ホーム>ブログ>2009年4月

2009年4月

連休明けは早春の那須高原へ

GWは何処も混雑と交通渋滞〜
そんな期間を外して是非、早春の那須高原へ
定額給付金や土日の高速1000円〜を利用して
お得に春を満喫しにお越しください。

木々の芽吹きや花咲く風景、
牧場や美術館めぐりもお勧めです。
買い物三昧を楽しむなら那須ガーデンアウトレット!
GWを外してゆっくりと旅を楽しんでください。

gaikan7.jpg

〒325-0303
栃木県那須郡那須町高久乙802-179
全室専用露天風呂付き南欧の香り漂う宿
Aromatic Garden Villa La Poltrona
アロマティック ガーデンヴィラ ラ・ポルトローナ
Phone 0287-76-6227 Fax 0287-76-6229
URL: http://www.la-poltrona.com
E-mail: home@la-poltrona.com

飲み過ぎは〜パート2

これは、いけません、、、某県交通安全協会の役員が、飲酒運転だそうです。物損事故で、相手のバンバーを破損したため、相手に現金20万円を手渡し、帰宅途中に運転を誤り、1.8m下の市道に落下、0.15ミリグラム以上のアルコールが検出されたと新聞記事ある。

警察幹部を経験しているので、事故処理についてはベテランであり、法的にはなんら問題は無いように済まされているが、事故不申告、、道交法違反にはならないので(20万円で解決)、飲酒運転だけの事件。本人に怪我がなかったのが、救いか? ぶつけられたほうの怪我は?

本人、気が動転してしまった事でしょうに、'70年に退職しているから、良かったものの、一寸した心の隙間に、こんなこと起こるんですね。現職でしたら、退職金なし、再就職無し、家族離反、末路がみえる。

夜、自宅で、日本酒2〜3合を飲み、自宅から約500m離れたスーパーに車で、出かけた、、、500mならば、歩きなさいよ! 何しに、行ったのかな? 飲み足りなくて、買いものかな? とにかく、一人で飲む時も準備を怠り無く。

日本酒ならば、味噌が一番、、、海苔たたきなんかが簡単。カルシューム補給に煮干の、5、6匹、、おかしらつきで頂いて、ぬかみその香のも、2〜3本で充分。62歳だそうで、今までに十分、楽しんできたでしょうに、、、しょうがないですね〜自分の適正飲酒量を分からないとネ〜こういうこと起こります。(味噌汁作って飲まないから、煮干も無いか〜)

アルコール依存症か、どうかを自分観察してみませんか、、食べながら飲んでいればいいというものでなく、カロリーオーバーで、メタボになってしまいますから、食べるものだって、気にしなければなりませんですヨ。

ビールならば、中瓶一本、日本酒一合、焼酎、ウイスキーは度数にもよりますが、どちらにしても、酒飲みの常識とは違い、かなり厳しいですよ、、、ワイン、女性、気をつけないと。酔うほどに飲む、、こうなったら、おしまいにして、水を飲む。

チャンポンもいけません、、分かっていたら、止める、、週一度、週二度、週三度、アルコールを口にしない日を増やしてゆくようにすれば、良いのです。タバコを止める時のように、体に容れる量を少なくして行く、、酒に、飲まれないようにいたしましょう、、、美味しく、お酒を頂くためにも。

『ご参考にしてください』
http://www.dansyu-renmei.or.jp/
http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/

by 西周斎 東辺僕(Tue Apr 21 19:38:24 2009)

もうすぐGW

そろそろ、連休の計画を立てませんと、いけませんね。仕事ばかりに明け暮れて、休みなしでいますと、ストレスが溜まってしまいますヨ!

http://www.shurakutei.com/ では、宿泊施設の、ご紹介もしておりますが、この期間にご利用されてみたら如何でしょうか? 関東近県の近場の施設ですが、若い二人連れから、家族連れ、定年で暇をもてあましているご夫婦のために、農村生活研究目的の小旅行には、もってこいの機会です。

高速料金の割引を使うも良し、山路を、、、海岸沿いを、、走るも良し、お好みですが、宿泊料金も考えて、無理な走行をせず、安全運転でお願い致します。海外旅行もいいのですが、自分を取り戻す旅として、この東辺僕も少し、お手伝いいたします。お土産はいりません!!

一軒、この機会に、お泊りいただければ幸いです、、、積極的なオーナーさんで『定額給付金 お一人¥12,000円』と言う宿泊(一泊二食付)条件をだしていただきました、、http://www.la-poltrona.com 栃木・那須高原です。

東京、横浜、からでしたら、走行距離も丁度良いし、桜も良いでしょう、、、アウトレットも立ち寄れますよ。一時の休みですが、休養にレジャーにお楽しみ下さい。

モー、一軒、連絡が来ました、、、ここはお申し込み、限定ですので、ご希望がありましたら石原商会にmailして下さい。(条件は、、、素泊まりですが、お二人で¥12,000円 那須高原のペンション=二人連れでお一人¥6,000円、、安すぎると、なんだか怖いですよね、、) 
ishihara-syoukai@hotmail.co.jp にお願い致します、、
先方の屋号とアドレスをご紹介いたします。

東辺僕は、例年の事ですが、映画を見たり、近場の公園に行きましたり、溜めていた本をまとめ読みしたり、資料の整理、、、そんな時間にいたします。きっと、皆さんより、自由な時間を日常に持っておりますので。 

混雑しますので、どうぞ、車の整備だけは念入りにお願い致しますヨ。事故には、気をつけてください、、田舎道での側溝への脱輪、お気をつけ下さい。(経験者より)安全運転で、楽しい旅を楽しんできてください。

by 西周斎  東辺僕(Mon Apr 20 23:55:11 2009)

酒の飲み過ぎは…

酒は飲んでも飲まれるな、、、家訓としておられる方も、多いかと思われますが、お宅様は如何でしょうか?

最近、注意してA紙を見ていると、新聞記者さんも気になるのか、酒についての論評などが目に付きます。酒はとかく、社会的にはある程度の事なら大人社会では、許されてきた風潮があり『酒飲みだから、しょうがない』とか『酒を飲まなければ、良い人なのにネ〜』とかで、許されていたから。

最近では、そうもならず、酒のうえでの失態は、厳しく咎められる、、、この間も、電車の運転が酒酔いだとか、テレビ局の官吏職員がタクシーで、寝込んでしまい、起こされたら、警察官に暴行したとか、、困ったものです。その後、どうなったかはワカリマセンが、きつくお灸をすえられた事でしょう。

酒楽亭に、飲みに来る、お客さんの、中にもいるかもしれませんが、、、、今の所、身柄引き渡しに立ち会った事も無く、交通課から飲酒量の、問い合わせも無い事ですから、酒癖の悪いお客さん、まだ出てないようです?

問題は、酒が古今東西、話題になる時は『節を失った時』の事で、節さえ越えなければいいのですが、、一杯が、二杯、三杯となり、盃が進みだすと要注意なんですね。(人にもよりますけど、、)

この記事は、署名記事なんですが『がんを防ぐ生活習慣』とあります。この記者さんは、お母さんを大腸がんで亡くされていると言うのです、、だから自分も、酒のリスクについて書いた記事、、お酒が癌のリスクを高める事は、今や常識、、禁煙、節酒、運動がよいと、母を思い?自分を戒めているのですネ。〈遺伝要素もあるそうですよ。)母の日にも、お酒のススメを、書いて下さいね。

肉を沢山食べるようになってから〈戦後)、と言う事で、癌がすべて、食生活の変化によるものとは、断定するデータは無いものの、週に500gが良いそうで、日本人、体格的に欧米人と比較して小さい体系を、劣ることなく、肉ばかりでなく、野菜や、果物をもっつと食べるような、食生活を考える、、、それと、適度な運動。(WBCの快挙は?)

日本女性は、お酒はあまりたしなみませんでしたが、此処の所、タバコもお酒も活発ですヨネ。記事からは、癌の統計('02)では、男性は、胃、大腸、肺、肝臓、前立腺、食道、膵臓だそうです。女性は、大腸、乳房、胃、支給、肝臓、膵臓という事で、共通する胃、大腸、肺、肝臓、膵臓、、と見れば、やっぱり、酒類の飲みすぎとタバコかな? 資料、新聞社の書庫は、古いですよ。今年、'09なのに。

お酒を、身近にしている職業なので『聖人君子』とはいかず、ついつい、手にしてしまう意志の弱さ(親の代からだから、仕方ないでしょう、、)、新聞、テレビ、雑誌などで、もっと、もっと、警告を発してくださいませ。最近では、アルコールを美味しく飲ませるような傾向に、若年層を誘導するような宣伝コピーが出ていますが、お酒は20歳からを強調して下さい、、、でないと、東辺僕みたいに、なっちゃうよ!

百害あって、一利なしでは商売が困りますが、少子化の時代、若者の時から飲みすぎは気をつけるようにと、、、お酒を飲む時の、事前の注意など、、その場限りの、売り上げを追求するのでなく、二千年も続いて来た飲酒生活を、日本人がこれからも続けられますように。

『少量でも美味しくいただく方法を、早く編み出すのがいいんだそうです。』目白の椿山荘で開かれました某県の県人会総会で、名誉会長さんがご挨拶で述べていました、、それが長生きのコツだそうです。某メーカーの顧問をされていましたとか、、東辺僕も、あやかりたい、あやかりたい! お隣に同席させていただいた、先生は『人間は、125歳までは生きられる』という持論をお持ちで、奥様と仲良く、グルメの会に参加とか、、早速に入会してきました。

by 西周斎 東辺僕(Sun Apr 19 21:12:07 2009)

相変わらず、

高級ホテルの会員制料亭やらバーで、夜な夜な会合しております、麻生総理ですが、千鳥足で歩いても帰れる周りを、夜の散歩コースのように、飲み歩いていますネ。

タイのバンコクでは、残念なががら赤シャツ騒ぎで、成果なしの帰国となってしまい、夜の散歩も出来ず、残念、無念と言った所ではないでしょうか?(想定済みとか?) 

今が、お正月、、、水掛かけで、新年を祝うのに、お国、騒然で、さぞかし大変な事態かと思いきや、、、、タイ在住の『我が師』からは、日常生活は、いたって平然としているとの事。体調も、一年経ったので慣れてきたとの事。暑い国、半袖とパンツで暮らしているようです。

86歳、戦争を経験者してきているので、だから、こんなこと何てこと無いのかもしれませんね。

A紙の天声人語氏は、赤+黄=オレンジ色になりるので、両派の和解が求められると書いている。簡単にはゆくまいと、心配しているのはこの、東辺僕だけか?

他人の国だから、無責任にいえるが、オレンジ色のウクライナは、今も混迷にあるし、この日本だって、なんだかネ?

麹町の、行きつけの居酒屋で『お銚子2合×2本』と、つまみは、、刺身+カツの煮付けをつまんだと、、、新聞に書かれてしまった小沢さん。『涙の記者会見の後に、心の友と一緒に飲んだ酒の味は? 銘柄は? 如何でしたでしょうか? 女将は、どんな人なのかな? なんで、俺だけ!』、、『酒は涙か、ため〜溜めー息か〜』なんてね。結構、麹町界隈にも、居酒屋あるんですね? 男は、つらいよね! 後が無いからネ…

そこへいくと、全くの、強気というか、、ポーカーフェイスの我が首相、紀尾井町と言うから、麹町の隣町、、、高級日本料理店、ホテルの中だから、これもきっと、会員制? 『弁慶橋清水』と言う所で、7時30分〜9時20分〜10時10分、いろんな方と会食、飲酒三昧。〈ホームページをご覧下さい)

800円のつまみが基本の店、、飲み放題、3,000円の店と、会員制のお座敷では、雲泥の差と言うか、月とスッポンとは、このことか。

どんな事があっても、自分からは辞めないという人と、必ず首相に成るんだという人の、緊迫アル鍔迫り合い、この界隈は、暗雲立てこもり、気弱な、東辺僕は、立ち歩く事さえ憚ります、、この近くに、美味しいコーヒを出してくれる店あるんですけど、久しぶりに、顔だしてみますかね、、陽気も良いし。

日本は、熱くならない、、、何が起きても、しらけてしまっているだけなのか?

by 西周斎 東辺僕(Thu Apr 16 17:19:38 2009)

新潟のお酒

新潟のお酒をご紹介いたします、、94蔵ありました

さすが新潟は酒処、、、地区的には、信越地方というそうですが、最近では高速道路も出来て、近くなりましたし、何しろ新幹線、人の交流は早い。関信越というのがいいですネ。

近いうちに、新線が、開通する目途がついたとか、、酒飲みには、ありがたいことで、周遊.蔵巡りが出来るのも、あと少し。(上越なのか信越なのか、ネーミングでもめてますがネ、)

朝日山・萬寿杯(朝日酒造)、鮎正宗(鮎正宗酒造)、今代司(今代司酒造)、越後五十嵐川(福顔酒造)、越後自慢(小山酒造)、越後鶴亀(上原酒造)、越後杜氏(金鶏盃酒造)、越後雪紅梅(長谷川酒造)、王紋(市島酒造)、お福正宗(お福酒造)、加賀の井・くろうざえもん(加賀の井酒造)、鶴齢(青木酒造)、加茂錦・蔵酒(加茂錦酒造)、加茂乃井・入魂一滴(加茂乃井酒造)、甘雨(越後酒造場)、菊水・源流(菊水酒造)、菊波・山田錦(菊波酒造)、君の井(君の井酒造)、清泉・亀の翁(久須美酒造)、清正(加藤酒造)、霧の塔(小松原醸造)、麒麟(下越酒造)、麒麟山(麒麟山酒造)、金鶴(加藤酒造店)、国の華(野崎酒造場)、頚城(頚城酒造)、謙信(池田屋酒造)、越乃男山(安部酒造)、越乃景虎(諸橋酒造)、越の潟舟(竹田酒造店)、越乃寒梅(石本酒造)、越乃渓水(越つかの酒造)、越の関・極(塩川酒造)、越の鶴(越銘醸)、越乃日本桜(越乃日本桜酒造)、越乃梅里(小黒酒造)、越乃白雁(中川酒造)、越乃白雪(弥彦酒造)、越乃白鳥(新潟第一酒造)、越乃柏露(柏露酒造)、越の初梅(高の井酒造)、越の華(越の華酒造)、越の誉(原酒造)、越乃美鹿(近藤酒造)、越の若竹(上越酒造)、米百俵(栃倉酒造)、笹祝(笹祝酒造)、〆張鶴(宮尾酒造)、上善如水(白瀧酒造)、白露・越路吹雪(高野酒造)、真稜(逸見酒造)、スキー正宗・華(武蔵野酒造)、杉の露(林酒造場)、雪中梅(丸山酒造場)、想天坊(河忠酒造)、大洋盛(大洋酒造)、高千代(高千代酒造)、宝山(宝山酒造)、谷乃井(谷乃井酒造)、長者盛・美禄(新潟銘醸)、長稜・壺中天地(高橋酒造)、千代の光(千代の光酒造)、月不見の池(猪又酒造)、鶴の友(樋木酒造)、伝衛門・桶取傳衛門(越後伝衛門)、天神囃子(魚沼酒造)、天領盃・霊峰よねやまYK(佐渡銘醸)、錦盛(佐藤酒造店)、根知男山(渡辺酒造店)、能鷹(田中酒造)、白龍(白龍酒造)、八海山(八海醸造)、初花(金升酒造)、花越路(村祐酒造)、姫の井(石塚酒造)、ふじの井(ふじの井酒造)、朗(濱倉酒造)、北雪(北雪酒造)、舞鶴(恩田酒造)、萬寿鏡・蔵之主(マスカガミ)、松乃井(松乃井酒造場)、真野鶴・錦の舞(尾畑酒造)、緑川(緑川酒造〉、峰乃白梅・北越雪譜(福井酒造)、美の川・越の雄町(美の川酒造)、妙高山(妙高酒造)、ゆきくら(玉川酒造)、雪椿(雪椿酒造)、雪乃幻(朝妻酒造)、よしかわ杜氏(よしかわ杜氏の郷)、吉乃川(吉の川)、代々菊(代々菊酒造)、龍ヶ窪(滝沢酒造)、和楽互尊(池浦酒造).....

JR御徒町駅を下車、吉池2Fで新潟のお酒揃います。

酒楽亭で扱えますのは『峰乃白梅』『天領盃』です。
http://www.shurakutei.com/ を開いて、→ 商品情報 → 日本酒 → 福井酒造株式会社 → 蔵元さんにつながります。

飲める店は → 飲食店 → 初音鮨本店 美味しいお店です

*グルメ誌『身知欄』が掲載した初音鮨とは、違いますよ!

by 西周斎 東辺僕(Tue Apr 14 20:42:35 2009)

Bさんのお母さん

親孝行、したい時には、親はなし、、でも、お医者さんの言うとおりだったからね、急だったけど、この間、病気になってから、休める時には、お見舞いに行ってたし、入院してからも、元気だったから、、、、お母さん、それは、残念だったけど、86歳、平均寿命だって。

いつもは『田舎のお土産だ!』なんていいながら、ジャムだとかブルーベリーを元気な顔して配っていた、Bさん、、忙しい仕事合間に、田舎にお見舞いに行ってました。

田舎は長野県の奥、水内郡◯◯村、、『農家の味自慢/ふき味噌』を持ってきてくれました。本当に親孝行な人でしたが、今度は故郷の家に帰るのかな? 3年後には定年だって。

春は、芽が美味しい、、、雪解けの地面から、ふきのとうが顔をのぞかせる。生のふきのとうは、細くきざみ醤油をかけるだけ。佃煮は、ゆでたあと固く絞り、醤油、酒で水分がなくなるまで煮る。ふき味噌は、味噌、鰹だし、味醂などでふきのとうを煮る。ビン詰めにして出荷する、、村の小さな作業場で季節限定商品。この苦味が、何ともいえません。

苦味が、美味しいと分かるまでには、時間がかかるが、、、春つげの味、、快いこの味こそ、日本人! たらの芽、独活、芹、土筆、わらび、ぜんまい、、。酒の肴には堪えられない、、苦味ばしったイイ男にしか、この味は分からねンだ!

走りの焼き筍を居酒屋で注文して、美味しかったが、値段も高かったが、こんな贅沢はあまりしないがいいが、、、そろそろ、房総あたりの山からタケノコが出てくる。アサリやハマグリの酒蒸しとか、簡単なのがいいが、桜の花なんかを、塩漬けしたものを少し応用すれば、結構楽しめる。菜の花をゆでて、いただくのも季節感があり、よろしい。

ついこの間までは、燗がいいの、河豚ひれ熱燗等と言っていたが、そろそろ冷酒でもよさそうである。江戸時代から、燗酒は、重陽節(9月9日)から翌年、桃の節句(3月3日)までと決められていたが、旧暦であるからして、だいたい今頃かな? 小瓶を冷蔵庫に入れておけば良い。江戸だと徳利に入れて、井戸水で冷やす(三養雑記による)。ビールの、最初の一杯が、堪えられない時期になってきた、、ビール、発泡酒、第三のビールとあるので、あなたはどちら?

日本人の味覚の基本は、甘、辛、酸、苦、うま味であるが、秋刀魚の腹を二度焼きするのがいい、、、鮎のうるかなんかは絶品だ、、、そろそろ、かつをが賑やかになるか! 安くて、美味いが、一番。

Bさんのお母さんの、村で造る『ふき味噌』は、残るところ一瓶、、、大切にいただこう。この苦味が分かち合えるには、息子ではまだ若すぎるか、、親孝行は、早いに過ぎずだよ!!

by 西周斎 東辺僕(Mon Apr 13 22:59:21 2009)

まだ、見えてこない『天地人』

桜は、上越の高田城ですか、上州前橋の千本桜ですか、、テレビ局、やってくれます、、、今週は、テレビドラマを、駆け巡るのですね、、来週は、福島、山形へと、、自局のドラマの宣伝に、余念が無いですね。22日〈水)、山形の酒飲む会ありますよ、、取材に来ませんか?

越後の智将、義と愛の直江兼続、、天地人。今、いいところなんですけど、やたらと、刃物を振り回して、槍で突かれたりで見ていて、痛いのです。下克上の乱世が、これから始まりますので、前半でこれでは、鉄砲やらが出てきたりしたら、もっと大変ですね。あと半年、どのように展開するのやら。

『醍醐の花見』には、越後からは誰が行かれて(日本)酒?は、何を持って行かれたのですか、、太閤さん、石田三成さんは、飲んだんでしょうか? 仁、義、礼、智、信、、、兼愛とは、何処にあるのでしょうか? 東辺僕には、まだ、見えてこないのです。天地人?

当時の、山城は、今は、春日山神社になっていて、登ればハイキングコースにも適切で、街の人たちに愛されているとのことです。此処からは、のどかに広がる、田園風景が、見渡す限り広がります。山、そのものを、城にした、、海から見たら、どんな風に、見えるのかな?

近くに、国分寺跡があり、芭蕉も訪れたとかで、石碑がありました。多くの見物者が尋ねるでもなく、静かな国分寺跡でした、、3年ほど前、尋ねておりますが、テレビドラマの影響で、この時期、さぞかし、混んでいる事でしょう。

新潟の人、、佐渡を詠った、良寛さんでしょうか? 森鴎外、、安寿と厨子王はもう少し、遡りますが、あまり、派手な人はいないです、、上杉と言われても、、、自分が知らないだけなのかな〜 東辺僕は、武将の出じゃないから、臆病者で、ただ、命惜しくて逃げまとうだけで、よしと。

カラオケでは、うたいますよ、、『新潟の女(ひと)』とか『雪椿』とか、、雪深かったから、じーっと、雪が解けるまで耐える事のできる、そんな信条の強い人を想像します。新潟から信濃までは、本当に雪深いんですから。

東辺僕の、尊敬する人に、そう、上越出身の先生がおりますが、その事は、後程といたしまして、、、上杉の出陣の時の、食事は、勝ち戦を祈願して、兵も将も、分け隔てなく同じものを口にしていたとか、、、その食事を『町おこし』の観光の目玉にしようという勉強会が開かれております。お城の堀に植えている、蓮の料理を普及しようとか、いろいろと盛んなんですよ。〈武田の陣でも、三の膳までありました。)

もっと、今時の時流に乗ればいいのでしょうが、それを、こと、急いでしない所が、いいのでしょうか、、知る人ぞ、知れば良い、、、国分寺跡に、五智人形を販売しているお店が一軒、、心太を食べさせてくれます。観光地ならば、観光地らしくして欲しいのですが、そんなことはお構いなし。

泥粘土の人形なんですが、国分寺にお参りして、永年のお土産として、親しまれてきた、五智人形、、仁、義、礼、智、信、、幼い時から、この言葉を身近にしてきたから、構えることなく平常心でいられるのかもしれません。

義は義であって、偽でないことを伝えて下さい。

by 西周斎 東辺僕(Mon Apr 13 17:38:17 2009)

連休は何処へ

大型連休が迫ってきます、、もう、計画は、お立てですか?
http://easyurl.jp/mg8 は、ご参考になりますでしょうか?

一ヶ月の予定が、少し延びて、二ヶ月になりましたが、無事、生還してまいりましたと、先輩から、連絡が来ました、、モウ、自宅で、仕事してました、何か、難しい分析をしておりますが、旅に携わる仕事のゆえ、連休が気になるようです。

肝臓ですから、心配してましたが、、、現代の治療技術は、日進月歩、、、安心しておまかせができるようです。本人は、周りの心配をよそに、いろいろ、やり始めている様子、、、陽気も良いし、回復も早い事でしょう。

今月に入り、1ドル=100円になり、1ユーロ=130円ですか、、、$圏への旅行は、いいのかな?  

休みがとれる人は、高速料金1,000円ですから、東北、四国、九州は、ネライ目ですね、、それに、近場ですと、東京=名古屋=富山 美味しいお酒と、今は、蛍烏賊?

能登半島を廻りまして、温泉に入り、田舎の景色を見ながら、上越→(春日山)→新潟→郡山→東京、、快調に、走行して、無事にお戻り下さい。日曜日だけでなく、全行程を、1,000円にしていただくのが、いいですね。周遊コースを、是非作って下さい。早いだけが良いのではないのです、、国民が、恩恵を享受できる事が、大切。ガソリンと運転手への補給を忘れないで!

今年の、ゴールデンウィークは、大変な人出が予想されそうですが、残された東京人は、さて、どのようにいたしましょう? 胃袋が心配です、、湯治に近場の温泉に行くのがいいですかね? それとも、近くの公園で森林浴?

http://www.shurakutei.com/ 4月更新を致しましたので、ご覧下さい。連休用に、ワイン、外国ビール、、、日本酒、焼酎、、、飲み過ぎない程度に、仕入れをして下さいね。

今回のプレゼントは、母の日、父の日で企画いたしました、、、田舎のある人は、送り先を田舎の住所でもイイデスヨ! 東辺僕の若い頃は『帰って来いよ、、、帰ってこ〜い〜よ』なんて、歌が流行りました、、あの歌の題は、何でしたっけ? 女の子が、太棹三味線を、弾きながら、歌っていましたっけ、、、髪の、長い娘でしたよ。

遊んでばかりいないで、この機会に、連休を利用して、故郷に帰るのも、いいのではないですか。みんなが、田舎に帰れば『農村の崩壊を立ち直せる』良い案、生まれるかも知れません。竹馬の友と、酒でも、飲みながら語らって下さい。

よそ者、臨時雇用者はダメというなら、身内が帰る。田んぼも畑も喜ぶのでは、、お墓も、無縁にならず、地域共同体を蘇えさせる一歩になりませんかね、、先日、東京墨田区の老人の方達が、群馬県の田舎で、火災で亡くなると言う痛ましい事故(?)が起きました。群馬県は平成の『姥捨て山』か?

優しい、故郷づくりが、人を呼び集め、人の英知を呼び起こすのではないでしょうか。効率性だけを田舎に求めるのでなく、人間性の回復です。故郷の山、河は千年も、二千年も、人の営みを見守ってくれています。時には、厳しくも。来るもの拒まずの精神で、受け入れたからこそ、この国は、続いてきたのではないでしょうか。 

で、連休は何処へ行かれます?

by 西周斎 東辺僕(Sat Apr 11 02:16:14 2009)

仏像界のスーパーアイドル!

最近は、仏像とかが流行とかで、美術館では移動展示に人気あるようです。東辺僕も若い頃、旅には行けなくても、写真集で楽しんでました。(その頃から、少しばかり、変?)

一度は、ゆっくりと、好きな仏像なんか、尋ねてみたいと思うのですが、、、『古都巡礼』とはいかなくとも、京都、奈良には、博物館やら美術館、夜の街など、、、何回か試しましたが、ガイドさんがいないと、なかなか道が分かりません。

展示会会場、上野まで、わざわざおいでいただけるというのですから、割引の入館料を手に入れて、散策を兼ねて行くのが楽しみです。

今回は、身長153cm、体重25kgという痩せ型の仏像、、、年齢が何と1300歳と言うので、大変な人気です。今から、半世紀前に二度ほど、お会いしているのですが、修学旅行でですがネ、相変わらず、お若く、なんとも愛くるしいお人形さんみたいですね、、、人気あるのは、そのせいでしょう。

木造でなく、鋳金でない、漆で造られているから、軽いのだそうです、、、何度も火災にあいながらも、残っているのは、専属のガードマンがいたに違いありません。当時から、ファンがいたのでしょう。

『七年に、いっぺんはおいでなさい』という、お寺さんもありますよ、、、年間200万人が、最近では500〜600〜700万人という人が訪れている、長野、善光寺さん。
難波の堀から、飯田、長野、甲斐、祖父江、関、岐阜、、、更に、京都まで、流転の『一光三尊のご本尊様』だからこそ宗派を超えて、敬われているのでしょう。今年は七年に一度の善光寺御開帳。足腰、元気なうちに参りましょう。

神様、仏様におすがりしたい、善男、善女の気持ちは、千年も、千五百年も続いているのに、その割にはこの世の嘘、騙しの何と多いことよ! 善と悪の表裏、どうしたものでしょうかね? 本当に、変な時代ですよ、、、。

五つの決まりさえ守れず、自分を戒めることのできなくなってしまった、現代の、日本人、更に厳しい十の戒めを守り、渡海の神に頭を下げるは、今以上に難しい事だと思います。

同じ意味でも、不飲酒戒=不食欲戒、、酒飲み、メタボの東辺僕、これが一番キツいです。最近は、節制に励むようにしているものの、仕事にかこつけて弱い自分の姿、、、この際、阿修羅様にあやかり、善行精進に励みますので、宜しくお導きをお願い致します。 http://www.motozenkouji.or.jp

by 西周斎 東辺僕(Thu Apr 9 12:09:54 2009)

ページ上部へ