ホーム>ブログ>2010年4月

2010年4月

エリカ・・人の不幸は、売れるかも?

エリカ騒動とは何か?そんなに、どうして騒ぐのか、よく分りませんけど・・・この世界、よく分らないですね?

女性の世界では、この騒ぎ・・・結婚、離婚と、ナンなのでしょうか?芸能界というのは、分らない世界です・・・24歳と、45歳の結婚の話からして、20歳もの年の差、それこそ、年の差なんて愛あれば乗り越えられる・・・すぐに、破局・・・「キモイ」などといわれても、離婚届けは出されないものか?結婚と言うのは、離婚と言うのは、タレントを売り出すための、猿廻し行為?

歌の世界では、「またきみを好きになれる・・心から」とか「まだ君に恋してる」などという、歌詞がうたわれ、昼のテレビでも、歌手が興奮ぎみに歌唱指導・・・歌うには、難しいが、聞いてる分には心地よい。

24歳の門出には、多くのブレーンがいて、ああでもない、こうでもない・・・新人を売り出すために、寄って集って大騒ぎ・・・近寄らないほうが良い。芸能界の分らない世界。

先夜も、年頃の女の子をお持ちのお客さん、「結婚観が違ってきたんでしょうかね?」テレビのお陰で、人の不幸を笑いながら見て、化粧品の宣伝に出てくる美人・・・あーあー、そうそう、離婚したんだ〜・・・見てくれ綺麗だけど、心はズタズタだ。それでも、私、綺麗?といわれたんでは、見ているほうがやりきれない。スポンサーも、評判、悪くなりませんか?一時的に、売れれば良い?

美人の定義は、難しく、気立ての優しい子であれば、よろしいので、最近は、皆,痩せてしまって、太めの足腰が少ない・・・骨盤が発達していないと子沢山ではなくなります? タラチネどころか、やたらと胸を強調するし、ホルスタインではないので、赤ちゃんに、お乳を飲ませられれば良いのでね〜。

仕事も出来て、子育ても出来てとは、難しいことを要求される身になれば大変な事ですが、何事も、男の身勝手のところもあるので、「男の見定め」も必要・・・3Kでなくてはいけない条件もわかる気がするが、2K+kでも良くないですか?  

30年もたてば、「君の寝息に・・・」と唄えるのですから。寝息ならば我慢もするが、いびき+歯軋り+寝言+オナラは我慢できないとしても、いやなら隣の部屋で寝れば良い・・・お父さんの稼ぎで、広い家も変えた事だしネ

先夜も、お父さんこぼす事、こぼす事・・・広島と、萩に旅行に行ってきた・・・愉しかったし、奥さん、広島原爆記念館で、涙流すし、萩は、綺麗な町ですね〜でも、夜は、大騒動だったそうです?
鼾が煩くて眠れないと言うことで、怒っていた・・・いつも、部屋別々でで寝ているもんで・・・「仲、睦まじいですね〜、ご馳走様」などと話してると、隣からは、「萩に行かれたならば、松下村塾に行かれましたか?私は、7回も行ってます!」

突然の、参加で、それからが長い・・・同じ世代だからこそ、会社勤めも終わり、子育て終了、孫の世話・・・これから、年金で愉しく生活・・・父、母の介護も出てくるので、「酒楽亭」のお客さんも、日本社会の縮図なんですね。

広島の次には、長崎に、知覧に沖縄にと計画があるようでしたし・・・松下村塾の吾人は、次回の機会あれば、奥さんと萩に行きたいものと話しておりました。この連休、みなさん、いろいろとお出かけのご様子・・・幹事長さん、奥さんとオランダにチューリップ実に行かれてます・・・ご隠居さん?近場の、天神さんとか、根津権現の躑躅観に行くとか行ってました。

『旅行』は良いですよ。そうそう、犬のcindyちゃんの飼主さんから、パリ⇒ミラノ⇒モナコに着いたと、mailがありました。何せ、KRUGさんのご招待だそうで、大変な歓待を受けているようです。日本に帰ってくるんでしょうかね? 火山の影響は?帰ってからが、大変ですね?(関心ある方は krug を検索してみてくださいネ!)

「エリカ」というスペインワイン売ってましたが・・・今も在庫あれば、売れますかね?エリカさんに、買い占めてもらってですよ〜離婚の記者会見場で、ユリ事務所の皆さんにお手伝いしていただき、お配りいただく、新製品発表の記者会見の時のようにです!?

またか」と まだか」の違い

春の花、白い花が咲いてた・・・はなみずき=花見月を最近見かけるようになったが、少し色ずいている花のほうが好いな〜。

朝から、テレビで、カラオケ教室を開いていておりましたが・・・久々の大ヒットだそうで、呼ばれた歌手も興奮気味。またか」と まだか」 の違いについて作詞の違いが分らないのですが、君の寝息」とか、また君を好きになれる、心から」とくる。
好きだ、好きだ・・のようだが、世の中、そんなに甘くない・・・話題は、今、エリカ。

24歳と45歳の歳の差は20歳。+3歳、女性の場合いはとしても、なるべくして、落ち着いたようで、それなら、世間を騒がせることなく・・・いや、いや、世間を騒がせるのが、彼らのお仕事か?それとも、心底、愛し合い、嫌いに為ってしまったのか?「キモイ」といわれてまで、45歳、未練がましくないかい?

長く、いろんな人生があり、寝息まで好きだなんていわれるのは、とても東辺僕には羨ましいのですが、寝息=いびき=歯軋り=オナラとくれば、広い家では、夫婦別室、狭い家なら、狭いなりに工夫してください。

どうも、最近の風情として、我慢をしない・・・いやなら、いやだと最初から、言えば良いのに、結婚してから、分かれる、切れると言い出す有様・・・元の19に戻れるでもでもないし、分別あるような事言うのではないのですが、『この世界』=「芸能界」を一般社会の物差しと一緒にしないで欲しいですね。あの世の世界と、この世の世界?  女は、男を、足蹴にして大きくなるのか?それとも、「合意」の演出か?どうも、その筋書きかな?

美人は、短命なのですから、共有財産として扱い、選ばれし集団として扱ったらドンナモンでしょうかね〜? 美女印の基準が分りませんがネ。自分より綺麗な者が美人であれば、世の中、投票してみたら良いですよ。庶民派としては、誰が良いですかね?

人、それぞれだから・・・子供に人気ある「お母さんにしたい人は?」も一つの基準。この間、話題になりましたが、「自分の母です」いうのは少ないようですよ・・母の日を前に一言、二言いいたくなります。

お尻が大きくて、乳が大きいのが美人の時代・・・日本にも、縄文時代にありました。その後、神代の時代、出雲大社には、当時の美人画が現存していますし、気品がありますよね? タラチネとは、母の枕詞、万葉時代はそれでよかったがね〜。

律令時代になると、男=(貴人)、百済人に生ませ子の養育について、財産分与についての判例が出ているのですから、古今東西、男の身勝手については厳しいのですネ。現代は、女の身勝手がまかり通る・・・裏には、莫大なお金が流れていそうです。

法律的には、離婚は、いろいろと難しいですよ・・・簡単だと言う人もおりますが、東辺僕は、三行半は受けても、書面には印を押した事はないもので、この長命の日本は・・・何処へ行くの心です。

お客さんの、一人に、「お父さんの鼾が煩いと言われて、別室で寝ている」と言う人がおりますが・・・連休前に、広島ー萩方面に旅行に行ってきたと言うお土産話を聞かせていただきました。その時・・・夫婦同室・・・仲良い旅行が、大変だったと、のろけておりましたヨ。

隣で、一人の紳士、「どうして、松下村塾に行かなかったのか!」と嘆いていましたが、今時のコース旅行は、広島で涙し、長崎で涙し、鹿児島で涙し、沖縄で涙するのが、流行なんでは? 「海軍だったんだろう、君の父親は・・どうして、江田島に寄らないんだ!」。酔いに任せての初老お二人、昔を懐かしみながら、焼酎党と日本酒党の論議はついに噛み合わず、時間となりました。

二人とも、良い奥さんと連れ添って幸せではありませんか。お店に、奥さんもお連れになったら・・・ワインの良いのありますので、サービスさせていただきますよ。つまみは、チーズでどうでしょうか? スペインワインでエリカ、あるんでよ!?

プレゼント・・・届きましたか?

4月のプレゼントは、日本酒=純米大吟醸酒でしたが、プレゼント、当選者さんには届きましたか?え!もう飲んでしまわれたんですか? 28日が満月ですのでネ〜何時飲んでもかまいませんが、一晩位は冷蔵庫で冷やしておいてから、オモムロニ封を切る・・・待ちきれずにね〜当選した方の自由ですものね。

値段がいい=高い、高級酒ですので、2名+2名=4名でしたから、管理人さん、ご苦労したようでした。外れてしまわれた方、本当に残念でした。同じ島根のお酒なのに、好みが別れたようです・・・当選者の方、おめでとうございます。

5月はチリワインですので、頑張って応募してください。応募の仕方も、工夫いたしまして、パチパチと打ち込むだけにいたしました・・・簡単になりましたので、皆さん、参加してくださいネ。
どちらの地方からの応募があるのか、今まで、遠くは関西方面、北関東・・・まだ、九州、四国、北海道の人からはありませんが、『酒楽亭』への応援歌だと思っております。

お友達にも、ご紹介していただきたいのです・・・漢字変換ですと
酒楽亭・・・でも・・・shurakutei でも、検索できるんですよ!
当たるも、当たらぬも、応募してみないとわかりません〜焼酎は問屋さんが出してくれてますので、そちらをご紹介いております・・・焼酎紀行・・・問屋さんの事ですので、いつも12本ぐらいのプレゼントです。

皆さん、気が付いてくれたでしょうか?  ブログですが、勝手気ままに言いたいことを書いていますのが⇒「オヤジのひとり言」・・・宣伝が多いのが⇒「亭主のひとりごち」・・・新参加なんですが、写真が多いので、好評です⇒「ポチの散歩」。

人気があるのが・・・ポチですかね〜結構、お友達から、写真お見合い?が来るんですよ・・・先日も、ご主人様が、12日間もパリ〜ミラノに旅行されるというので、ホテル住まいになってしまったcindyちゃんから・・・人間は、本当に、身勝手ですよね。愛犬を人に預けて海外旅行だなんてネ・・・お仕事じゃ、仕方ないか?酒楽亭で預かっても良かったんですけども、そんなことし始めると、ドーベルマンなんかも「預かって!」なんて来たりしてね?

ポチは、放棄犬になってしまいましたものの・・・いまは、常連さんの家に遊びに行ってますが、いろんなところに連れて行ってもらい、犬の割には、楽しんでいるようですよ・・・ポチが本当の名かどうか分りませんが、元の飼主が現れる頃には、テレビに出てくる『ジロー』みたいに、人間化されてしまわれてるんでしょうかね・・・最近、アイスランドに行ったり、三菱村の美術館に現れたり、さてさて、今度はどの辺に連れて行ってもらうんでしょうか?

どうぞ、皆さんもご注目お願いいたします。

連休で、まだ宿泊先決まらない方は・・・shurakutei から、宿泊ご案内を見てください・・・山、海とも、寒いようですが、この連休は1000円で行かれる高速道路最後ですよ!! 

酒楽亭も、2、3、4、5と休みです・・・都心のデパートめぐりでもいたしますか・・・デパ地下巡り?催事場巡りなんか、入場料なし・・・都心の、地方館も良いですね・・・散歩がてらに飲み歩きますか?

これからは、健康一番で行きましょう

メタボ対策、成人病、動脈硬化、糖尿病・・・なんといっても、今は話題が、健康問題。酒飲みの、東辺僕でさえも、「最近、太ったかな?」と、店の体重計に乗っては,計る毎日です・・・血圧計も、買い込みまして、「店」の常備品なんです。

お酒=アルコールを飲んでから、常連さんは勿論の事、一元さんまで面白がって、計っています。気持ちの持ち方ですが、皆さん、十分に、高血圧のメーターに上昇しております。

遊んでは、いけませんけど、何せ、東辺僕が高血圧症ですので、近所の医院の先生から、「黄色」カードを出されていまして、お酒は飲みすぎてはいけないと・・・控えておりますのですが、先生に血圧を調べられると、嘘は、すぐ、バレてしまいます。

何かといっては、飲んでしまうのが、嘘つきの飲んべいさん、少し飲んだ=1本・・・何で1本=1升瓶で・・これでは、体もちません・・・どこかかしこ、悪くなりますよ。

そこで、皆さん・・・酒楽亭=shurakutei では、リンクいたしますと、健康問題についての欄を開く事ができます。遊びに来てください。

なーに、2日に、3日に飲む日を決めて、だんだんと少なくする事、
ビールなら一日1本を、1日おき、2日おきにして、体のおもむくままには飲まない事・・・日本酒、焼酎、ワインも、同じ事です。

日記は、3日坊主の東辺僕、ならば、カレンダーに印をつけることにして、OXOXXXOOXXOOとして、なーに、この私に出来るのですから・・・タバコを先に止めるか、酒やめるか・・・それとも、人生止めるかの選択ですので、続けて見たらどうでしょうかネ〜。

健康博覧会というところから、ホームページを見るようにと、連絡mailがまいりました・・・皆さんも、ご覧ください。

http://www.this.ne.jp 業者向けですが、ご参考まで。

50年も使い続ければ、体だってオーバーホールは必要、まして、60年、65年、70年・・・昔で言うと、『仙人の境』への入り口ですから、「たちあがれ日本党」の精神力のように、怒らず、勘定に入れず、褒められもせずの心、穏やかな笑みをたたえて過ごしませんか? 

倒れちゃいけない日本党・・・あと30年もすれば、今の70歳は、100歳・・・その時に天下はめぐり、めぐって今の50歳のもの。
その頃には、2度目、3度目のチェンジの時代になっている、日本の人口地図を見れば、明白。元気で、その日を迎えましょう。

桜の後には皐月がいいですね〜

4時過ぎに、環状7号線を納品で車走らせておりましたら、東の空にうっすらと月が出ておりました・・・FM 横浜放送を聞いてましたんですが、夕焼けが綺麗に見える頃だと放送してましたので・・・月は東に陽は西に・・・暦を見ると、28日(水)が満月。

風が少し肌寒く感じるものの、4月も終わり近く、桜前線も、どんどん北上しておりますので、2階の洗濯干し場からも、公園の木々が芽吹き、一日一日と緑の葉が成長するのが分ります。

最近は、酒楽亭の表紙写真にご注目いただきたいのですが・・・写真、変わりますのが早い事と、桃の木の花、桜、桜と雪を被った山並みなどと、なかなかに、管理人さん、サービスしてくれております・・・皆さんはどんな花がお好きですか?。東京ではビル並みばかりですが、辛夷の木、くるみの木、杏の木・・・今頃は、花の咲く頃ですので、もうこんな花が咲いている、季節を感じるのですが・・・銀座の柳は、ドンナモンでしょうか? 

山手線一周しますと、途中、駒込駅、これからの季節は、躑躅=つつじですね・・・駅下りて00公園に行きますと、皐月・・・ここの皐月は、見事です。5月連休には丁度良い具合ですかね〜日本庭園もありますのでネ〜心、静まります。

緑の綺麗な季節だと言うのに、日照不足だそうで、農家からは悲鳴やら嘆きが聞こえてきます・・・天気=お天道様の事は、人の力ではどうすることも出来ないと・・・田植えには、水ぬるむ季節でないといけませんので、苦労しますね〜。土の温度、暖かい空気・・・皆、太陽の力です。露地物だけでなく、ハウスものも日差しがなくては、温度だけではいけませんそうでね〜。

二の宮金次郎さんは、土の温度を、自分の唇で測ったそうですから・・・宮沢賢治さんは、オロオロと歩いたそうですから、気の早い人は、米の作況が心配になるところですが、日本だけでなく、世界の気候変動は、芋、ジャガイモ、葡萄、サトウキビ、とうもろこし・・・酒の原料ばかりに心配している東変僕です。

梅酒・・・小田原では、梅の実が育たず梅の実不足だそうで、他所はどうなんでしょうか?早く梅の実、市場=店頭にでてこないかと心配しています。

筍の物、今が旬・・・ワカメもいいですね。かつをもそろそろ、いいのでは・・・桜鯛なんて最高ですね。旬が狂いますと、困りますネ〜日本人だから、旬を感じられないとは、嘆かわしいです。芽吹く命をいただくということですか。

そういえば、柏餅、チマキ・・・桜餅に引き続いては、一番の出番。和菓子、日本の風情、季節感、大切にしたいですよね。昨日も、行きつけの鮨屋の板さん、高血圧症で、調子悪いとか・・・お茶とあんころ餅ともいえず、青汁が良いのではとの話が弾み、本人、酒の飲みすぎ=毎日飲んでるようなので、それを2日に、3日にとすればよいのですがネ〜、仕事柄そうもゆかず、苦労しますネ。

酒屋は、味見程度にしておかないと、酒で身が滅びてしまいますが、飲食業に携わる方は、逆にストレスも大きいので、お酒、ホドホドにしませんとね。

田植え、畑仕事が良いのですが・・・都心ではそんな贅沢できませんのでね〜東辺僕のように、昼休みに、2階の物干場で昼寝するとか、その後、水泳、サウナとかに入り、夜に備える。

車屋さんの営業さん、「いつもの焼酎セットのご注文」いただきました・・・芋、麦の混載で地元のつまみ3種類付き・・・12本で12000円。自分家飲みのセット販売です・・・好評なんです。酒楽亭は、酒(日本酒、焼酎、ワイン、リキュールetc)も飲めるし、販売も出来るので、味見程度に飲んだ後、気に入った銘柄を買う事もできるのです???  免許上の条件の活用なんですよ!

「オヤジのひとり言」の愛読者の方に、こっそりとお教えいたしますので、是非、お試しください。但し、飲み過ぎない事を、お約束ください・・・何しろ、3本、6本、12本と好きな本数で手元に送られます、飲むのには、とても「強い意志」の自制がないといけません。奥さんに、恋人に、娘さんや、息子さんに恨まれたくはないのです・・・アルコール依存症になりませんように!

エコ・タクシー

東京・丸の内にオープンした美術館にマネの絵を見に行きました。入り口の前に止まっていたエコ・タクシー、その日だけ特別無料というのでポチも一緒に乗っちゃいました!

2010042601.jpg2010042602.jpg2010042603.jpg

山形のお酒、美味しかった〜!

山形県 新酒歓評会で、美味しいお酒を沢山飲んでまいりました。
山形だけでなく、今年の金賞を狙う、全国各地の大吟醸酒も参加してですので、東辺僕も少々飲みすぎたかな? テーブルには、千代壽、菊勇、山形正宗、上喜元・・・それに、仕込み水 十四代。

今回は、着席で会費7000円ですので、落ち着いて飲めるかな?19:00〜20:45までですので、元取れるかなと卑しい下心で参加したのです。勉強の為とはいえ、愉しい勉強です。ホテルの料理を頂きながら、各ブースに展示された好みのお酒、あれこれと味見が出来るのですから、あっという間に、人の山。

300人の予定が、340人と言うのですから、主催者もテンテコマイノ忙しさ・・・I部は、利き酒だけで400名だそうで、それだけ、関心が高い『山形の日本酒』。現在56社の蔵元、オリジナル酒米=出羽燦燦を原料として、精米歩合40%の「山形讃香」を統一ブランド品として、純米大吟醸酒を造り出している。研究心と、努力が認められて「山形の酒」がある=「研磨努力」・・・山形は燃えている。

山形の酒、その美味さの秘密は?・・酒の評論家の先達、篠田次郎氏は、「・・・山形県の吟醸酒がどうしてそれほどいいのか、あるいはよくなったか、それは山形県の酒蔵が吟醸酒の特性を理解したからだとおもわれる。その特性とは、飲み手とのコミュニケーションである。・・・山形県の吟醸酒は、品評会でも好成績である。飲み手をしっかり意識して酒を造っている。技術の高さの上に、市場原理を踏まえ・・・」と言う。

紅花商人の魂が、今も息ついているのではないだろうか?黄色の紅花が、「和紅」として、1700キロも離れた都、京都まで運ばれ、山形=出羽商人、酒田の港・・・酒と田んぼの交易で栄えたのだから、さもありなん。鹿児島=薩摩の藩財政を建て直した、山形屋源衛門・・・焼酎でもいい味出してますが、ヤマガタヤ〜!

江戸時代になると・・・紅屋はコーセー化粧品?・・・美と酒が、ここで結ばれた!最近は、酒を絞った後に出る「酒糟」を、化粧品に利用するそうであるが、日本酒は、飲んで良し、肌に良しで本当に良いものですね。料理にも善しだから、見直しを皆でしないといけませんかね〜。

6月17日には、佐賀の酒の会があります。12日に、今先ほど、案内が来ましたが、『日本の酒メッセ』ですか。新しい、動きですね。

日本一大きい,SAKE FAIR2010 が6月16日(水)池袋サンシャインシテーで開かれます。この催事は、日本酒造組合中央会と独立行政法人酒類総合研究所の主催・・・中途半端じゃないから、人も多ければ、出展される日本酒も半端じゃないので、心して参加しないとネ。http://www.japansake.or.jp

紅と酒、男と女の心を捕らえた山形屋は、これからも、目を離せないですね。  五月雨や流れて早し最上河・・・一句できた〜え盗作?四月雨=ウズキ雨季節はずれの最上河 では如何?

朝三暮四はいただけない

朝令暮改は別に気にもならないが、朝三暮四はいただけない。

誰も、1000円が良いなどといっていないし、ダダが良いとも言ってはいない・・・約束が違わないか?高すぎないか?とはいった覚えはあるが。暫くは、静かにしていたのに、なんと新しい案は・・・これでは値上げ!しかも、以前の思案がそのままではないか?国民を、馬鹿にしてないか?

道路も高く、ガソリンも高いのでは、それは困る。ガソリンが、50ドル、60,70・・・なんと、いまや80ドルだそうで、資源不足は30年も前から囁かされていたのだから、『無策』。やっと、新しい車が開発されたというのに、アメリカから横槍が入るという事態が起き、残念・・まだ、解決策は見出せていない。

これから、大型連休が始まろうとしているので、『高速代金』については関心が高い。物流費については、安いほうが良いが、ただはないだろう・・・今の二分の一、三分の一・・・されば、30%は安くしてもらいたい。それでなくとも、いろいろ取りざたされているのだから、『安く』するのが必要ではないか? 『公約違反』にならないようにしないといけない・・・国民との約束だから。

朝令暮改は、政治の知恵だが、朝三暮四では、まるで我々は猿か?

そんな事していたら、せっかくのチャンジも台無しではないか。嫌われ者の小沢さんの一言で、この人が、孝行爺さんに大変身してしまった! この調子だと、辺野古問題もどう進展するか?

今更の事で、「なにをかいわん」で、皆さん落としどころを伝えようともしない、新たに『基地反対』騒動など起こらないが良いに決まっている・・が、不安情勢も見え隠れしているのだから、困ったものだ。経済不安が政治不安になり、一体、日本は何処へ行く?

酒を飲みながら、愚痴を聞く身になって欲しいものだ・・・鳩山喫茶では、ノン・アルコールだそうだが、夜は、やってないの?酒楽亭のお客さん、かなり厳しい意見ですよ・・・食堂『幸』なんかを、開店したら良いんですよ。超一等地の首相官邸?,公邸?で30人でも、50,100人でも良いから抽選で新橋界隈のオジサンたちを集めて民意をお聞きになったら如何・・・「酔い=良い案」がすぐ出来上がりますよ!

それにしても、中国4000年の歴史の中から生まれた故事ですからネ〜、現在まで続いているんですよ・・・朝三暮四で事を済まそうなどとは許せません。識者不在とは情けない日本になってしまったものだ・・・外国の新聞にあほーと書かれても、選んだのは、そこに住んでいる日本国民・・・現実は、本当に厳しいのです。

新しい、美術館が出来ました。

日曜日の午後は、命の洗濯日だから、気張って出かけました。三菱一号館美術館に・・・東京丸の内。この界隈には、新しいモダーンな高層ビルが立ち並び、今でも建築中でして、東京のド真ん中、静かに街が出来上がります。

オブジェがいろいろとありまして、街の隅々、歩いていて、楽しいです・・・それに、最近になって、赤レンガの建築物が復活して、美術館として、活用されているんです。お披露目で、「近代絵画の創始者・・マネの全貌」展。4月6日(火)〜7月25日(日)。

ランチ時間でしたので、快良い陽を浴びながら庭でオムライスを頂きました・・・赤ワインをグラスで1盃。少し、アルコール臭くなりましたが、昼の赤ワインは良いものだと、自己納得しながら・・・館内は、開設したばかりの香り、レンガの館、贅沢ですね。

展示は、マネです・・・1832-1883。当時のパリ、都市として変貌して行く様を描き、油彩、素描、版画、写真など80点あまりを出展、貴重な美術展です。酒楽亭のオヤジとしては、「ラチュイユ親父の店」などはいささか身につまされるものがありましたヨ。美術鑑賞の一時と散歩の時間、良いものですね〜。

http://mimt.jp/ または、http://www.marunouchi.com/brick/
パリコンミユーンの版画、マネだったんですか?良くぞ、描き残してくれました。記録には、食料がなくなり、困窮したパリ市民は、動物園の動物を食べたんですよ。その時の「動物園のメニュー」が残っていますが、当時から、パリの人は、美食家だったんですね?ライオンやら、象なんかも食べた・・・ソースもちゃんと作りました。飲んだワインの記録あります。でも、皆さん、反逆罪で処刑されてしまいました。パリのど真ん中に埋められました・・・そんな版画も展示されてましたヨ。

帰りには、少し頑張って、日本橋まで歩き、ブラリブラリ、暇に任せてmandarin oriental tokyo の天空バーにお立ち寄り。ここからの眺めは、今建設中の東京スカイツリーを下に見て、満足のゆく気分、関東一円絶景かな〜の気分です。満足、満足。一日の交通費500円の旅でした。  www.nandarinoriental.co.jp/tokyo 

次は・・・そうだ、藤の花を見に行こう!映画を見ての帰りかな?
お客さん相手の商売だから、流行りに敏感でないといけね〜や。すると、タワーが真近に見えるという、ロッテホテルに行かないと。

トイレの神様は美人って、本当?

軽快な音楽が流れてきた・・・この歌、いいな〜。おばあちゃんを偲んだ歌・・「トイレには、神さんがいるんやで〜」、へんてこな歌だが、うん〜優しい歌だな〜。でも、おばちゃんが死んでしまうんだな〜これは、悲しい歌なんだ?次には、ハッピーな歌、作ってくださいね・・・久しぶりのいい歌ですね〜。

最近の歌で、お葬式の歌、お墓の歌とか、彼岸の歌だとか・・・なんか、「死」をテーマとする歌が流行るのかな? 死んでしまった人を、思い偲ぶ歌・・・ナンでなんだろう?

人間生活の中で、「死」と言うものがある事を感じるのは、お爺さん、お婆さんの死であるのだが、10歳くらいの頃かな〜。叔母さん、伯父さんときて、父、母と来ると、40〜50歳・・・先輩、同期となり、身の回りとも為ると、自分も60〜70歳か?

平均寿命が伸びているのですが、「長寿の沖縄」は、返還後、男性の寿命が短くなった・・・どうしてかは、研究発表?されてないのですがネ〜、やはりストレスですかね。今、「長寿記録の徳之島」では、降って沸いたような話で、島中が大騒ぎだそうですが・・・基地を何処に持ってゆけば良いのでしょうか?国外、アメリカにお持ち帰り・・・グアム、テニアン、サイパン?

民意であれば、「60年以上も基地がある沖縄」の事を考え、その痛みを、一番理解できる奄美の伯父さん、叔母さんが「引受人」と為ってくれるのがよいように見えるんですが・・・沖縄は、地勢学上、とても大切な=キーポイント=ストーン。無人島は近くにないものでしょうか・・それでは、海兵隊さん、ロボット?

琉球諸島というか西南諸島の生い立ちは、白亜紀の水陸分布から第四紀第三氷河期の遡る。阿蘇山、霧島山を中心に、朝鮮半島に、琉球列島に造山弧がつらなっている。アメリカ東インド艦隊司令長官ペリーが浦賀に来航したのが1853年6月3日・・・それに前後して、琉球には強制立ち寄りを何回もしている。ペリーさん、沖縄をとても気に入ったんですね。イギリス、フランスは香港、上海辺りに来ていた。ロシアのプチャーチンは、長崎に来ていましたよ。

海兵隊が「有事のときには日本を守る」と言ってくれているのですが・・・本当に信じておりますが、日本はアメリカが守ってくれるという事・・・誰から? そろそろ、自立したらと言う人達もおります? 65年も・・・これから、あと何年?(香港は99年の契約)

4月1日、火蓋は切られ・・・4月28日、5月15日、6月23日。今となっては、どちらでも良いのですが、忘れたくても、忘れられない日が毎年やってくるのは、沖縄の人達にだけではないのでは・・・沖縄密約はあったのに、認めないとは嘆かわしい。英霊と祭られ、鬼となった魂も、風となって故郷に抱かれ静かに眠る。思い出は、夢の中・・・みんな、夢見る人の、夢の中。35年で土に返り、60年、65年では何処に帰えれる?

何処に持ってゆけばよいかではなく、どうすればよいのかを話し合わない事には、問題は進まない・・・ジュゴンが安心して繁殖できる海は、爆音のない海、基地のない海、戦争のない世界。民意はチェンジを望んでいるし、その行方は・・・最終的に民意に戻る。

お婆ちゃんは、病院でなくなったそうで、優しかったお婆ちゃんの思い出の歌・・・そうですか・・・先に逝ったお爺ちゃんも優しかったんでしょうね・・・90-65=25ですからね。お婆ちゃんも、大変な、昭和の時代を過ごされたんですね。やさしい、お孫さんがいて、幸せでしたよね、きっと。

ページ上部へ