ホーム>ブログ>2009年1月

2009年1月

河豚

高崎のダルマさんに、喝をいれられて、首相公邸に渋々と引っ越したので、夜な夜な、あちらこちらに出向く事の無くなった麻生首相、、、今夜は、千賀子夫人ら家族と水入らずの食事とか、、、家庭サービス、築地のふぐ料理店、『やまもと』。(27日A紙首相動静)

この時期、鍋と言えば『ふく』ですが、別名、テッチリとも言います。、、山形の鶴岡の居酒屋で、調理師免許の無い店長=板前さんによって、7人が中毒症状で、内2人が重態とか。大騒ぎの一日。この板さん、初めて、河豚を調理したとか、、、恐ろし、恐ろし。お客さんは、鉄砲に当たったのですネ!

テトロドキシンという、ふぐ毒は、肝臓、卵巣に猛毒があり、精巣、皮、身にも毒のある種類がいるので、素人や、未熟の包丁さばきは、危険この上もなく、ふぐ調理師免許の必要がある。ふぐは食いたし、命は惜しし。

ふぐひれならば、しびれも心地よいというので、天日干しを少し炙って、ひれ酒とする、、これが、熱燗で旨い。本醸造がいい。ふぐ皮とふぐひれ酒じゃ、御代も取れないと思いきや、コレは、通の隠れメニュー、、、座敷などに上がらず、カウンターの隅で頂くのがいい。『ふぐやで、いっぱいヤッツテ来たぁ〜!?』などと、大見得を切りたいものですね。

苦労して工夫して、ぬか漬けの鰯やら、鯖、、ふぐの卵巣さえも、ぬかで漬けて、毒を消して食用にする、、コレが、酒飲みには堪えられない。勿論、日本酒だが、最近は、赤だ白だと講釈氏が多いし、シャンパンが白身にいいとか、、、まさか、ウイスキーが合うなどという人はいないだろうが、ふぐの干物の炙りなんかだったら、お好みだから、どうでもいいのかもしれません。神田・神保町に、出雲そば屋がありますが、そこでは、蕎麦のできる前に、河豚の炙りと出雲の酒をだしてくれます。

中国の、四大美人、、西施乳(せいしにゅう)の事をあまりにも美しいが為に(絶世の美女)、ふぐは美味しい=毒が有り怖い、、ふぐのことを、西施乳といい、白子のことも、西施乳というのだから、中国の食文化は、奥が深い。

三国志、赤壁の戦いがちと有名だが、春秋時代の呉と越の戦い、、、呉越同舟、臥薪嘗胆の故事がある。

(当時の、中国人、河豚を食したのかな〜海からかなり離れているし、川を上るか、、、だから、河、豚なのかな)漢字で、ふぐ=河豚と書くが、中国語では? 河豚=河猪か?

河豚の肝が、築地市場の管理室から紛失とか、、猛毒なのに、粉末にされたりして散布されたら大変だ〜、、、怖い話が、最近ニュースになっていた。(口から摂取した場合いは、わずか、2〜3ミリグラムで死にいたる、青酸カリの約850倍もの強い毒性があるとか)

臥薪嘗胆、、当時、嘗めた肝は、ブタの肝でした。
落語には、面白い話があります、、らくだ(かんかん踊り)
日本酒と落語は、話の種、酒の肴になりますね。

by 西周斎 東辺僕(Thu Jan 29 00:31:01 2009)

春節祭

今、横浜が面白い、、、開港記念150年ということで、それでなくとも、刺激的な街なのに、この一年は、目が放せない。

まず、1月26日は、旧暦の正月で、春節祭だったんですよ、、、。港、長崎〜神戸〜横浜には、中華街があり、盛大に春節祭が繰り広げられる、、、望郷の祭りと言って良い。そうそう、夜、7時のテレビニュースで、長崎で梅の花が開花したと伝えていたが、春告げ花は、梅なんですかね、、、。

今年は、お隣の中国での、春節帰郷のニュース、、何しろ1億人が、列車で移動する様子、イヤイヤ、すごいものですが、、、アメリカの金融破たんで、出稼ぎの人たちが、故郷に帰れないらしく、テレビの絵にならないとか。あの絵がないと、正月の気分が出ない、、、。(中国は人が多いなと、つくづく感じる一時。)

台湾では、パンダがお披露目とかで、皆が喜んでいる、、、要、不要、とかいわれて、パンダも困ってたんですが、春節時の動物園は大賑わいだ、、、日本にも、そんな話があったが、餃子事件、うやむやになっていたのに、なんだかね〜、最近『福利厚生』で配って、中毒患者でたとか!!

横浜・中華街に、優味彩さんの店が出来て、半年、、横浜に遊びに来てくださいとのことです。美肌ランチ 1,500円、、普通のランチは、、ヘルシー 600円、日替わり 700円です。春節期間中は、お一人ランチ 1,500円を食べた方には、優味彩てづくり豚饅頭1個をサービスいたします。中華ダイニングの、新しい店構えです。

豚小屋火事で、開港当時、街の大半を消失してしまったために、下岡蓮杖先生の、店もなくなってしまいましたが、当時、豚やら、牛やらを焼き鳥のようにして食べさせてくれた店、写真家の元祖とも言える先生の店、チーズ、ワイン、、立ち飲みの店が流行ったとか。

西洋人に劣る身体を食育するには、まずは、同じものを食う事、、とかで、、、下田の寝姿山の、連杖記念館にその資料が僅かに残っている。ビストロ蓮杖といったところかな?

横浜の前は、下田、、唐人お吉さんも、下田から横浜に来ていたとか、、開港当時は、面白い街、、、いまも変わらない。

優味彩、、、山下町128番地、、045-663-0079
詳細はこちらをご覧ください→http://shurakutei.com/top/info_shops.html
美味しい豚まんを、手に入れよう! 美肌ランチ 1,500円
中華街で迷子にならないよう、、土日は、混んでますよ!

by 西周斎 東辺僕(Mon Jan 26 21:05:20 2009)

続・オバマセール

オバマセールにつきまして、何人かの方から『詳しい資料希望』とのお問い合わせには、早速、詳しいリストを郵送させていただきました。  

 ’99 3L =@¥94,140(120本)
 ’03 1.5L =@¥52,000(120本)
 ’04 375ml=@¥13,570(120本) 

他は、750mlで、ヴィンテージはいろいろです。パッと見て…’05、、、216本、、、@¥29,140円 です。


予約は、30日までありますが、早いに越したことはありません、、他のワインもございます。リストをお送りいたしますので、ぜひ、ご選定ください、、いつものように割引(乞うご期待)もあります。船が着くのは、4月です。

消費税=×1.05 送料/振り込み手数料=0 です。

オバマ大統領に、世界が注目しています、、が、経済の動きは、かなり冷静で、NYダウは、急落、、そのうえ、クルーグマン教授(ノーベル賞受賞経済学者)でさえ『アメリカの損失規模はメチャクチャ』だと言う。

多くの評論家は、前途多難だと予測していますが、敢えて苦難に立ち向かおうとしているのですから、太平洋をはさんでも、応援したいですよ、、、その、雄々しい姿に。(、、、言うは易し行うは難しです。)日本じゃ、今、大変なんですから。

玄奘三蔵さまは、629年、シルクロードの天山北路から、現在のキルギス、ウズベック、アフガニスタン、インドへと向かい、帰路はパキスタン、アフガニスタンから天山南路を東にとり、645年、実に16年後に、多くの経典を、唐の都、長安に持ち帰っている。

わが国には、遣唐使を始めとして、多くの留学僧により、当時の大陸の文化が伝わり、その影響は、今も、日常生活の中に生きていますから、心の故郷になっている。

アレキサンダー大王の物語は、かなり前の、遠い、物語としても、パキスタン、アフガニスタンと舞台が近くなり、1500年位前だと、石に刻んだ記憶は何を語るのであろうか?

胡姫の舞と歌に酔い、緑酒に月を浮かべ飲み交わす宴、趣豊かではあるが、さても、さても、今のご時勢、日本では、いくばくかの人のみの楽しみか、、テレビのミノさん位かな? 緑酒は、どうも、白ワインという説もあるので、ワインは誰かな?

禅宗というと、悟りの世界、ダルマさん、一休さんが有名ですが、映画『禅』もよかったですよ、、日本酒で、禅という名前のが有りますが、なかなか手に入りません、、酒楽亭のお客さんにも飲んでもらいたいのですが、『夢殿』と同じく、高嶺の花、、、どうも、仏名のお酒は、飲むのに、修行が入用です。

ワインだって、いくらでもありますが、一番はと言うと、、
Romanee Conti ’64 1,525,290円
        ’91 928,710円
        ’96 1,187,210円
        ’01 955,210円
        ’03 1,107,640円
        ’04 888,930円
いくらなんでも、こんなに高くては、ただただ、眺めるだけ。

玄奘三蔵法師については、下記を参考にさせてもらいました。
せん仏の来た道:後藤宗俊 著 思文閣出版 ’08/11刊
古代の立柱祭祀:植田文雄 著 学生社   ’08/11刊

by 西周斎 東辺僕(Sun Jan 25 19:47:46 2009)

オバマセール!

日本中だけでなく、全世界が、注目、、。緊張感が、薄らいでしまったのか、12時までは目が開いていたのだが、安心してしまい、一眠り、、、朝まで、熟睡してしまいました。

皆さんは、如何でしたか?

これからの、新しいアメリカに、大いに期待できるのではないでしょうか。だんだんと、情報がテレビでもたらされ、大阪のおばちゃんまでもが200万人の一人とは、驚きです。

演説も、同時字幕で伝えられ、リンカーン大統領、キング牧師、そしてケネデー大統領、、、志半ばで暗殺された三人が蘇えったような感じである。多くのアメリカ人が同意できる言葉で、協調と自覚、責任と奉仕を呼びかけている。

いまや、子供じみたカラ騒ぎをしている時期ではないとして、厳しい現状認識と、アメリカの再生のために、国民一人一人に責任を持てという。そして、集まった国民は、We can do! と、心に誓う。150年前から、日本人の憧れの国、、アメリカ。

期待が大きいと、その反動も大きいが、今は、この新しいアメリカ大統領に期待するのが、素直ではないか。名前に、Hがあったとしても、アメリカが選んだ、アメリカの大統領。分裂国家から再生、統一された責任あるアメリカは、世界中から注目されている事を、忘れないで貰いたい。

問屋さんから、Opus One/カルフォルニアのNo.1と言われるワインの紹介が入りました、、記念セールを致します。'99の3Lも、120本ありますよ。

予約ですので、本邦初の『オバマセール』です! ご希望の方には、詳しい資料をお送りいたします。予約締切り:1月30日(金) 抽選:4月中旬 R便にて入船予定(限定入荷700本)

by 西周斎 東辺僕(Wed Jan 21 23:58:48 2009)

田舎暮らし

山村で農業しながら、生活する、、都会暮らしを卒業して、自然の中で新しい暮らしが出来るならと、考え始めたのが、20年ほど前ですか、、何をやりたいのかは定かでなく、漠然と…

野良仕事など出来もしないし、身体がついていけそうも無いので、テレビで、移住生活のそんな映像を見ると、今はとても出来ないなと、あきらめていたんですが…周りでは、田舎に帰り、農業をやり始めたり、海辺の田舎宿を開業したり、チラリホラリ、そんな友達が最近になって出始めてはおります…

URL : http://www.pref.gunma.jp を、見ていたら、群馬の総合情報センターが、銀座に開設されたとか、、近い事もあり3回目なんですが、今回は『群馬の山村で新しい暮らしを探す〜山村回帰』テーマの響きがいいですので、チョット参加してみました…

最近は、農水産地域資源の開発活用法というような、法律ができて、モデル事業/定住二地域居住も可能とか、、農業をしたいという人には、親切に、行政が手を貸してくれる…賃貸、分譲で、選定して定住のすすめ、、体験学習の研修もあるとかで、いたれりつくせりのお話です。

経験者の話を聞き、意見交換もあって、短時間ながら体感できたことで、今まで漠然としていたモヤモヤが晴れました。

今は、このお仕事=酒楽亭を、㈱石原商会さんから引き受けたばかりですので、群馬には行けませんが、一つの、選択としては、いい話ではないかなと、思いつつ、帰宅いたしました。ハズレナシ抽選で、木工製品=ペン立てを頂いたりで、すっかりと群馬ファンになってしまいました^^

葉っぱ商法の話が、新規事業の開発として、今日の国会答弁されていましたが、給付金支給で『もつれた論議』をせず、百年に一度の国難にどう対処してゆくのか、そんな論議をちゃんとしてほしいものです。

葉っぱ商法の成功は、今の農業に活力を与えるヒントと思う東辺僕です。柚子、梅、橘、サクランボ、、、すぐに、酒と一緒に考えてしまう、悪い癖です。夕張のメロン酒は、出来上がりましたか?(橘酒? 京都/平安神宮のお土産にあります。)

by 西周斎 東辺僕 (Mon Jan 19 21:12:17 2009)

為替レート

今日のレートですが、午前10時現在、、、そうなんです、、東辺僕、毎朝、これだけは、気にしているんです。でも、あまり、関係ないんですがね。(気にはしていても、小売では、値動きは関係なく、問屋さんが、一番気をもみますですよ)

アメリカ$ 売り 92.04 買い 86.24 

ユーロ € 売り 121.73 買い 113.73

今、話題は、小麦と電力、、、スポーツ紙のほうが、真剣に書いてくれてますので、どうして、値上なのか、、、、値下げは何時から、どのくらいか? 子供の、チョコレート、、100円から、いつの間にか、120円になっておりました、、、

今日気が付いたのですが、老舗のチョコの会社が半月ほど前に、どこぞの菓子メーカーに合併されたニュースを見ました。

すっかりと、バレンタインデーには縁のなくなってしまった身には、寂しい話ですが、カカオは遠くアフリカ産。でも、原産は南アメリカのほうですよね、、、ベルギーのチョコが世界一? とかいうんですけどネ。年に一回だけ、食べられるので、楽しみにしているんですが、、、幕張での、国際食品展示会。

そんなかんだ、どんな、こんだしていると、アレヨ、アレヨト、$が90円になってしまいました、、、たった、2時間でですよ。上がったり、下がったり、これは、参ったな。

問屋さんからも、いろいろと、新しい動きのお知らせを頂いております、、、動いている、、余震だなこれは、、、震源地は、アメリカ、、津波も、来ている。時価対応になるのかな?
ワイン、日常消費ものは、そろそろ、仕上がる頃、、。

今が一番寒い

イシンデンシン、、山形の、千代寿さんから、ご案内がきましたよ。月山山麓なんて書いたもんだからか、、、、今、大雪で大変だとか、、http://www.chiyokotobuki.com/

今は、何処でもコンピュータ制御の醸造工場、、、酒造りの現場でも、進化が進み、ステンレスの樽から始まり、低温制御やら、洗浄やら、、、絞りの自動化、瓶ずめの自動化、ラベルり、箱入れ、、、なんといっても、職人はだで造られてきた、日本酒の現場。

工場化は進み、一番難所の麹室も、進化して、親方杜氏さんを中心にした世界から、酒技術者にかわりつつあるとか、、、技術の工業化のすすむ、酒造りの現場。一方で、伝承つくりの世界もある。杜氏さんは、流儀=技術集団のはしり?

蔵元さんは、時代の先端で、苦闘しながら、米、水、技、、、、人間が作りえる、最高の製品として酒を造り、伝えて来ている。一軒、一軒の蔵元さんには時代を超えた、その蔵の信念が生きているので、疎かには、酒は飲めないなと、真面目に、考えています東辺僕なのであります。

小寒、大寒とくれば、立春も近いのです、、、最近は、日の入りも遅くなり、西の空、茜色に燃えています、、、春は、近い。でも、今が、寒いのです、朝は、きついです。

立春の日、朝一番に絞るお酒を飲めるというのです、、2月4日です、、なんと、贅沢なんでしょうか! しかも、酒の肴は山形名物,、芋煮だそうで、ほかに、山形の香り豊かな山海の珍味が沢山とくれば、山形、万々歳! 20回も重ねてきた、『千代寿を楽しむ会』が、開かれます。是非、ご参加して、楽しんでください。


2月8日(日)午後4時受け付け開始、、利き酒会
         4時30分新春寄席:柳家〆冶師匠
         5時  開宴~

如水会館(千代田区一ツ橋2-1-1)03-3262-1101

会費  6,000円 お申し込みは、、1月30日までに
e-mail:info@chiyokotobuki.com に、お願いします。

勿論、http://shurakutei.com/からも見られます、、、商品情報から、日本酒、蔵元、、、千代寿虎屋㈱、、イベント予告、、皆さんに、ワイン、ホイリゲをご紹介致しましたでしょ? この蔵元さんが、日本ホイリゲを開発したんですよ! 開発した当時は、よく、破裂しましてね〜苦労があればこそ、懐かしい話として伝えられます。こういう話を聞くだけでも、価値ある会です。

by 西周斎 東辺僕(Thu Jan 15 20:59:21 2009)

あらばしり

他のサイトで日本酒のプレゼントは無いものかと、捜しましたので、、、皆さん、参加してみてください。

まず、http://shurakutei.com →商品情報→日本酒→開華の蔵元の順にお開きください。栃木県産のお酒です。

今の時期、『あらばしり』というお酒が出回る時期なんです、、新年の、開運試しに参加ください。1本ですが、冷でよし、燗でよしですよ。

あらばしりという表現は、新走、荒走とも書きます、、酒袋にもろみを詰め、ふねという容器の中に、積み重ねて、自重により、自然に絞り出てくる最新のお酒をいうのです、船頭さんという役の人が担当です、、船と船頭さんなんですよ!

新米で醸造された御酒のことで、新走と書くのですが、今時でしたら、『新酒・初絞り』とでも表現すれば、分かりやすいかな? これには、おまけがついていて、、、、酒粕がついてくるのです、、、ほのかに、アルコール分があります。江戸の川柳に、、、ほんのりと、嫁は奈良漬けの、船に酔い、、

日本酒で造る、焼酎を、粕取りと言いますが、粕には、5〜10%の残存アルコールがあるというのですから、利用価値は高く、古来から、このカスを かす湯酒として飲んでいた人たちもいたとか、、、。万葉歌人、山上億良さんなんて(越前守従五位下、、660年生まれ733年没)、粕ゆ酒の大家なんですよ。本人は、歌の内容とは違って、いい酒飲んでたから、かすゆざけ、、、なんて、唄えたんじゃないかなと思います。

古典落語に、粕酒の小噺があります、、落ちが、二つ。浪花流と江戸流。『、、で、飲み方は?』『焼いて、、』このネタは、中国の古い笑い話にあるそうですが、そうすると、この粕は、紹興酒?

さてさて、開華さんのプレゼント当選者は、1名と、狭き門ですが、http://www.shurakutei.com/ のファンから出ますよう、期待しております。

by 西周斎 東辺僕(Wed Jan 14 21:32:55 2009)

天地人

山形の米鶴酒造さんから、山形のうちのお酒は、米沢牛のすき焼きにピッタリですよ、、、NHKの天地人よろしくとのmailをいただきました。

篤姫、終わりまして、武将物語が始まりました、、、あまり、良く知らないので、これから勉強しないといけません、、、新潟かなと思いきや、山形、福島辺りまで、上杉なんですね?

米沢牛に、タマこんにゃく、芋煮の北上河原、、、五月雨を、、、の、最上川、庄内平野、紅花の〜宿(今流行の演歌)紅花商人、、山形屋は、鹿児島のデパートで焼酎山形屋は美味しいが、、、手に入らない。蔵王山に出羽三山、花笠祭り、ドラマおしん。サクランボの佐藤錦、月山山麓の果実園、、、そういわれてみると、あまり知らない、山形県です。これでは、いけない、焦る、東辺僕。

故郷の偉人、上杉鷹山(1751-1822)については、話題になった時、話題に遅れてならじとばかりに、ほんの少しだけですが、何冊かの本を齧リました。今回の、テレビドラマは、下克上の乱世というのですから、時代を更に、200年ほど遡る、、関東管領などと言うから、モーこれが、甲州、上州、と出てくる出てくる。

日本酒の事では、灘、西条とならぶ酒どころ山形、、、越後の十日町、上越の妙高と上越、中越、下越ときて、酒どころがならぶ、、酒飲みには、NHKさん、これは、酷な話ですヨ。物語が、どう展開しても、目が離せません。

早速に『新潟県大観光交流年推進協議会』編集の小冊子を手に入れまして、天地人、直江兼続の『義と愛』について、遅まきながら読書中なんです。同じように、山形版もありそうですがね?

今時は、『山形県 酒どころ』とでも検索すると、いやいや、有り難い情報がすぐ手に入ります。今、郷土の料理は、どんがら汁(生鱈)だそうです。京都の、名物は、棒鱈。日本酒蔵53蔵(日本酒、誠分堂新光堂/2007.12)

by 西周斎 東辺僕(Wed Jan 14 00:02:24 2009)

新年のお知らせ

年賀状を沢山いただきまして、有り難うございます。

遠く、奄美大島から、、、2008年の、コンクールに、ダブル受賞されたという、おめでたい、お知らせをいただいております。黒糖焼酎では、知る人ぞ、知る、、、加那の発売もとの、西平酒造さんからです、、、http://kana-sango.jp

今年、奄美では、皆既日食が見られるとの事で、天文ファンだけでなく、観光業界はじめ、なにかと話題。天文気象現象で大もうけしようという輩が闊歩する事でしょう。

加那という意味は、『愛しい人=恋人』だそうで、、なかなかに、響きがいいですね。勿論、黒糖焼酎、おいしいで〜す^^

それからですね、酒楽亭のプレゼントは、少なくて、いつも恐縮しているのですが、、20本も当りのアル、、コーナーをお知らせします、、、shurakuteiの商品情報を開いてください、、、焼酎→焼酎紀行トウヤマを開きますと、、、なんと、今話題の、田苑が、20本も当たるのです! 確率いいですよ。この欄では、おつまみ教室もあり、楽しいんですよ。(お取引先のページなんですけども、毎月プレゼントあります。)

日本酒も負けていませんヨ、、、http://www.osake.or.jp/
此処からは、美味しい秋田のお酒がメジロ押しです。
開いて、ビックリ、良いお知らせが、、、イッパイです!! 酒飲みにはこたえられないです! 3月4日にお逢いいたしましょう。お友達、沢山誘って参加いたしましょう。

皆さん、本年も、お酒に関(=燗)する、お知らせは、酒楽亭ですよ、、、お願い致します。亭主 敬白 (亭主=軽薄)

by 西周斎 東辺僕(Mon Jan 12 15:31:29 2009)

ページ上部へ