河にまで届く高さゆえ。関八州サマは勿論の事、江戸城天守閣より見定められる地方は、ただただ、恐れ多い事ゆえ。民百姓は、ご天声の鳩の一声に、ひれ伏すのみ・・・他事総論、日曜討論会は、百家放談、伝播統制は効かず国の心は分断、自由奔放の流れ・・・新タワーの役割は?FM放送が。乱立して、心定まらず・・・亀の井戸の藤の花は咲いても、新しきタワーの役割は? 天下一の高さを誇るゆえに、鳩が菅に代わっても、同じ事か?天下鳥は、何時の世も、同じことが繰り返されるようだ。ヒヨドリ、ムクドリとか出てきたが、雀が少なくなったとか。。。銀座の雀は、森重さんが、上手かったが、森繁節の味わいで唄われると、どんな歌もいいですよね〜!10%にもすると言う。消費税、そんなことしたら、『勝手ににしやがれ・・』そんな事に、なりませんかね・・それでなくとも、しらけてるんですから、亀井節・・・音痴でもいいから、大連合・・・蓮の葉の上で座禅を組みなおして、もう一度、頭を丸めて、自分を見直さなければね〜菅さん・・・今、観音の心が大切では?菅は缶、寒、官、癇、甘、漢。奸、換・・・東辺僕は、燗と言う字が好きですが…燗。。。菅さんの字は、何処から・・・名は体を表す?!

梅雨入り

20100621teien.jpg

ロマネ・コンテ2007年は如何ですか?

輸入業者さんよりの情報ですが、限定3本だけの御案内が来ております・・・2007年のロマネ・コンテです。この、業者さんは、高額商品を、飛行機で運んでくれるサービスをして、一躍、販売成績を上げております・・・すぐ、飲みたいという希望を叶えてくれるのですから、いいですね〜。

ご希望ございましたら、mail、電話、FAXにてご連絡ください。
お引渡し値段・・・@¥787,500円です・・・送料は、保険をかけて、お手元に送ります・・・破損でもしたら、大変です。

ワイン、値段は、いろいろありますネ・・・
  ○1989年  オーブリオン       @¥
  ○1997年  ラフィット・ロートシルト  @¥

値段、いつも紹介しているワインとでは、「0」が多くて、書き間違えそうです・・・安くて、美味しい⇒高くて、美味しい・・・

先日も、『安いの』と言う条件で、ご注文いただいたのですが、仕入れ、@¥500円は、一番安いですかね・・・酒屋としては、2〜3000円が良いのですが、飲むほうは、それよりも、手ごろ間のあるのが良い・・・A新聞、「サラリーマンの御小使い、下がる」とかいてありました・・・500円の仕入れで、どのくらいで、提供するのかは知りませんが、『仕入れ』と『売り値』・・・飲み手にとっては、『サービス価格』で、お願いいたします。

何時の時代もそうなんでしょうが、安くて、美味しい・・・これが一番か?! でも・・・安い』は、懐具合、人によりますがネ〜
『美味しい』は、・・・産地地消に限りますね。

梅雨入りです

関東地方は、梅雨に入りました・・・これから、7月20日くらいまで、雨の季節です。東京の下町、ニコニコ商店街から、御伝えします・・・雨にけむる、新タワーです。

100614_140532.jpg

いずれがアヤメかカキツバタ

季節は、梅雨に何時入るか・・・この季節は、紫陽花の花とカタツムリ。緑の小路も、一日、一日と紫陽花の花、色付いてきました・・テレビでも、何処の紫陽花がきれいだとか・・・鎌倉にはかなわないのですが、京都のほうが綺麗?・・・お寺のにあう花?

今、河辺の公園で、『アヤメがきれい・・・』だと言うので、自転車で散策してきました。明日からは、雨の季節に入るとの事ですから、曇り気味の昼下がり、日曜のお休みを有効に利用いたしました・・・川辺の、一角に植えられた・・・いずれが、アヤメかカキツバタ・・・白、紫の花の広がりに、繰り出した次第・・・以前でしたら、出店もでて、にぎやかでしたが、予算の削減で、花の好きな人の、静かなお祭り?

河川敷は、野球が幅を利かしていまして、自生しているほどではなく、花公園として整理されているほどでもなく、名所とするには、チョイと物足りませんが、この季節、暇なお年頃の我々には、気分転換の良い刺激になります・・・でも、本当に、いずれが、アヤメ?カキツバタ?

それにしても、牡丹と芍薬の花の違いが良くわからず、困ったさんですが、この時期は、水辺には、睡蓮の花、ムジナ藻の花・・・いろんな花が咲いております。

皆さんは、獺と鼬、狢の違いが分ります?昔ならば、この辺に出没したであろう動物ですが、悪さをするでもなく、消えてしまいました=絶滅と言いますが。区の郷土博物室の資料によると、縄文時代の土器がたくさん出土している地区たそうで、この辺、そんな時代から、開けていたんですね〜。

哀しい、恋の物語もあったそうで、万葉集に、東歌として、記載されてるというのですから、まんざらでもないんですよ・・川向こうは、台地になってまして、『国分寺』の地です。

今では、地盤沈下で、堤防決壊、スーパー堤防建設で全国的に、注目の地、話題の地・・・ダムは止める時代に、スーパー堤防の提案・・・もめる町造り? 輪中の知恵、「薩摩義士」という名の焼酎があるのですがネ・・・昔を訪ねれば、よい知恵、出るんですけれども、何でもかんでも、科学万能で推し進めると、メキシコ湾の海底油田事故・・・ハリケーンで、噴出された原油、アメリカ中に撒き散らされたら・・・誰が、責任取るのやら?

鶏小屋に鼬を放し入れるは、朱鷺の小屋に、白テンを招き入れるが如し・・・鳩の小屋から追い出された鼬の喩え?心、おだやかに収まる日は遠い・・西洋では、鼬=ペットなのにね〜。

もうすぐ、新曲が発表されます

youtube 雨秋桜 MAKIKO で、検索していただけますと・・・東辺僕のカラオケのお師匠さん、MAKIKO先生の歌、無料にて練習できます。先生の歌、他にもありまして、歌いやすくて、デュエットもできますのは、名曲は、『空港物語』です。

田中真希子の、真希子でして、真希子で検索すると、いろんな真希子さんが出てきますので、雨秋桜 MAKIKO か、空港物語 MAKIKO。

普段着の、カラオケ教室ですので、ぜひ、PCで、練習してください。テレサテン、知らない人は、知らないんですけど、彼女の歌っていた歌もMAKIKOで唄えます・・・それに、釜山港も上手なんですよ・・・ま〜カラオケの、先生ですからね・・・なんでもござれ。

新曲の鎌倉慕情という曲・・・ご当地ソング?作詞が、津田雅道、作曲 柴田一則。唄うは、MAKIKO先生・・・先生は、おかしか・・・新人もおかしいが、カラオケの歌姫、これも・・・苗字は、ナンだったけ?その辺のところは、詮索しない!

①鎌倉流鏑馬 的射る春は・・・
②鎌倉五山に 新緑もえて・・・
③鎌倉かがり火 闇夜をこがす・・・

春、夏、秋ときて・・・女心の切なさを・・・なかなかに、いい感じです。MAKIKO先生、がんばって〜!鎌倉観光協会とか、街ごとに応援を、お願いたしますが、やっぱり、一人、一人の応援がたいせつですので、酒楽亭といたしまして、まずはポスターですか、出来上がりを待ちまして、貼り出しいたしましょう・・・CDできましたら、希望者諸君、カラオケ会、お教室に行きましょう。

計画も、いろいろ練られているようですが、7月3日[土)18時〜大船:ぺるる にて「七夕祭り」がありますので、ここで、発表予定なのかな?

故:吉岡治さんの、お葬式には出かけたそうですが、業界人ですからね〜、お仕事なんですよ、お葬式に出るのも・・・顔広いといえば広いんですけどもネ。女心の切なさやら、情念でしょうか?(東辺僕には、まだ、分らないのですがネ)、吉岡演歌。

伊豆のあの歌・・・石川小百合ちゃんの歌、なかなか、お上手・・・千代子の鳳仙花もなかなかでしたよ・・贔屓ですからね、みんな良い!!つられて、東辺僕も歌ちゃいましたよ・・・吉岡演歌。

そんなこんだで・・・新曲の準備、着々と進んでおりますので、よろしくお願いいたします! youtube で、二ノ宮真希子を検索してくださいね・・・雨秋桜 MAKIKO または 空港物語 MAKIKO

駅前で、おでんと焼酎で、「反省会?」、大船からの、帰りは、湘南ライナー『高崎行き』・・・早かったです、新宿まで。飲んだ焼酎は、今話題の、「知心剣」、売り出しの麦焼酎。新聞によりますと、芋焼酎が、麦を追い越したとかです。でも、この、口蹄疫騒ぎは、宮崎から、鹿児島へ広がりまして、何しろ、ウイルスですから、見えないんですからネ・・・まだまだ、心配です。

(何故か、『新上海難』が、「空港物語」の右端に出てきます・・・カウントがすごいのですが、ご興味有れば聞いてみてください。)

南アフリカワインで、乾杯!!

南アフリカでのサッカー・ワールドカップ、アフリカ大陸を揺るがしております・・・工事の遅れだとか、インフラの不備とかで、一次は、危ぶまれていましたが、選手団も到着、いよいよ、マンデラさんが、会場に現れる・・・世界が注目しています。

・・・金やダイヤモンドの鉱物資源に恵まれた国、アパルトヘイトの国から91年、関連法の撤廃と94年には、選挙で黒人大統領が選出され、「白いアフリカ人」とも共存している国・・・まだまだ、多難な南アフリカ共和国。これから、まだまだ、発展する南アフリカ・・・東辺僕、若いとき、マグロ船でケープに行く夢を見た・・・今時の若者よ、大地は君を必要としている?!

日本の、3倍の面積(122万平方キロ)強あり、人口=5000万人位(?)・・・広い国でしょう。それに、野生動物のパラダイスなんですよ・・・バッファロウ、ライオン、ヒョウ、ゾウ、サイが紙幣に描かれてます・・・海には、シーラカンスもいたりしてネ。

ワイン生産に適した、土壌、気候の為、およそ、600近いワイナリーがあり、ワイン生産業者団体の統計によれば、2007年の生産量は、世界第9位だそうですから、日本にも、年々普及してきています。酒楽亭のお取引先、JSR社ワイン部さんから、現地、ワイナリーのホームページをご紹介いただきました。(和訳付き)

http://arabellawines.com/
http://www.jordanwines.com
http://www.meerlust.co.za
http://www.mooiplaas.co.za

この機会に、南アフリカワインを飲んでみたいな〜と思われる方、是非、ご連絡ください・・・今回、味見用に、定価の10%割引にて、期間限定にてサービスいたしますので、ご注文お待ちしております。

酒楽亭では、お試し赤、白ワイン各3杯セットで3000円でご提供・・容量は・・・今、計算しています、75ml、65ml、50ml・・・お祭りだから、75mlで、まーいいか!!ハッピータイム17:00〜20:00迄。つまみは、乾燥果物の盛り合わせ・・・本邦初公開、驚嘆すべし、南アフリカの果実。各種類、一袋、500円。

(ブラジルかな〜スペインかな〜アルゼンチンかな〜日本は、どこまでゆけるかな〜・・・東辺僕の心配は尽きません。)

ページ上部へ