ホーム>ブログ>2009年12月

2009年12月

辺野古=へのこのお話でした

魏の国、「曹操のお墓」が見つかったとか・・・心騒ぐニュース。

今から、2千数百年前に先秦時代の諸氏百家の文献の中には、中国笑話の起源が見られるそうで、70以上の墓を造ったという「曹操」など、実に馬鹿馬鹿しくて笑い話の一つかと思えるのですが、古典中国は、奥が深い。江戸、小話もこのへんから来ているそうですよ。

最近、「辺野古=へのこ」論議がされているので、真面目な方々からは、顰蹙を買うかもしれないのですが、来年の5月になれば、否応も無く決まる事。ここにきて、慌てない、慌てない、年の瀬。明日に、賭けます・・change・・yes,we can・・ 

で、歴代笑話選:「中国古典文学大系」全60巻(平凡社1970-5-6刊)でも読みながらというのは如何なものでしょうか。

まずは・・
①造り酒屋に住んでいる鼠が、米倉の鼠に何度も振る舞いを受けたので、一つお返しをしようと招待し、米倉の鼠の尻尾を口にくわえて、酒甕の中に釣り下げ、酒を吸わせる。下の鼠が、「頂きます」といったので、上の鼠おもわず、「どうぞ」と返事をしたとたんに口がひらいて、下の鼠ドブンと落ちる。やがて酒を浴びてる音がするので、上の鼠、「頂きますといったばかりなのに、もう酔って暴れているのかなあ」  (この笑話、分りますか?)

②ある男、へのこのひどく小さな人を見て、「お宅の奥さんがよくそれで我慢なさいますね」といってからかう。そばの男が慰めて、「奥さんはきっと、世界中のへのこはみんなそんなものだと思っていらっしゃるんでしょう」というと、ちいさなへのこの男が弁じて、「いや、違います。家内は、小さなへのこにも一種変わったよい処があるといってました」。(少し、笑える・・辺野古?)

③お役人が昇任して家に帰り、妻に向かって、「わしの官職がまた大きく(高く)なったよ」といったので、妻が「官職が大きくなると、あれも大きくなるものか知らん」と言うと「奥や、どうせわしのが大きくなれば、お前さんのも大きくなるよ」  注/昔は官吏の妻も夫の位階に準じて位を賜った。  (これは、笑える)

きわどい、笑いも、中国の漢字文化だからこそ・・・、発音によって、文字の意味が変わります。

④酒好きの男、酒一升、徳利へ入ったまま拾い、「これはありがたい」と、早速燗をつけているうちに、目が覚めてみれば夢。「ええ、冷で飲めばよかった」 (竹林の七賢人のお話?・・死なば即ち我を埋めよ・・・分るかな、分らないな〜)

お口直しに・・・三遊亭円楽さんの人情話のさわりです
     ●お酒飲む人花なら桜、今日もさけさけ明日もさけ 

(辺野古=へのこ・・・意味不明の方は、調べてください・・・英語では?)

ポチの散歩

今晩は・・・皆さん、僕が、ポチです。

酒楽亭さんのお店の前につながれていますので、僕のご主人様のお知り合いの方、僕を見かけた方、どうぞ、「酒楽亭の、西周斎東辺僕さん」に、ご連絡ください・・・お願いいたします。

僕がポチ!

pochi01.jpgpochi02.jpg

予定より、一日遅れでした

スタートは、予定通りでしたのに、一日遅れで、「お年賀状」投函いたしました。「年に一度の事」ですが、これが中々に、大変な事でして、筆不精な小生は、名刺の整理とかも苦手なんです。

日頃ご無沙汰している方々へのご挨拶、途絶えてしまえば、終わりです・・・今年は、名刺交換の数だけご挨拶。

空を見上げれば、オリオンの三つ星が冴えて輝いていました・・・丁度、南中なんですかね、頭上に見えましたよ。東辺僕の分る、唯一つの星座なんですよ・・・「見上げてごらん、あれが、オリオン座」と肩抱きながら、指をさすなんてね?!

風の便りでは、誰かが入院したとか、今度バイパス工事をするとか(=動脈瘤手術の事?)、健康第一に注意しないと、そろそろ、出始めるお年頃になったんだと実感させられてます。

同業の知り合いなど、この年になると、肩が痛いとか、腕がフライパン振れないとか、なんといっても、多いのが、「腰」ですか?
「どう、元気?」が挨拶です・・・この間までは、「どう、入ってる」、「どう、儲かってる」でしたのに。

ニコニコ商店街のお茶屋さんのご主人、亡くなったし、急な事でした・・・癌だそうですよ。それに、今度は、23日に町内会の副会長さん、若いんですよ・・・62歳です・・・この時期、急な寒さやらで、お年よりは、気をつけませんといけません。でも、62歳じゃ、まだ、まだ、活躍してもらはないといけませんのにネ。

「健やかにお過ごしください」と、年賀状に書きましたが、健康が本当大切ですね・・・インフルエンザの予防接種しても、まずは、風邪を引かない丈夫な体、生活態度が、大切なんです。酒のつまみ作りには、創造性発揮してますよ・・・今週は、「鳩山家のレストラン」から、鳥手羽のから揚げ・・・一皿¥400円です。安いし、二度揚げでピリ辛。酒のつまみには、もってこいです。

来年は、虎年・・・虎になるほど、酒を飲んではいけません・・今年は、「虎」を探しに、遠方まで行きましたので、良い写真が撮れました・・・「虎ノ門」に行ったり、「柴又」にまで出向いたりいたしましたが、きっと、びっくりいたしますよ・・・迫力ありますので。(今回は、写真のプロにお願いいたいました。)

自己満足ですが、皆さんのお家に、福の神が舞い降りますようお祈りして、年賀状、投函いたしました・・・東辺僕、忙しすぎて、宝くじ買い忘れてしまいましたが、当たる人がいるんですから、いいですよね。

でも、明日の、馬券の事のほうが、とても、とても、心配で、心配で気になります・・・だんだん、人間、射幸心ばかり強くなりまネ。何せ、お客さんの、話題もそうなので、合わせなくてはなりませんしね・・・いけない、いけない、額に汗して働きませんと。

メリー・クリスマス!

23日(祝)クリスマス・コンサートの帰りにお洒落なスパニッシュ・カフェを見つけました。
elbarcelonacafe01.jpgelbarcelonacafe02.jpg

嘘は程ほどに

良かったですね・・・難問山積みの上に、もしも、「鳩山首相、偽装献金で起訴」なてな事になったら、一体全体、日本はどうなってしまうのか?

でも、今後は、元秘書が起訴されて、虚実=うそ記載で、裁判となり、「済みませんでした」で、一件落着ということでしょうかね。公設秘書の責任は誰かを、白、黒つけないまま、首相たる鳩山さんは、「母から、もらった事は知らなかった」で、母もまた、「子供を助ける=支えるのは親として当然のこと」と釈明して、終わり。平成の大岡裁きでした。

これが、日本の政治の現状・・・いいんじゃ〜ありませんか?

酒楽亭の常連さんのお一人に、暫く顔を見せなかった社長さんが、「実は不起訴になったんだ」と、身元引受人のお友達とこられて、お二人で、何か話しておりましたです・・・楽しい方なので、女の子とは、じゃんけんをしながら、いつも、高いお酒を飲んでましたよ。中々、強いんですよ・・・じゃんけんが。社長さん、売り上げに貢献してくれるし、東辺僕もご馳走になれるので、良い人です?!

聞くとはなしに、耳に入ってくるのは、どうも「儲け話=株」のようです・・・最近、確かに上昇している「株」があるのですが、資源関係でして、上場したとたん、2000円、3000円・・5000円台になってしまいました。テレビでも、ニュースになりました。建築関係ですと、300円台だというのに、目が離せませんね・・・政治の動向が、景気を左右させ、株の上昇、下降、本当に、大変です。

東辺僕は、「株」関係ないのですが、金儲けの話なんて言うのは、眉唾物、騙されないように、お気をつけください。騙す、騙される・・・立場は違いますが、近くの亀戸天神さんには、「うそ鳥」神事というのがあります・・・この日は、多くの参拝客があるんです。江戸の頃から、続いているんですが、この亀戸天神様、ご利益あるみたいで、三大天神として有名なんですよ。(東京では、湯島=学業、亀戸=嘘払い)

うそ=虚実はいけませんが、小鳩、亀鳩などと新聞紙に書かれ、支持率でいじめられているようです。今は、あなたが首相、大うそつきの、佐藤栄作元首相のように、記者会見で誰もいなくなってしまったら、おしまいですよ。秘密、密約は無い様にしてください。特に、沖縄問題は。

嘘も30年、60年と発覚しなければ、つきとうす・・・日本と外国との条約交渉には、つき物なんだそうでして・・・だんだんと、真実が明らかになる・・・分ったときには、も〜みんな、お墓の下なんちゃってね。

角川書店  青山栄次郎伝:EUの礎を築いた男
平21-12-10刊 林信吾著¥1700円

鳩山由紀夫に「友愛」を伝えた男がいたそうで、写真もあり、なんと、ヒットラーもでてくる、そんな時代背景。牛込の青山ミツ=光子さん、知っている方、ワインの世界で、どの位おられますやら。
年賀状を、書きながら、平成21年も残すところ、数日です。

ポチ、暫くは、探索犬です・・・

ご隠居さん、暫くぶりのおいでです。早速、ポチのいきさつから、小雪さんの事など、話題は尽きません。

ご隠居さんの言うには、ポチは、駅前辺りから、この辺りタクシー1メータでは、見たことが無いとのこと・・・そうすると、隣の町会から、都営線辺りかな?

車で来て、置いて行かれた・・・ご隠居さんが、見た事無いとすると、ポチ、厄介な事になりそうです・・・飲食店で、飼うということは出来ませんしね〜、店の中には入れられないし・・・暫くは、現状維持ですね。  それに、今時の事、人にでも噛み付いたりしたら大変ですし、やはり、厳しくても、保健所に相談に行きますか・・・暮れだから、時間、ないしな〜・・・散歩のついでに、何事も、まずは、ご相談ですね。

ご隠居さんは、「小雪さんの事」で、常連さんと、盛り上がっていて、若い頃、ハイボールが流行りで、JR駅の東口、西口界隈は、軒を重ねてN社、S社の看板が乱立していたんだそうです。本当、懐かしくお話しています。当時の写真あればね・・・今度、持ってきてくれませんかね。半世紀前の、この界隈?。

ウイスキーの似合う男に、今話題の、北野武映画監督が選ばれたそうで、会場で一言、「・・・映画とウイスキーには、最後はどこか神様にゆだねているような、人知を超えた奥深さがあるんですね・・」。

ご隠居さんは、何でもそつなく、知っています。何処から、そんな情報を得てくるんでしょうか? 内外タイムスは、休刊になりましたので、東スポですかね? 神様が、出た! 確かに、S社にとって、小雪さんは、女神である事には間違いが無いのです。

「小雪さんて、本当にいるんですか?」と言う質問には、のらりくらりと、話題をそらし、店が何処にあるかを教えてくれない・・・自分の隠れ家にしているんですネ。  そうだ、探索は、ポチの鼻に頼りますか?

焼酎フェスタ・締切り迫る・・・27日まで!

最近は、乙焼酎の勢い止まずで、その浸透は、日本酒天国地域にもジワリ、。何しろ、お湯で半分に割れるし、安いし(一部、高いのもあるが、な〜に、原料は、芋、麦が多いので?)、酔い心地良いし、体にいいらしい・・・飲みすぎは、良くない=どんな、お酒でもそうだから、それは、自己責任。

「知識ゼロからの焼酎入門」という、焼酎入門書がありますので、気兼ねなく読めますよ。各界の一人者の先生方が、教えてくれるのですから、これを読めば、焼酎・・・怖くない・・・楽しく飲める、安心です。

まずは、健康ブームの関心の高まりが、焼酎の効果=「百薬の長の長」、健康増進に良いとされ、頭の痛くなる日本酒を飲んで、嘆いていたお父さん達に、支持されたと言うのが、実情でしょうか?

①心筋梗塞、脳梗塞の予防につながる・・・
②血栓を溶かすのは本格焼酎だけ・・・
③ワインより血液サラサラの効果が高い・・・
④ストレスを軽くする・・・
こんな書き出しで始まる、この本は、@¥1200円。
日本酒類研究会 04-02-25刊

東辺僕、甕(かめ)の焼酎を飲んだのが、運の付き始め・・・焼酎を飲めば、日本酒は甘いお米のジュースみたいだし、ワイン=ぶどうジュースに他ならない・・・ビールなどは喉の渇きに水を飲むようなもの。日本酒消費量が少なくなったのも、うなずけます。

今は、「ほろ酔い」がいいですね。皆さんに良いニュースです・・・「インターネットフェスタ2009」
  
*焼酎問屋さんが、1000名にプレゼントですよ!!
  http://www.shochu-kikou.com/
      プレゼント、沢山です・・・是非、ご参加ください。

酒楽亭のプレゼント当選者、今回も「応募者沢山」おいででして、商品発送に苦労いたしましたと、㈱石原商会の社長さんが言っておりました。当選者の4名様、もうすぐ届きます・・お楽しみにしてください。  残念ながら、外れてしまった方は、焼酎問屋さんのほうに応募してくださいネ・・・「mail友」にも、ご紹介くださいネ。こちらは、太腹、1000名様当選ですよ。

ポチと名付けました。

酒楽亭の前に、街路樹がありますが、4〜5日前の夜から、繋がれている犬がいるのです。誰か、忘れたのか? それにしては、夜は寒いし、可哀相なので、店が終わってから、家に連れてきました。

急な事ですので、玄関先に入れて、温めた牛乳を飲ませまた・・・飼われていたんでしょう、人慣れているので、翌日、店の前につないで置きました。 そんなことしている間に、飼い主さんが現れればいいと、軽い気持ちでいたんですよ。

飼い犬である証拠には、首輪が付いてますので・・・誰かが放置してしまったんでしょうか・・・それとも、家出?  中型犬で、芝の雑種ですね・・・店の中に入れる事はできないので、店の前に繋いであります。飼い主さん、早く現れてくれるといいのですが。

常連さんからも、声をかけてもらったりして、何か、おつまみを分けてもらっているようです。ペット食品を買ってきてくれた人もいて、お腹が減ってたんでしょうか、良く食べます。

こんな時は、どうしたらいいんでしょうかね〜暫く、様子を見ることにしました。東辺僕、「飼い主探しの散歩」、店と家の間を往復してます。昨夜、常連さんに、ポチと言う名を付けてもらいました。  酒楽亭のポチ君、モー、お客さんの、人気者で〜す。

運動不足の東辺僕には、良き友・・・早速、ポチ君と散歩です。回り道・・遠周り・・飼い主さんを探してます。

ポチの散歩

IMGP0707.JPGIMGP0701.JPG

ページ上部へ