ホーム>ブログ>2008年8月

2008年8月

居酒屋セミナー

先日、8月19日〜21日にかけて、パシフィコ横浜で、居酒屋産業展が開かれました。第1回の試みで、意気込みも大変なもの、、http://www.izakayaexpo.com...

居酒屋が産業として成り立つか? 産業の定義から、企業倫理とか生産性とか、社会貢献とかやら難しい事はあっても、”居酒屋から日本を元気にする”そうで、西周斎も駆け参じた次第。 特に興味を持つたのは、居酒屋で日本酒、焼酎を売るための特別セミナー”? 当たり前のことが見直されている? メタボに、飲酒運転、未成年飲酒はもとより、これからの飲酒動向は?真面目な展示会でした。

西新宿、トンボが閉店してから、その後のママが気にかかってしょうがないのだが、元気だろうか?ママには愚痴ばかり言っていた若き東辺僕であった。街のマドンナ、、気心の知れた者同士、馴染の酒を酌み交わす、、どう、元気?などの一声が欲しくて通う、田舎から上京、アルバイトに来ている親戚の娘、そんな映画みたいなシテュエーション、、、架空居酒屋。タケシ映画のアクション、スタート!小栗映画か? 墨東奇談の世界は風とともに遠く去りぬ。 

約8万人、業界人が集まりました、、これは大きな力。飲食業界には新しい第一歩になる事間違いなしです。酒楽亭関係者の方々には、既に別便で資料を御送付させていただきましたが、日本酒、焼酎、ワイン、外国ビールにつきましてのお問い合わせ、お気楽に酒楽亭まで..http://www.shurakutei.com/

資料豊富な以下のところは、お気に入りに登録下さい。
URLhttp://www.japansake.or.jp 日本酒造組合中央会
   http://www.sakebunka.co.jp 酒文化研究所

by 西周斎 東辺僕(Sun Aug 31 10:40:16 2008)

流されて…

2~3日音沙汰したので、風邪でも引いたか東辺僕、と御心配おかけしました?夏風邪も通り過ぎ行きもはや秋の風、、ビッツクリですね、、100ミリとか、200ミリの威力。もしこんなのが、東京に来ていたら、何処もかしこも、水浸しです、、B1,B2,ガード下の居酒屋さん、ワインバーのお得意様。御身大切!すぐに、2階か3階に退避してください。

時代は進み、科学も進歩しているというのにですよ、14万世帯、40万人を、夜中の2時、3時に誰がどのように避難させるの? 名古屋県庁、岡崎市庁舎で、誰が責任持つの? 東京、横浜、大阪、福岡、、いつ来てもおかしくない状況です。

地震、雷、火事、親父というものの、日本の親父=総理大臣もまるきしりテレビの食い物に晒されているようで、悲しい存在。そんな時、こんな名の焼酎は如何ですか、世の男子諸君!”薩摩義士”、、ただし、鹿児島限定。(焼酎飲むのは男ばかりではないか?)  坊津の例えありで、鹿児島限定はちと眉唾物でありますが、そこは、商売上手な山形屋、紅花商人の血筋、なかなかに薩摩=鹿児島もやるもんですよ、、、負けてはならじと西周斎も飛びいります。

昔の輪中が決壊せずにどうして簡単に堤防が壊れるの? まずは、治自体の責任は重大です?確か5〜6年前にもありましたよね、、その時は、金さん銀さんのお家は無事だったので覚えているんです。遅くなりましたが、被害にあわれた方には、お見舞い申し上げます。昭和の伊勢湾台風も思い出します。昔から、暴れ木曽川、長良川には手を焼いている訳ですからネ。次には、東京の下町地区か、大阪の曽根崎あたり?

"薩摩義士”こんな古めかしい名前のついた焼酎が、細々ではありますが造られ、飲まれ、語りつながれているのです、、小泉さん、宣伝上手で、00焼酎を世に広めましたから、治水は国の基本!どちらの党首が、この”薩摩義士”を片手に、熱く語りかける事か。

焼酎 = 薩摩義士 読み方=さつまぎし で お調べ下さい。

by 西周斎 東辺僕(Fri Aug 29 18:45:21 2008)

グルジアのワインから…

未だ先の事ですが、予定の取れる方は是非参加されるとよろしいかと、、、http://ryokohaku.com  なんですが、世界の旅が、9月20日と21日、東京ビックサイトにやって来ます。一日で世界一周です。入場料は大人1,200円ですから、安いものです。希望の国の観光に、すぐ行けますヨ

3年前から、黒海、カスピ海地方を見ておりまして、名古屋博覧会もありましたことから、とりわけ、グルジアなどについても、資料を手に入れていました。3年前、フーデクスでもグルジアの展示で確認できたのですが、いいワインを味見する事が出来ました。金賞ワインというと、パリ。ワインはフランスを中心に動くものと思っていましたが、モスクワ金賞というのがある事も知りました。その後、ボージョレヌーボーがモスクワでよく売れていたと知り、今の売れ所が、”モスクワ”。

今回の事件は、ワインにも影響が、、、グルジアのワインが西に向いてしまうと、ロシアにはそれでなくとも品薄になってしまっている為、ウォッカをやめさせようとしている国民に申し訳が立たない? エネルギーを押さえ、国の体制も"ロシア語”の支配。心までは戦車で押さえられないない事は、歴史が実証しているにもかかわらず、今又同じ事をするロシアの時代錯誤。現にEU社会では、この暴挙に皆が反対。 ワインの起源ともいわれている、コーカサスから、カピス沿岸、黒海沿岸、、、これらの地区は民族問題がとてつもなく複雑で、ワイン情報も少ないが、ワインのルーツには違いない。

冬季オリンピックも保養地としても有名なチソで計画されているので、早期解決してもらいたい、、、安心して平和に、グルジアのワインを楽しみたいと思うのは、東辺僕だけではないと思うのだが。まずは停戦、、そして、撤退、、、ロシアの道理=常識のごり押しは不条理を増すだけではないか?

by 西周斎 東辺僕(Tue Aug 26 00:08:02 2008)

眠れる獅子

北京オリンピック、終わりました。日本選手、良く奮闘しました、、手足の短いハンデながら、若いアスリートたちに、勇気を貰いました。背の高さが勝負になる競技が多いのですから、精神力だけではなかなかカメダルには届きません。これからも、日本の若い世代に引きつながれて、体力だけでなく、知力、徳力も培って下さい。チキンナゲットに昼寝ですかネ?!

マラソンは長いので、近くの江戸東京博物館(両国)に行ってきました。北京故宮/書の名宝展、日中平和友好条約締結30週年記念、王義之の”蘭亭序”の展示。噂はかねがね聞いてましたが、またとない機会かと思いたったのです。
可笑天桃耐雪風山家、、為君持酒一相向生意、、芋、月桃花 展示物の中に当時の文人の書、、読める字、見つけました、、桃の花と月を見みながら、芋の酒を飲んでたのか?東辺僕流の解釈。北の侵攻に憂いて、人の寿命のはかなさを心のままに書き留めた"蘭亭序”は当時の時代をいまも鮮明に訴え、語りかけてくる。酒楽亭も蘭亭とはゆかなくても、粋人の集まる場でありたい、、酔人ばかりでは、チョイト困りもの。 

1208〜元,明、清の支配下の漢人社会、l911〜混乱の中華民国、列強と日本による戦乱、、、2008年の今、オリンピックで沸き返る中国。これからどのようにして、この国と付き合ってゆくのか、、、駅前の居酒屋の前で、道を塞ぐようにしてたむろしている、集団に遭遇してしまった。首から、プレスと英語のカードさげていた、若い中国人達であった。眠れる獅子が目を覚まし動き始めるに違いない、、?

by 西周斎 東辺僕(Mon Aug 25 00:15:33 2008)

仮想構想

今の状況から、10年後、20年後を見据えて、計画=構想が描けるかと言ったら、、、この、東辺僕には難しい。しかし、”こうなって欲しい”という、希望的過ぎる仮想構想を錬ることは出来なくもない。変なことを言い始めていますが、暑さのせいではないので、ご安心を。 

訪日外国人旅行者を2020年に2000万人にしようという数値目標が、国土交通省によって策定されているのです。既に、観光立国推進基本計画というのが政府内に設定され、歩きはじめている。知ってました、、? 観光庁の構想あり。

最近、観光地には大型観光バスで乗りつける集団が増えています、、花見に靖国神社に行ったときも、中国語の集団、バス3台でした。銀座なんかも、多いですよ、、ゾロゾロと4丁目から新橋に向けて歩いて=買い物終えて、バスに乗り込むんです。阿蘇の草千里では、同朋と間違えられたんでしょうね、訳の分からない言葉で話しかけられたりして、もービックリ。この現象は全国に波及しています。

英語ならば、答えられますか?フランス語は?ドイツにスペイン、イタリア? 観光客の多くは、中国語語圏(中国、香港、台湾)と、ハングル語だそうですが、これからでも遅くない、、、観光語学(会話、、、買いのも、道案内、食事etc)
東京オリンピックで、英語熱、高まりました、、、。

"高尾山"現象ではないのですが、なにか、いい商売できますかね? せっかく、世界のワイン、日本酒に焼酎、ビールと商いができますもので、もしですが、この計画が半分としても。

次ぎには万博と続く中国景気。好好となるか、不好不好となるか? 今の中国には、未だ解決しなければならい、”漢民族中心”の社会構成があり、この間みたいに "小泉猪”なんて、いつ書かれないとも限らない。中国語=鯰=鮎、猪=? 反省はいまもってない餃子事件。友人は、政経分離と難解な事を言って、何度も中国に行くが 暫くは、静観の構えですな。 

日本女子、北京の快挙。ソフトボール、水泳バレイ、なでしこ、、、明日の新聞が待ち遠しい。福田さん=高崎だから、久しぶりの笑顔が見られるかな?

http://www.pref.gunma.jp/

by 西周斎 東辺僕(Fri Aug 22 01:26:09 2008)

夏休みも終わり

観光温泉地のテーマパークとしてはパイオニア、、年間250万人が訪れるとか、、最盛期の人出と思われるが、それにしてもたいしたもの。移築された、合掌造りの建物,生活資料館でしたが、きっと、”ふるさと”イメージの居酒屋チェーンもこのへんからきてるのでしょうか?能登空港開設の折に、富山の五箇山を訪ねた事がありますが、村落で生活しているので、山深いから大変でしょう。芸術家村、人里はなれて創造の世界。

昼迄の、短い時間なれども暇つぶしには最適、、、狛犬資館、無料ですが、パンフレットが@¥520円。飛騨一ノ宮神社の立派な狛犬さんを見たので、感動料ですか。中に入ったらですね、団扇の展示。明治からの風俗資料ですね、、これもびっくりしました。美空ひばりの写真焼付けのいろんな団扇が9枚、当時のスターの団扇がいっぱい。美人はいいですね。今の団扇は宣伝物味がない、、古きを訪ねて新しきをを知る心だ!寅さんの、リリーさんも団扇になっていました。

狛犬の専門家は多いでしょうが、ことワインについては、イタリア、ヴェネットの紋章、ライオンに羽、俗に言うグリフォン。ハンガリーにはもう少し強そうなのをラベルとコルクに描ているワイン蔵元があり、、、コルクを開けると、グリフォンが出てくるので、ワインを守ってきたということかな?ライオン、鷲の羽、強い爪と尾?古代人の、創造の守護神。スフインクス、マーライオン、ガルーダーも?中国では、紫禁城におります。東映映画は唐獅子牡丹。私の旅のミーハー時代、長岡の偉人生家を山奥に勝手に訪ねました。門前の田んぼに、大理石の今にでも噛み付きそうな大きいのが無造作に置かれていたのを思い出します。40年も前だから今はどうしてますかね?主人をなくしたあの大きな狛犬、可愛そうですね、、地震もあったしネ 今、そんな事するとストーカーで捕捉されますよ、お気をつけてください。 

これで、夏休みの日記は終わりです。写真入れるといいのですが、BKKの写真でお許しを!管理人さん、やるもんですね!
これからは、皆さんからもいろいろお寄せくださいませよ。宣伝、発言の場を考えています。

by 西周斎 東辺僕(Tue Aug 19 19:02:27 2008)

面白くもない、西周斎の記述をお読みいただいている方には、まだ8月5日の事にていま暫くおつきあい下さい。嫁と姑の関係は、幾多の小説の中でもその難しさは実に多い。ひとつ屋根の下で暮らす人間模様。母系制社会とか、父系制とかまで遡る。田舎に暮らすという事は、並大抵ではない。この、東辺僕も身をもって大変さを経験しているので、親ばかと言われようと、娘のことが気に掛かる。(本人同士が大切なんだよ。)

昼の食事会、、婿さんの家に寄り、女同士、話し合いの中に黙っているのもおかしなものだが、娘の生活ぶりを、電話もあるし、今はmailの時代、、日ごろの様子は伺えるが、face to faceが大切。近くなら、気軽に行き来も出来るのだが、やっぱり、遠い。田舎ならではの心尽くしをいただきながら”この鮎は美味しいですね!"なんて言ってみたりして(骨抜きを、作法通りに)2匹も食べた。ここの鮎、馬瀬の鮎、00庁御用であるから、東京でもおいそれとは、まず、手に入らない。

長良川、四万十川、貴船、吉野にと日本全国、夏の高級川魚。地物は実に美味しい。遠く、万葉の時代より食べ慣れ親しんできた、、、はやひとの(隼人)瀬戸の巌も鮎走る 吉野の滝になほしかずけり (大伴旅人)  稚鮎の佃煮は、ある季節の瞬間にしかおめにかかれないが、これでいっぱいやるのがいいのだ、、大型スーパーが出来て、1年目、魚屋が消えた、名物親父も消えて、稚鮎もきえた。下町の風情も風前の灯か?

by 西周斎 東辺僕(Tue Aug 19 00:44:47 2008)

親ばか

肉も鮎も出てで、山国のご馳走のオンパレード、、、またまた、今夜も、食べる前、何を飲んだらいいかと困るとろですが、仲居さんに”お飲み物は?"などと聞かれると、実は、席についてすぐに、飲み物のメニューを見ているにもかかわらず、うんーと、一息置いて、おもむろに、お酒がいいかな?などと言ってる自分が面白い。

昼の高山で、地酒賛歌三昧で、いい心持になっているのに、温泉で汗を流してしまうと、頭の中は、何を飲もうかと、もーそれだけ。ビール、ワイン、焼酎、、、ここは冷酒を1本。”甘口?辛口?”などと他愛の無い事を聞いて(本当は、モウ決めているのに)、辛口、お願いします。

<今回の旅の目的>は、嫁入りした娘が、元気で、仲良くしているか、先方の家に迷惑な嫁になっていないかと、様子見なんです。我侭に育ててしまった、この東辺僕が心配するのも変な話なんですが、それにつけても、明日は嫁ぎ先への挨拶もあること,深酒はやめて、オトナシク、オトナシク。宿も、今夜は高原夏野菜を多めに出してくれ、満足。

明日の昼はお姑さんと食事会。娘をよろしくとお願いをしてこなくては。お笑い下さい、親ばかモードのしょうもない東辺僕なんです。

by 西周斎 東辺僕(Sun Aug 17 18:16:12 2008)

今日は8月15日。

一日を静かな気持ちで過ごすように努めました。でも、今、"なでしこ"が、中国を2対0で破り、4強に勝ち進みました。昼に、勝沼/大善寺ワインを1本開けてしまいましたので、アルザスを開けましょうかね、、この1本で 06は在庫売り切れとなったと輸入元が言ってるので、、、お盆休みだし。今後の味の参考にと、理由つけて、、、。興味のある方は、ぜひ、勝沼/大善寺を観てください。昼過ぎに、ある若い出版編集者から、焼酎の本を出すにあたっつて、協力の依頼がありました。どんな事が出来ますか、この親父に、、。近く、一緒に飲みに行きますか、、、その若者と、鹿児島/知覧から沖縄/全島にかけて。その位なら、出来ますから。

by 西周斎 東辺僕(Sat Aug 16 00:53:43 2008)

Don't worry baby:)

校正、推敲を重ねるのは大切な事、、表現に不注意ありました事、ごめんなさい、、、女将とする所、”将”が抜けていました。女将に内緒にしておかないと、高くつく事必至。昔の人=江戸時代、贅沢もした。塩鰤は、飛騨街道で、富山から高山。高山から東に向けて峠越えで松本へと運ばれた。荷駄はおよそ8貫目=32kgx4籠、馬1頭当り。峠は人力であるから、一人で鰤=2kgx5本〜 これを冬の峠越えでおよそ7〜8日かかり松本へ。平成の現代でも、乗鞍は冬季通行止め、安房トンネルができ便利になっつたが、ここの峠越えは今でも心臓がドキドキする。越中鰤が飛騨鰤になり、1尾=米1斗が1俵になる。命がけの峠越えは男のロマン?高山は明治4年、廃藩置県で筑摩県、だから松本とは姉妹都市。今は訪れる人、少なく、古老も語らずだが、ひっそりとした峠道、野麦峠がある。それにしても、米1俵とは本当に鰤は出世魚。春の祭りの高山日枝神社(山王様)には鰤の奉納絵馬が残っている。地球温暖化は漁業にも影響大だが、高速開通で富山の寒鰤、今年は楽しみ!女将には、おみやげの飛騨の地酒と鰤シャブで機嫌直してもらおう!所変われば品変わる、産地表示は、越中鰤、飛騨鰤、遠くは、伊那鰤、飯田鰤。風林火山は武田武士。女将、1字抜けただけだからで、いつまでもブリ、ブリしないで、機嫌なおしてヨ!ミシュラン日本版でもそんな事あっつたんだから!?

by 西周斎 東辺僕(Fri Aug 15 11:41:21 2008)

ページ上部へ