ホーム>ブログ>2010年1月

2010年1月

店に、ポチしかいないのは何故?

1月のプレゼント、ご応募、有り難うございます・・・29日か30日にはお届けできますように、配達をしております。厳選なる抽選にて、多数の応募者の中から、選ばれました方、お幸せです。

洒落た名前で、「ピンクのスーツさん」、「ひろえもん太郎さん」、「千代長寿の会の幹事さん」、「そのまんま久美子さん」、・・・皆さん、目立とうという作戦ですか? 酒楽亭、西=大阪、東=栃木あたりまで、広く読まれているようで、プレゼントのファーンは段々と、増えているようです。2月も、楽しい、計画しておりますので、みなさん、参加してくださいね。

吟醸酒=A、純米吟醸酒=B・・・Aに応募者が多くて、管理人さんが苦労しまして、白髪が1本増えましたとこぼしていましたよ。デザイン=絵柄で見ますと、どちらも良いので、皆さんも、応募にご苦労されたかと存じますが、次回も、楽しみにしてください。大吟醸酒ですよ!!

「遷都1300年祭」、公式ホームページを見てくださいね。遷都?って、分りますよね・・・東京の方、日本橋のMデパートの向い側に、奈良物産店がありますので、お立ち寄りください・・・島根物産店の隣です。出雲と奈良、面倒見てください。

斟酌しながら、泡盛をメニューに入れたんですけど、なんだかネ〜黒糖焼酎も出したほうがいいんですかね・・・奄美の徳之島は、長寿の島として、有名ですのに、「基地を沖縄だけに押し付けるのは忍びない・・・」、奄美も沖縄も、親戚だからかな?

宇宙から見ればですよ、地上10cmの金属でさえ識別できるし、無人偵察機の開発は、日進月歩だというではありませんか・・・ヘリコプター基地がはたして必要なんですかね〜。東アジアの平和の為にとは言うものの、極東、東アジアの地域はどの辺ですか?

鳩山さん、今日の国会演説でも、解決は、5月と言い切りました。沖縄の、民意としての選挙は続き、11月には、民意の最終結果として沖縄知事選挙があります。沖縄が、みなさん、反対だったら?

泡盛・・安くなりました・・今まで店頭価格、1200円=900ml⇒880円。タイ米の仕入れの関係ですかね〜?  ならば、泡盛を店で売り出しましょう。でも、泡盛はすぐに、酔いが廻りますので、お気をつけてください。マッコリと紹興酒も急遽メニューに載せますかね。

酒楽亭=空想、幻想、妄想の店ですから、仙人修行中の東辺僕、臨機応変に対応できますです。最近は、、ポチもいるんですのに、若女将、いない、いない・・・時給高いから、いないんです。

つまみ=肴を考えないと・・・問屋さんの、ホームページ、「焼酎紀行」に聞かないと案が出ない・・忙しくなってきました。(奈良漬で済まそうと思ってたのに、鹿の肉も、買いに行かないと。近くにあるんですよ!猪、鹿、蝶で、ツキダシニしますか!)

泡盛飲んでます

皆さんのところには、「000社のOOと申します。」と電話かかって来ません?・・・たいていは、セールスなんですが、最近は、こちらの名前を知っています。とても懐かしそうに声をかけてきますので、ついつい、返事をしてしまいます。

「声の質感」を感じることが出来ますので、仙人修行の段に入りました東辺僕としては、無下に電話を切るのは、相手に対して忍びきれず、「ハイ、、、ハイ・・そうですか」とアイノテを差し伸べてしまうのです。だいたい、この手の電話は、自分の言いたいことを言い切るまでは、こちらの判断を聞いてくれませんからネ。

優柔不断ですが、心の中では、早く電話を切る事を考えているのです。でも、切り方がありますよね・・・相手は、電話番号を手元に置きながら、順番にかけているのです・・・メモを取りながらかけているに違いないのです。其れに、その後には、『百戦錬磨のプロ』がいるのです。

先方の言うことを、よく聞いてあげて、タイミングを見計らって、後味の悪くないように、理由=いろいろとあります・・電話をかけている人が、食いついてこないように・・・ところが、それでもなお食い下がる人、いますよね・・・本当に、困るんですがネ

丁寧に、お断りするのが一番ですね。今日も、出かける寸前に、電話がなりまして、知らない人、知らない会社、知らない用件の事で始まりました・・FXとか、銀行の外貨見立てとか言うんですよ・・知らないことで、何かといわれても、分りません・・。不動産の電話、少なくなりました・・名簿、一巡したんでしょうか。

丁度、にらめっこをしていたんですよ・・・朝から、変な動きをしています 126.47⇒ 126.44⇒ 126.19
ユーロが、急に動き出しました・・・どんどんと高くなっているんですよ。130円になったので、これからどうなるのか、気になり始めた矢先の事でした。

ワイン、安くなり始めてからは、逆に、売ることを躊躇・・・今日より、明日、明日よりあさってと安くなるんですから大変・・・お客さんには、為替変動で、仕入れ時より安くなりましたので、請求は、安くなります・・・$圏のワインも同じです。

目のある人は、この機会、逃すわけは無いのですが、コッチトラーは、目もなければ、金もない。静かに、この動き、見守るだけでして、奈落の底に吸い込まれないようにしないとね。「虎の子」差し出さないように、懐深くしまっておかないといけません!!

「天下、国家」いわれても、困りますし、「石油」をいわれても困ります・・・日本には無いことなので、東辺僕、せいぜい、沖縄=辺野古問題は、「これから、どうなるんでしょうネ〜」と、問われたお客さんと、泡盛飲みながら、他愛なくお付き合い。こういう時にこそ、ご隠居さん、来てくれるといいんですのに・・まだこないところを見ると、きっと、『小雪』さんの所で、良い思いをしてるんじゃないんでしょうかね〜?

「若い頃、ボトルを空にした事は、朝飯まえだった〜」「こんな、水の酒は、酒じゃない!」小雪さんを、困らせているんですよ。水割り2杯でクダまいてどうするんでしょうね・・・『酒飲まないと、いい人なんですけどね!』

春を感じるんですよ。

未来の先取りは出来ないものですが、それでも、1年、2年先の暦によって、月の動きや、潮の満干は時間まで分る。先が分れば、どう行動すればいいかが分るというもの。お先の見えない日本経済・・見えても、解決策が無いので、日本沈没か?粗鋼の生産低下は、下げ止まらずだそうですよ・・「鉄は国家なり」・・死語にしないためにも、若者に奮闘していただかないと・・酒楽亭のお酒で、元気出してください!レンコンの穴から見通す日本の明日。

1月に、2回も満月があり、24日初地蔵、東京巣鴨のとげぬき地蔵、25日亀戸天神鷽替え、初不動が28日・・目黒に行くには最適。東京の近場に足を向けて、冬の日差しも、そろそろ春です。

2月になれば、初午、笠間稲荷、3日、節分、4日立春とくれば、心も軽く、梅の花見・・・20日水戸の梅祭り、25日は京都北野天満宮梅花祭り。陽だまりでは、水仙も咲き、梅も咲く頃となる。気分が、明るくなる頃です。

ポチがきてからと言うもの、朝は早めに起き出しまして、新聞をひと読みいたしましてから、明るくなると、一緒に散歩に行きます。皆さん、朝、早いんですね〜いえいえ、東辺僕が、仕事柄遅いのですが、まだ寒いので、重装備で出かけるんですよ。ポチにも良いし、自分にもいいですね。あちら、こちらと遠征してます。

まだ、ポチを置き去りにした元彼?元彼女?の姿は見当たりませんが、暫くはこのまま、面倒を見ようと思っているんですよ・・・保健所に相談したりしないといけませんが、店のお客さんにも可愛がってもらってますので、ポチとしては、居心地よいと思います。

店の中には入れられませんので、我慢してもらっていますが・・・早いもので、1ヶ月、たちました。これから、季節代わりの時期、ポチも春風の香りをかぎだすと、ソワソワしだすのでしょうけど、
早く元の飼い主さんが現れてくれるといいですが、本当、どうしましょうかね・・・酒楽亭のポチになっちゃたりして。それも、いいですよね。

京橋ねこちゃん通り

2010012008.jpg

こんな通りがあったんですね!
東辺僕さんに頼んで『小岩わんちゃん通り』を作ってもらおう…

土佐のお酒には鰹のたたき

テレビ局も嬉しい悲鳴なのか、どうなのかは判断できないが、とにかく、今度の大河ドラマは、臭くてかなわない。演技力が素晴らしので、臭いがテレビから伝わる・・・そんな事は無いのだが、見ていて、とても絶えられない・・食事中なので!リアルすぎて!

週刊誌にも、書かれてしまい、岩崎弥太郎役と、竜馬役、どちらが主役やら、分らなくなってしまう。贔屓筋からは、「もう少し、何とかならないか」との、相談を受けているとか。それだけ、影響が大きいのだろう・・・視聴率が気になります。

駅前の、本屋、暇つぶしに立ち寄ってみたが、この時とばかりに、テレビドラマに関係する本が、並んでいるので、1冊買い求めました・・・PHP文庫・・・¥629円・・・暇つぶしには、丁度いい。其れに、『竜馬』は、何度読んでも良いのだが、年とともに、見方が少しずつ変わってきている。明治は、近くて遠い時代・・人物評価もいろいろですからね。

岩崎弥太郎・・・立石優著・・・2009・11・28初版だから、テレビドラマを見越しての出版か?東辺僕に関心のあったのは、やはり『いろは丸』事件。竜馬暗殺と同じように、闇の中のこの事件、時、同じくして、難解ナリや!?

いろは丸の積荷は、武器・弾薬であったとの事だし、この荷を諸藩に売りに行こうとした矢先の沈没事件。アポあったのかな?海難事故相手は、御三家の紀州の御用船、明光丸。算盤の弥太郎がはじき出した損害賠償金は、15〜8万両⇒手にしたのは、7万両。この交渉の間に、竜馬は暗殺されてしまう。賠償金を手にした、弥太郎は如何に?後藤象二郎、五代友厚なる人物も出てくるし、長崎土佐商会=海援隊、裏に控えるのは外国商社。(銃1丁=30両、1両=今の金額にして10万円)

『船中八策』は、竜馬の精神として、その後、大政奉還につながり、『五箇条の誓文』にも取り入れられるのだが、本人はもういない。ましてや、徳川慶喜が掲げた「討薩の表」により、鳥羽・伏見の火蓋は切られた・・・新、旧の装備の違いは、明らかとなり、時代は変わった。

1853年 提督ぺりーが、浦賀に来航
1858年 日米修好通商条約調印 安政の大獄
1860年 桜田門の変
1864年 池田屋事件   
1866年 薩摩と長州の秘密同盟成立
1867年 竜馬、海援隊を結成 大政奉還 *竜馬暗殺される
1868年 鳥羽伏見の戦 戊辰戦争始まる 江戸城無血開城
1869年 函館・五稜郭の戦  戊辰戦争終結     
1877年 西南戦争
1885年 岩崎弥太郎 他界 享年51歳


「竜馬がもし」、あと10年、20年と活躍していたら・・・明治もまた違っていたかもしれない・・・日本酒の銘柄に、『船中八策』というお酒あります。(来月から酒楽亭のメニューに登場します。今年は、鰹のあたり年だといいですね)

イタリアワインの新しい動き

先日の、13日、イタリアワインのセミナーと試飲会が開かれました。貴重な講演と、ワインの試飲が出来ました。イタリアワインは、サンジョヴェーゼが多いかと思いきや、最近の、赤ワインの
中には、カベルネソーヴィニオン、メルロー品種の、トスカーナー産が注目されています。

師匠の、Tさんは、「最近は、イタリアでも、若い人たちが、挑戦していて、新しいワインができてきたようだ・・・」と、10年程前に教えてくれていました。(当時は、変な試みとしか思いませんでした・・・まだ、自分が、若かったんですね!)

イタリアワインといえば、映画『鉄道員』の中で観る、溜り場の居酒屋のシーンが思い出されるのですがね〜一般的な生活では、こもかぶりのフラスコ型のワイン・・・キャンテイワインですが、トスカーナ原産の、葡萄酒=ジュピターの血と言うそうですよ。

「ローマの休日」で、アメリカの新聞記者役の、グレコリー・ペツクが冴えない下宿で飲んでいたんですよね〜今時は、1本2000円〜の値段、クラッシコで、5000円迄でしょうけが、段々と、日本人、美味しいのがいいとか、旅行先で飲んだのがいいとかで、贅沢になりました。

内陸部のトスカーナ地方で、伝統的な造りとモダーンな=新しい試みが進んできているようです。そして、海岸べりの、干拓地では、若い入植者=新進気鋭なワイン造り手がいろいろ研究してボルドータイプのワイン造りの成果を挙げてきているそうです。まだ、生産量は少ないのですが、日本の皆さんえのお披露目と言うことなんですね。

150年ほど前は、葡萄畑は少なくて、牛の放牧地のような、農村地帯・・1860年代、この地に新しい、自然主義者たちの、絵画運動がおきたとか・・・当時の、イタリアの文化運動の発祥の地ということでしょうか。そして、新しい、ワイン造りの地として、今、話題の地。

イタリアの印象派 マッキアイオーリ『光を描いた近代画家たち』
の展示会が、東京都庭園美術館にて開かれています。イタリアワインの好きな方は、是非、観に行かれたらどうでしょうか。東辺僕、実は、招待券をいただいたんですよ・・・ワインセミナーに参加したものですから。

http://www.poderesanluigi.li.it を開いてください。トスカーナ州ヴィオル産ワイン試飲会&セミナー/イタリアを見ますと、出展企業のホームページが出ます。

庭園美術館にて

20100122.jpg

散歩にはうってつけの暖かな一日でした。

鉢にハチ

ここ二〜三日ポカポカ暖かかったので、玄関先のお花の鉢植えにハチが遊びにきました。

2010012004.jpg2010012005.jpg

参拝

大きな狛犬がいる神社に行くとお酒の樽がたくさん積んでありました。これは飲めるのかな? 警察犬と思いきや『軍用犬』とのことでした。

2010012001.jpg2010012002.jpg2010012003.jpg

酒飲みの指導・・・WHOが指針(案)

タバコの害は皆が知っていますが、止められない、止められない。タバコの時間=賃金支払いせずとかで、肩身の狭い時代になったと、嘆く人、段々に少なくなりました=定年で、喫煙者が会社からいなくなった。東京のJR電車区間では、駅構内では、全面禁煙・・・すんなりと、実施されましたが、何処に消えたんでしょうか?

WHO・・・今度は、アルコールの規制です。世界保健機構(WHO)は、アルコールが健康や社会に与える害を防ぐための規制指針案をまとめたと伝えています。これに先立つ1980年代に、『健康への脅威』として、タバコの規制に乗り出したんですね。アメリカでは、タバコ会社に賠償を求める裁判が相次ぎ、広告規制や価格引き上げにつながり、今日に至るという事です。

映画俳優、ユル・ブリンナー(1920-1965)は、禁煙運動のキャンペーンに参加した。彼の映画は、「王様と私」があまりにも有名だったんですよ・・・「十戒」「荒野の七人」「隊長ブーリバー」いろいろありますよ。癌で、1965-1920=45歳で無くなったんですね・・早過ぎますね。

この規制案は、WHOの総会で論議されてきており、今年の5月に「総会」で採択になる予定・・・この間、10年ほどアルコールについて論議されてきておりまして、日本でも、既に、テレビCM自粛に動いている事は皆さん、ご存知の事ですよね?  これからは、規制になるんですヨ。

発表されている、(案)では、こんな事が対策例となりますので、今のうちに、グローバル対策に、心がけてくださいませ。

①小売りする日、時間の制限
②スポーツイベントなどでの、販売規制
③十代の若者の飲酒を防ぐ「障壁」の強化
④酒の広告内容や広告量、メヂィアの規制
⑤スポーツ・文化イヴェントのスポンサー規制
⑥若者を対象にした販売促進の禁止や制限
⑦値引き販売・飲み放題の禁止や制限
⑧アルコール課税・最低価格の導入
⑨非アルコール飲料への価格導入

世界中で決める事ですので、基準が厳しく思える箇所ありますが、これが世界基準・・・特に、若い人=これからの人には厳しそうですね。販売促進の手法も考え直さないといけませんですかネ

お酒の「害」、これからは、厳しくなるのでしょう・・・誰が、キャンペーンの先頭に立ちますか?映画俳優、テレビキャスター、歌手、作家、ノーベル賞受賞科学者、宇宙飛行士、若者に影響与えるとしたら・・・ミッキー夫婦かな?アニメによる教化となりますか?ゴルファーが、今はダメなんでして、残念。

酒のうえでの、事故、事件はこれから厳しくなりますよ・・・まして、いっき飲みなどの強要や、女子への無理のみ強要(逆もありか?)、酒飲みマナー教室とか、酒と保健講座なんか、流行るかもしれませんね・・・ある意味で、酒文化のチェンジの時代を迎えようとしているのではないでしょうか。

タバコの30年間の次でして、これからのアルコール規制の30年は、どうなりますか。

しみじみ飲めばしみじみと〜、ちびちび飲めばちびちびと〜、ほどほど飲めば、ほどほどに〜 酔ってくるのさ、少しずつ〜 (節つけて唄ってください,字あまりでした。)

ページ上部へ