ホーム>ブログ>2009年6月

2009年6月

宣伝でございます

6月のプレゼントは、お手元に届きましたか?
応募者も、だんだんと、回を重ねるたびに、多くなって来ておりまして、厳正な抽選をするのに、管理人さん、お仕事が多くなってきました。

7月は、すでに、発表しておりますが、季節柄、(白)ワインを予定しております。ラベルからして、えび=魚介、白アスパラ=夏野菜、ブルーボトルワイン=チーズなんかで軽いもの  夏の昼時に、FM音楽でも聞きながら、当たった人はいいですね、、、抽選まで、待てない方、当たらなかった残念な方は、石原商会までご注文くださいませ。

麻生さんの事ですから、イタリアサミット期間中でも、なにかと
話題になりそうです。迎えるお国の首相も、したたかにやるもんですね〜さすが〜エジプトの話題の美人=クレオパトラを手に入れたカエサル=シーザーのDNAを受け継ぐだけあって、話題に欠く事のないお人です、、質素な会議といわれてますが、どんな、ワインが出されて、どんな食事が待ち受けているか、楽しみです、、、世界が、注目しています、、東辺僕も。

イタリアワイン、地方別に特色があり、皆さんには、お好みのワインがあろうかと思いますが、問屋=インポーターさんによって、仕入先が違いますので、http://www.shurakutei.com/ 迄、お問い合わせいただけると、幸いです。
e-mail***ishihara-syoukai@hotmail.co.jp
お待ちしております

by 西周斎 東辺僕(Mon Jun 29 18:39:44 2009)

佐賀の酒

佐賀の地酒の会が1部=きき酒商談会、2部=有料『佐賀の酒の宴』品川プリンスホテルでの催事、、、この際、関心のあった佐賀県のお酒なので、両方に参加してみました。



じっくりと味見ができて、商談も可能ということなので、絶好の機会です。よく聞く話ですが、蔵元さんにまで尋ねて行き、なかなか手に入らないお酒を分けてもらうと、、、東辺僕は、そこまではできませんが、いいお酒を、取引していただければよいので、、、わがままは言いません。対面して、お話ができれば、それで十分なのです。



全国の展示会といい、今日の、佐賀県商談会といい、こういう機会を与えてくれた蔵元さんに感謝です。今回のこの2部の会は、参加者が多くてキャンセル待ち、、、ファンが多いのですね。『佐賀県』ファンの集いですかね!



佐賀34蔵、、、東一、東長、東鶴、天吹、枝梅、王将、乾杯、基峰鶴、御苑、金波、古伊万里、光栄菊、幸姫、聚楽太閤、高砂、竹の園、千歳玉菊、天山、虎之児,能古見、肥前杜氏、富久千代、富士の雪、芙蓉、不老長寿、本家アカカベ、萬寿亀、松浦一、窓の梅、万里長、万齢、宮の松、宗政、弓取。この中の18蔵元さんですが、ご苦労様でした。ありがとうございました。



手元資料では、、魔界への誘い:光武酒造場さん、肥前蔵心:矢野酒造さんが、参加されていました。申し訳ありません、、、それに、佐賀では、いち早く『原産地呼称制度』を取り入れています。



見逃せない日本酒の会、、これからもありますよ。、

岐阜の地酒に酔う in Tokyo
 8月2日(日)13時〜15時30
分:東京神田一ツ橋 如水会館 参加費3,500円 
  (女性の浴衣着の方には、プレゼントあります、?)
 主催:岐阜県酒造組合連合会(058-265-4548)
 Faxにて、7月24日までにお申し込みください
。Fax:058-265-3201



ファンの方だけでなく、みなさん、ご興味あればどうぞ、、岐阜=下呂温泉、、
http://www.gero-spa.or.jp/




9月になると『山田錦サミット』です、、JA全農おかやま、、
http://home.oy.zennoh.or.jp/ を見てください。



by 西周斎 東辺僕(Wed Jun 24 16:40:21 2009)

薩摩の焼酎といえば

うまいものは何、つまみは何だと、、乙でもない、甲でもないと、さらには、丙だ、丁だと、なんだか分らない事を言っている、東辺僕の昨日今日。ワインだ、日本酒、焼酎、ビール、、『アルコール依存のカラ頭』今こそ、心頭滅却して、せめて1日、1週といわず、ひと月程お酒を飲まないでいられるといいのにね。

先日、品川=高輪の薩摩屋敷で、、飲んできました。今話題の『頑固者の壷焼酎』=銘柄?と、さつまあげときびなごの干物をつまみに。この苦味が分からないようでは、日本人じゃねぇ〜なんていいながら、、そうそう、あの頃の裕ちゃんの歌、いいですね!

毎晩、会員制のバーで、飲まなくても、、、こういうところで『生』出演したら、人気でますよ! 最終まで飲んでも、目が覚めれば、どこなりとも、選挙区には着いてますからね、、みんな連れて、一車両貸切りで。 

薩摩屋敷が苦手なら、目白には、蛍の飛ぶ静かな音羽屋敷もあるし、、今の時期、日曜日くらいは、奥さんと二人で、蛍狩りなんか、いいのでは?

by 西周斎 東辺僕(Tue Jun 23 01:03:38 2009)

日本酒フェア

日本酒の魅力を堪能できる国内最大級イベント、、日本酒フェアに行って来ました。何せ、日本全国の酒造組合が参加する、今年で3回目の酒の祭典。同業、ライバル、愛好者、、、日本酒の好きな人は、池袋サンシャインに全員集合です。

日本酒には、目がないと言う人の集団が、なにやら『蛇の目』を片手に利き酒をしています、、、東辺僕は、モー、本会場に行くことにしました。地方別にブースが並んでおり、まずは北海道、東北と、ご挨拶、、、パンフレットをいただき、美味しいお酒をいっぱい、いっぱい、またいっぱい、、、この調子だと、いったいどんなことになるやらと、心配になるほど。2時間ほどかかりました、、いつもの、展示会とは、また違った雰囲気、、会場、元気ありましたよ!

親切に説明していただき、、、好適米を開発している苦労話などを聞くと、日本酒は『日本人として、おろそかにしてはいけない』という思いが募ります。蔵元さんも来られてるようで、遠いところ、本当に、ご苦労様です、こんな機会、もっともっと続くと良いですね。県別にも、催事が計画されているようです。

毎年、この時期に開催されておりますので、今回、参加できなかった方は、来年までおあずけです。情報は下記よりどうぞ!
日本の酒情報館 http://www.japansake.or.jp/sake/

日本酒について、少し勉強したいと言う人は研究所も門戸を開放していますので、気軽にお尋ねください。
酒類総合研究所 http://www.nrib.go.jp/
日本酒で乾杯推進会議 http://www.sakedekanpai.jp
日本酒ライスパワー http://www.sake-ricepower.gr.jp

こうなってくると、東辺僕も深酒ばかりしていられません。でも帰りは、山手線ぐるり回ってしまいました、、、したたか、酔いました。

資料を沢山いただきましたので、ご希望の方はmailください。これは読みでがあります、、、お分けいたします、、無料で。

by 西周斎 東辺僕(Sun Jun 21 00:31:33 2009)

虎は死して

酔っぱらいの39才の文士が、川に落ちた、、普通なら、そんな浅いところで、溺れて死んでしまうなど、考えられない、、原稿、書き上げて、ゲラ刷り見本で、某編集者のK氏と三鷹駅で分かれた、、(自宅で打ち合わせが済んだばかり)

本人、いいのができたと、自画自賛していたのだから、、自殺じゃなくて、ただ、ただ、不注意にも、足を滑らしただけなのに、人はおもしろおかしく、物語にして、毎年追いかける、、あのゲラは何処に、原稿はどこに? 

編集者のK氏がいた出版社は、潰れてしまい、、、彼は、山猿の住む田舎教師となり、まさに『都落ち』。子供たち相手に、言葉と文字を教えておりました、、東辺僕の子供の頃の事です。かれこれ、半世紀も前の事ですが、そのことを知ったのは、K氏が亡くなり、遺稿を読んだ時でした、、虎は死して皮を残し、、人は死んだら、何を残す?

『太古、土器川の上流、天川の里に住む綾黒麻の屋敷に、一つの星が降ってきて、たちまち美しい姫君になったとさ。成長した、姫は、酒造りが、とても上手で、その酒は、汲めども尽きず,とても美味しくし、しかも、病人を癒し、長生きさえさせる。不思議なお酒であったとさ、、、』この話は、まだ続きます。(香川県酒造組合 さぬきの酒より)

追っかけ

『友との手紙』メモ書き、簡単に公表してしまうと、いろいろと波紋が起きます。公表したい気持ちも、分からないではないですが『政治の世界』では期間相場、30年というところ。相手からすれば、絶交、、我慢できない、鳩山さん、、黙っていれば、人気もでるのにネ。



男は、我慢、辛抱、無口がいい。口には〜ださねど、目に〜涙。小泉さんが壊した、自民党、、麻生さんしかいないのだから、恥かかしてどうするのよ! 上野の山で、西郷さんも、ポチも、びっくり、、左の中指、体型からすると、Aビールの飲みすぎで、痛風ですかね?



麻生さん、最近では、夜の食べ歩き、飲み歩き、誘う人がないのか、このところ秘書官ばかりで、行きつけのホテルの会員制バー。霞ヶ関あたりではチョイと、気楽に飲んだり食べたりするところ、ないんですよネ。追っかけ多いし、警備が大変、、赤坂や新橋の料亭、本当に、少なくなってしまったんです。



先日は、朝から新幹線で、長野に行き、特急に乗り換え、車で、あちらこちら、、、立川に戻り、またまた、車で移動、、、、土曜日、日曜日、落ち着いて、食事の時間もありはしない。首相たるがゆえに、どうのこうのと質問を浴びて、下手に反論、持論もいえない。で、、世論調査のグラフが追いかけて来る、、19%。



昨夜は、久しぶりに、ステーキハウス、、すごい、お店ですね、、、ステーキKOSO、、、芝公園のお店。8:22〜10:05の滞在時間だから、サラダ、お任せの創作つまみ、黒胡椒のきいた特選ステーキ、、、ワインセラーから、よく冷えたシャンパンにボルドーの赤ワイン? 食後に、ブランデーを口にする時間もない位の早食いタイムですネ、、いつもの事とは言え、消化時間も考えないといけません。



これからは、全国選挙区廻りで、せっかく行くのですから『各地グルメの旅』お願いします、、、腹がへっては、イクサができぬの心で。(東辺僕には、誰とよりは、何をの方が興味あるんです。)



イタリアでは、震災地キャンプのサミットだそうですが、専用機に乗せるだけ、おいしいイタリアワイン、お土産に、いろいろ買ってきてください、、、勝利の美酒になりますように。



そうそう、今、ベルタ社から、ヴィンテージグラッパの情報が入りました、2001年で45,000円、、見繕って、公邸のほうに、お届けしておきますかね、見積書、いつものように…。1ユーロ=137円、、、石油が$70だそうで、、これから、また逆転、輸入物、高くなりそうです、、近くのワイン畑、ご紹介いたしますですヨ。


by 西周斎 東辺僕(Wed Jun 17 00:43:20 2009)

安くて、旨い酒は何処にある?

焼酎について、大変な書き込みが見つかっております、、、昭和34年の事。ご存知でした? 鹿児島県で、鎌倉時代、1194年に建立されたという、古い神社。社屋の改築が365年経った1559年に、地元の大工さん、勘太郎さん、落書きをしたんですよ、、棟上の、木の板に。



そして、屋根裏に、はめ込んでいたのが、見つかった、、、なんとも、すばらしい! 今は、2009年ですから459年も、前のこと。こうなると、焼酎研究家ならずとも、ミーハーの東辺僕、なんて書いたのか、興味津々です。法隆寺の落書き(絵)と同じくらいに歴史的価値がありますよね、そう、思いません? (知る人ぞ知るの落書きなんですよ、、小泉武夫著、食と日本人の知恵、岩波現代文庫 1000円)



当時は、単式蒸留で、昔からの方法で複雑な香気、個性豊か? と言うのでしょうか、、、原料と、麹の使用、、どんな味わいがしたんでしょうかネ、、『振る舞い酒』をしなかった、ケチな神主さんは、焼酎を大工さんに飲ませていないために、ずーっと笑いものにされていて、大変ですネ



伝統的な作り方が、認められ、作り手の味が受け入れられた、この乙焼酎を工場製品とブレンドして売り出す、、、どうも、現代っ子的な、売り方、、5%がギリギリ限界なのか、、、それとも、ブレンダーの匙加減で、新しい焼酎が出来上がる仕組みなのか、、歯止めがないですね。



フランスワインにも、ブレンダーの妙があるそうですが、そこのところ、高級ワインと、安ワイン、、、飲めば、飲むほどに、ウーン、判らなくなります。1000円で、満足しようとすると、無理がある、、無理を通せば何とやら、、。飲めば、形容詞、いらないのですが、安いのに限り、なんだかんだのといわれて、、、黙って、いいのを、飲めよ! これが、西洋のワインだ、、プロは、プロでも、いろんなプロがある。



甲+乙(5%)=丙ならば、丙+?=丁なんていうのも、そのうちに、出回るのでは、、消費者庁さんも、忙しいこと。落書きされないようにしないといけません。おとなしい消費者を怒らせるといけません。まして、酔った勢いですからね〜

安酒は、体に良い訳ないと言うのが、持論です、、ならば、飲まないほうが良い。でも、これが困ったもので、やめられない、、安くて、旨い酒、、、山の彼方の空遠くまで探しに、歩く、東辺僕なのです。



by 西周斎 東辺僕(Mon Jun 15 11:48:17 2009)

秋田の酒

故郷が秋田の方、おりましたら、朗報です。ただし、東京近郊、池袋駅、渋谷駅を通過する方、近場の方々になりますが、故郷言葉で、話せますよ!

秋田も、入梅だそうで、紫陽花が咲き始めたとか、、、天寿酒造さんが『試飲即売会を開催』しています。お酒の、説明やら、選定も相談してくれます、、、蔵元から担当者さんが、おいでだそうで、故郷なまりが、、懐かしくなりません?

*6月10日〜16日 西武池袋店 地下食品和洋酒売り場

*6月11日〜14日 東急東横店 和洋酒売り場

URL : http://www.tenju.co.jp

売り場には、故郷、秋田弁が、飛び交っていますよ、、、この催事の mail が『天寿ファン』に届いておりますので、いやいや会場は、時ならぬ秋田県人会の集いになっているかもしれません、、秋田ファンの会とか、、。 販売の原点?

故郷恋しいな、、あの娘はどうしてる、、尋ね人探しではありませんので、、、あくまでも、お酒の販売会場ですので、天寿酒造さんのおいしいお酒を、見つけてくださいネ。

なかなかに、自分のお住まいの近くの酒屋さんでは、見つけることのできない秋田のお酒、、、自分の好みにあったお酒を選定してください。酒楽亭でも、紹介販売できますように、うちの社長にも、取引、できますように、伝えておきます。

いま、どこにいるんですかね、、最近、こちらに=酒楽亭に顔を出していません、、、どうも、チリ、スペイン、アルザスの方に、試飲旅行に行っているようなんですよ、、うちの、社長、見かけましたら、店に寄るように伝えてください。

by 西周斎 東辺僕(Fri Jun 12 23:54:15 2009)

最近の焼酎事情

甲乙丙丁、、モー、死語に近いが、最後に残った焼酎業界用語、、でも最近は、本格焼酎=単式蒸留焼酎というのです。新しい、分野?かと思いきや、甲乙混和焼酎ができていた。

1.81=1,098円は、、違いのわかる人が飲む焼酎といえます。ましてや、飲みごたえあってときたら、ファン、多くなりますよね。安くて、酔い廻りが速いのが、焼酎、、ポリフェノール効果とか、健康によいとかは、その次のこと。

酎ハイに、よく使われているんですが、それなら、酎ハイ用の甲でいいのに、とお思いでしょうが、風味があるので、、丙と言う表現がよいのではないでしょうか。漢字検定問題?

大手の、ビール会社が参入しているので、中小の、乙メイカーにとっては、厳しい状況だとか、、、そういえば、3月の見本市で、鹿児島の蔵元さんが、『本当に困っているんですよ』と言っていたのを思い出しました。

これからは、景気の低迷が続きましょうが、ますます、ブレンドが進み、5%から工夫されるのでしょう。逆に『割り水の焼酎』など、口当たりよい物も、出てくるのでは?、、、どちらにしても、あの手この手で『国民酒』にしていこうとするのでしょうから、健康問題、社会問題、,,歴史を繰り返さないように、新製品を、開発してください。

1)1.8l=1,098円÷10パイ=180ml=109.8円
  甲乙焼酎(安いのが、一番、、二番、三番がなし)
2)720ml=1,500円÷10パイ=72ml=150円
  乙焼酎(頑固なつくりが、人気あるんですよ)        

味、雰囲気、値段、酔い心地と加味されて、109円はいいですね、、150円も捨てがたい、、、どっちにするんですか?

酒楽亭としては、甲、乙、丙、、お客さんの、好みに応えないといけないので、、氷、炭酸水も用意して、レモン、柚子、梅干もサービスでお待ちしています。お湯割もありです!

お一人様、2杯まで、、飲みすぎには、気をつけましょう!!

by 西周斎 東辺僕(Thu Jun 11 11:09:15 2009)

いよいよ梅雨入り

紫陽花の花が、咲きました、、入梅のサインですかね。枇杷の実も、日当たりのいい、高いところから、実をつけています。

新型インフルエンザ、まだまだ、飛び発生しているようですが、手洗いに、うがい、、、、飲食の仕事に携われている方には、気が抜けない日々ですネ。

東辺僕の8キロ先に、市民プールがありまして、そろそろ、開園、、一日500円ですので、メタボ対策に行こうと計画していますが、去年も、意気込みはあったのですが、、、今年は、やるぞ! 背泳ぎ!! パンツ、新調して、気分変えますか。

蔵元さんの6月新情報をご紹介いたします。
http://www.sakekaika.co.jp
http://www.yonetsuru.com/
http://www.tenju.co.jp
定番は、http://www.shurakutei.com/からご覧ください。

それから、http://sagasake.or.jp 佐賀県県酒販さんからも、いろいろと、お誘いを受けております。なにしろ、卑弥呼、、北九州か大和かと話題です、、古墳の調査が、始まりました!今のところ、6分4分ですけどね、、皆さんは?

個人的には、博多弁の卑弥呼に清き一票なんですけど、どうなんでしょうかね、、魏志倭人伝では、当時、酒を飲んでたと書かれていますが、どんな酒なんですかね〜? 肴は〜? ここのところが解けないと、、う〜ん、、河内弁の卑弥呼もいいですね?

by 西周斎 東辺僕(Tue Jun 9 23:31:11 2009)

ページ上部へ